ビジネス仕様のジャケット、着こなしをあらためて考える。

公開日: : 最終更新日:2020/05/19 ファッション, ミニマルライフ

近頃わりとジャケットが好きです。

真っ当な社会人として生きてこなかった私はきちんとしたビジネススタイルとはてんで縁がないのですが、それでも「オフィスカジュアル」用にプレーンなタイプのジャケットを所有しています。

以前このジャケットは

「ちょっとだけきちんとした格好をしないといけない仕事の時」

しか登場させなかったのですが、最近は結構普段使いするようになりました。

紺ブレからはじまったジャケットの歴史

以前はジャケットを着るとそれなりにあらたまった感じになる気がしていましたが、近頃はさすがにそうでもなく。かなりラフに羽織れるようになったのは年の功でしょうか。ジャケットが醸し出す生真面目さを年齢を経て蓄積した個性が凌駕したのか。それならば、嬉しいのだけれど。ってちょっと大げさか。

思い起こせば私の一番古いジャケットの記憶は「紺ブレ」。
25年前くらいですかね、オーバーサイズで金ボタンの紺ブレにロングのワンレングスもしくは細かいウエーブヘア、赤い口紅に太い眉、が主流だったのは。
当時はまだ若く、ファッションに自分の個性を投影させる術を知らずに流行に乗っかっていたので、私もまんまそんな格好をしていたっけ。懐かしい。中学生でボディコンスーツとか着てたなあ。

さすがにその時代の着こなしを大人になっても引きずることはしませんでしたが、オフィススタイルに馴染みがないからこそ

「ジャケット=ビジネス」

の思い込みは強かったようで、合わせるのはいつも黒のパンツにプレーンなパンプス、なんていう面白味のないコーディネイトに終始していました。勿体無い。

40代ジャケットの着こなし

ジャケットの着こなし

さて、最近気に入っているのはプレーンなジャケット+シャツにデニム、スニーカーという結構ラフなスタイル。シャツはデニムに半分インだったりインじゃなかったりなんだか微妙なところに収まっています。

と、文字にするとこれまたごく普通のスタイルなんですが、これをどう自分に似合わせるかがお楽しみなわけで。この頃はシャツのボタンの開け具合と袖と裾の折り曲げ具合を細かく調整しつつ、髪を寝癖っぽく巻くのが気に入っています。

関連 白髪とヘアアイロンの複雑な関係。

ジャケットにシャツを合わせるとやっぱりきちんとした感じが出るので、やり過ぎない程度の着崩し・こなれポイントはどこか、を考えるのがなかなか楽しい。ホント、ちょっとしたことで印象って変わるものです。

そういえば、カットソーの裾の長さとかウエストのシェイプ具合が常に抜群のバランスの友人がいて。なんでそんなに毎回ぴったりの服見つけられるの?と聞いたら、だって全部自分に合うように直してるんだもの、という答えが返ってきたことをふと思い出しました。
そうなんだよねえ、同じ服でもほんの少しバランスを整えるだけでグッと似合ったり垢抜けて見えたりするから侮れない。

登場機会のさほどなかったこのジャケットも実は結構力持ってたんだよなあ、と最近になって改めて認識した次第。細かい微調整や使うための研究をしてこなかっただけで、もともと服に力はあったんだ。フルに活かせなかったのは私の怠慢。と、まだまだ手持ちアイテム活用キャンペーン実施中であります。

関連 いつもの服でつくるこなれた感じのコーディネイト。

ファッションの曲がり角のお年頃を経験して、目指すところはやっぱり自分に似合う服。大人なんだから上質な定番モノを、だけじゃなく、ふんだんにトレンドを取り入れてシーズンごとに入れ替える、でもなく、好きなスタイルをとことん追求していくのが自分には一番合っているのだな。

と、ようやく方向性が落ち着きそうな気配です。きっとまだ迷うだろうけども。

ミニマリストの持たない暮らし

自分に似合うスタイルを見つけられれば、流行にも情報にも「常識」という思い込みにも踊らされずにすむのが魅力。そして次々目移りせずにお気に入りの洋服と深く関わって、そのアイテムを最大限に活かす癖をつければ、少ないアイテムでもファッションを楽しむことができるのでは、と睨んでいますがさて。




関連記事

Amazonセール、プライムデーで買ったもの。

kindleにしようか、タブレットにしようか。毎回悩んで、結局何も買わずに終わる。それが私

記事を読む

レアCD、コレクターズアイテム価格の不思議。

By: Jordan Cameron[/caption] 捨てる捨てる詐欺とうとう脱出。

記事を読む

今日捨てたもの 8/18 常に目に入らないところには。

By: kate hiscock[/caption] びっくりしました。 今後捨てるの

記事を読む

今日捨てたもの 8/3 いただきものアクセサリーを処分。

友達から貰ったプレゼントや旅のお土産。 昔はいただいたものを捨てるのは申し訳ない気がし

記事を読む

アンドゥメルメステールブーツ

秋のファッション計画 2015。

By: Derek Key[/caption] 健康関係に引き続き、ファッションに関するこの

記事を読む

女性のお仕事スタイルの曖昧さとビジネスバッグ問題。

By: Dan Taylor-Watt[/caption] なんぞこれ、という暑さだった東京

記事を読む

ミニマリスト主婦の退屈な毎日。

ミニマリスト主婦である我が家のマドンナへのご質問を頂戴いたしました。 70代ミニマリス

記事を読む

ストール

少ない服の着まわし、失われた季節感。

まさか7月にジャケットを引っ張り出す羽目になろうとは。 東京はここしばらく、やけに肌寒い朝

記事を読む

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

By: Andrey[/caption] 突然ですが、私の人生の大テーマに 「常に機嫌

記事を読む

突然の誘いに対応できないご近所ファッション問題。

By: Alejandro Pinto[/caption] 近所のカフェで仕事をしていると友

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑