酷く暑い夏、何を着る?

公開日: : ファッション

さほど汗をかかない体質。だったのは、もう遠い昔のことのようです。

近頃は自宅から駅まで移動する数分だけで、見事に汗だくだく。これはもう体質云々の問題ではなく、このとびきりの暑さのせいでしょうね。

さてこの夏も激しい朝活は継続中。

激しい朝活、AM6:00が限界説。

よって、日中よりも暑さは幾分マシですが、朝5時ですでに30度越え!も、もはや日常。

いくら暑くとも、外に出ねばならない日は、当然ある。さて、何を着る?

酷く暑い夏、何を着る?

暑さ対策界における最強の助っ人といえば、ワンピースですね。

特に、ウエスト部分を絞らないストンとしたデザインのもの。全身を風がスースー通り抜けていくヤツ。素足露出に抵抗のあるお年頃にもやさしい、夏の最強アイテムではないでしょうか。

普段スカートを着用しない私でも、この夏のご近所ファッションはペラペラストンなワンピースを多用しています。それでも全然暑いけど、さすがにピタッとしたパンツやデニムを履く気にはなれません。

しかし、仕事の時となると話は別。おかげさまでカジュアルな服装上等の仕事ばかりしているので、ジャケットを着用しなくちゃいけないような場面はほとんどないのだけれど、さすがにストンワンピースってわけにもいかない。そこは自分の中でも線引きがある。

では何を着るか?答えは、Tシャツ、タンクトップ。なんのひねりもなくてすみません。

数年前から我が服選びのキーワードとなっている

  • ゆったりめ
  • Vネック
  • ドルマン

この3点は、この夏も依然として勢力強し。ぴったりサイズのものは体にまとわりついて苦しいし、首元の詰まったデザインは暑さ問題以前に見た目に難あり。

制服状態のリブタートルネックはどこへ消えたのか。

そして袖周りに余裕があれば、風が通ってありがたい。ということで、これらの条件を満たすTシャツをよく着ています。

タンクトップもゆったり目のものを選び、さすがに1枚では心許ないので、薄手のカーディガンを羽織りにして、状況と体感温度に応じて着脱しています。

暑すぎても、寒すぎても、洋服の選択肢は狭まりますね。いや、今年の夏は若い女性の間でアームカバーが流行しているようだし(あれ暑くない??)気温対策かおしゃれか、どっちを取るか?って話かもしれないけれど。

思考停止ワンパターンワンピースはおしゃれじゃない・夏。

ところで、この酷暑のおかげで変わったこともあります。

それは、過冷房の減少。電力不足が大きな問題となっている今、電車や飲食店の過冷房がさすがになくなっている…ような気がしませんか?

強冷房に氷水 夏は寒くて仕方ない。

真夏でも冷房対策のストールやカーディガンが手放せなかった私は、この夏かなりの手応えを感じています。どんびえにしてる店、少なくなりましたよね。相変わらず羽織りものは携帯しているけれど、使わなくて済むことが多いもの。

冷房設定は28度で十分ですよ。今年に限らず、今後も同水準でお願いできれば幸いです。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

11月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

11月は大きなものは捨てていませんが、それでもちょこまかと整理していたような。 改めて並べてみる

記事を読む

今日捨てたもの 11/3 大人買いの学び。

お久しぶりの捨て記事です。 基本的に手放したもの、新たに入手したものに関しては自分の備忘録

記事を読む

普通の服がおしゃれ、じゃない。少ない服を着回す弊害。

By: Leon Brocard[/caption] ようやく気温も安定してきた今日この頃、

記事を読む

40代のファッション

着ていない服がたくさんあるという幸せ。

ちょっとふわっとマイルドにしておいたほうが好都合、ではあるよね。「大人のおしゃれDo!&am

記事を読む

40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。 少ない服でも頭を使う必要大あり

記事を読む

服を減らし始めたファッショニスタたち。

  先日友人がSNSにUPしたポストに少々驚きました。 「今年こそはモ

記事を読む

部屋に姿見を置かない理由、使うきっかけ。

今更ですが、姿見を導入しました。 ドライヤーとか姿見ってあったほうが便利だけど、ないな

記事を読む

女の子はピンク、男の子はブルー。

大型の検診センターで健康診断を受けるようになってから早3年。この施設のシステムにももう慣れっ

記事を読む

40歳を過ぎたからこそ似合うアイテムは存在する。

サングラスが好きです。 「好き」というよりも、もはや必須アイテムかもしれません。

記事を読む

スヌードコーデ

スヌードのコーディネイトで知る40代ファッションのアクセント。

By: TownePost Network[/caption] 旅の間は手持ちの洋服をぐっと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑