女が鞄に忍ばせる奇妙なお守り。

公開日: : ファッション

travelbag

先日食事に出かけた時のこと。待ち合わせ場所に現れた友人の足元に目がいきました。

最近はフラットシューズかブーツが多かったM子が、この日は華奢なパンプスを履いていたのです。

おお、珍しい。

薄いピンクにフラワーモチーフがついたパンプス。ガーリーなスタイルを好むM子らしいセレクトだなあと思いました。

女が鞄に忍ばせる奇妙なお守り

そういう靴珍しいじゃん。と、私が話題を足元に向けようとしたその瞬間、何かを察知したかのように

「今日は鞄に草履入れてきた」

とのたまう彼女。

そう、M子も私同様、保険としてのサブシューズをバックに忍ばせていたのです。

関連 旅の荷物軽減計画 折りたたみシューズで問題発覚。

しかし草履て。飛脚か。

「もうこういうヒールのある靴を1日中履くのがキツくてさー」

そうそう、そうなんだよねえ。飲んだ帰りに足が痛いって辛いよねえ、と激しく同意。

「おいおい、もうちょっと気合入れて出かけようよ」

男性陣は草履持参方式に半ば呆れていたけれど、揃いも揃ってヒールが辛いお年頃である女性軍は頑として譲らず、

「草履は我々にとってお守りみたいなもんだからね」

と高らかに宣言したのでありました。だから草履て。飛脚か。

結局この日はM子のお守り草履を見ることは叶いませんでしたが、もしかしたら帰り道にどこかでこっそり履き替えたのかもしれません。

そもそも、このお守りってそういう使い方をするものだからね。

ギョサンの季節になりました

ギョサン デニム

さて、草履といえば、ギョサンの季節になりました。

関連 ギョサンの季節になりました。

厳密に言えば夏場だけでなく、ゴミ出しとか荷物が届いてちょっと玄関に出る、なんて時に年がら年中使ってはいますが、そろそろメインシーズン到来です。

そういや折りたたみシューズ導入前はこのギョサンを「お守り」として使ったこともあったっけ。ギョサンは重くはないけれど持ち運びの利便性を考えれば、さすがに折りたたみシューズの圧勝ですね。

しかし考えてみればこのギョサンこそ諸悪の根源。ギョサンがあまりにもラクでこればっかり履くようになったことがきっかけで、華奢なパンプスやヒールのある靴と徐々に疎遠になったのでした。人間一度ラクすることを覚えてしまったらなかなか抜け出せないねえ。

もちろんラクするのは悪いことばかりではなく、いいこともあります。

関連 つらい巻き爪、足底の角質化を改善する簡単な方法。

腰や足にとってはサンダルやスニーカーを多用する今のスタイルはプラス要素が多い、はず。

ミニマリストの持たない暮らし

昨年こしらえたギョサン焼けもようやく消えたこの頃、今年はきちんと日焼け止めを塗ろうと考えています。って、これも毎年お決まりのネタですみませんね。

 

 




関連記事

40代の痛いファッション。

By: sagesolar[/caption] 昨年高らかに宣言しておきながら結局実現しなか

記事を読む

今日買ったもの。そろそろ本気で冬支度。

ひゃー、寒い。 今週はあまり寒くないと思っていたのに、今日は今季一番寒く感じたかも!!

記事を読む

おしゃれコンプレックス 楽しくて難しい買い物の話。

奥さん夏です、7月です。 というわけで、いつもの定例ポストです。毎月月初に捨てたものと

記事を読む

11月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

11月は大きなものは捨てていませんが、それでもちょこまかと整理していたような。 改めて並べてみる

記事を読む

ヒールが辛い、痛い、それでも履きたい。

By: Jake Guild[/caption] 重い鞄と高いヒールに気軽に手出し出来なくな

記事を読む

手持ちの服で秋ファッション(3)便利すぎるカシミヤストール。

寒くなったり暑くなったり台風が来たり、と、ある意味安定していると思える日本の秋。 この

記事を読む

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

私服を制服化するという考え方。ものを減らすとか断捨離とか少ない服でおしゃれにとか、その辺りの

記事を読む

買わない日々を経て、おっかなびっくり前進中。

By: momo[/caption] 7月は何かと物入りでした。 何事もいつまでもぐず

記事を読む

旅の持ち物リスト、最小限、冬、2週間。

By: Kool Cats Photography over 3 Million Views[/c

記事を読む

40代はどこで服を買えばいいのか問題。

40代、なんだか今までの服が似合わなくなった。 この問題と同時に出てくるのが 「40

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑