ビジネス仕様のジャケット、着こなしをあらためて考える。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

近頃わりとジャケットが好きです。

真っ当な社会人として生きてこなかった私はきちんとしたビジネススタイルとはてんで縁がないのですが、それでも「オフィスカジュアル」用にプレーンなタイプのジャケットを所有しています。

以前このジャケットは

「ちょっとだけきちんとした格好をしないといけない仕事の時」

しか登場させなかったのですが、最近は結構普段使いするようになりました。




紺ブレからはじまったジャケットの歴史

以前はジャケットを着るとそれなりにあらたまった感じになる気がしていましたが、近頃はさすがにそうでもなく。かなりラフに羽織れるようになったのは年の功でしょうか。ジャケットが醸し出す生真面目さを年齢を経て蓄積した個性が凌駕したのか。それならば、嬉しいのだけれど。ってちょっと大げさか。

思い起こせば私の一番古いジャケットの記憶は「紺ブレ」。
25年前くらいですかね、オーバーサイズで金ボタンの紺ブレにロングのワンレングスもしくは細かいウエーブヘア、赤い口紅に太い眉、が主流だったのは。
当時はまだ若く、ファッションに自分の個性を投影させる術を知らずに流行に乗っかっていたので、私もまんまそんな格好をしていたっけ。懐かしい。中学生でボディコンスーツとか着てたなあ。

さすがにその時代の着こなしを大人になっても引きずることはしませんでしたが、オフィススタイルに馴染みがないからこそ

「ジャケット=ビジネス」

の思い込みは強かったようで、合わせるのはいつも黒のパンツにプレーンなパンプス、なんていう面白味のないコーディネイトに終始していました。勿体無い。

40代ジャケットの着こなし

ジャケットの着こなし

さて、最近気に入っているのはプレーンなジャケット+シャツにデニム、スニーカーという結構ラフなスタイル。シャツはデニムに半分インだったりインじゃなかったりなんだか微妙なところに収まっています。

と、文字にするとこれまたごく普通のスタイルなんですが、これをどう自分に似合わせるかがお楽しみなわけで。この頃はシャツのボタンの開け具合と袖と裾の折り曲げ具合を細かく調整しつつ、髪を寝癖っぽく巻くのが気に入っています。

関連 白髪とヘアアイロンの複雑な関係。

ジャケットにシャツを合わせるとやっぱりきちんとした感じが出るので、やり過ぎない程度の着崩し・こなれポイントはどこか、を考えるのがなかなか楽しい。ホント、ちょっとしたことで印象って変わるものです。

そういえば、カットソーの裾の長さとかウエストのシェイプ具合が常に抜群のバランスの友人がいて。なんでそんなに毎回ぴったりの服見つけられるの?と聞いたら、だって全部自分に合うように直してるんだもの、という答えが返ってきたことをふと思い出しました。
そうなんだよねえ、同じ服でもほんの少しバランスを整えるだけでグッと似合ったり垢抜けて見えたりするから侮れない。

登場機会のさほどなかったこのジャケットも実は結構力持ってたんだよなあ、と最近になって改めて認識した次第。細かい微調整や使うための研究をしてこなかっただけで、もともと服に力はあったんだ。フルに活かせなかったのは私の怠慢。と、まだまだ手持ちアイテム活用キャンペーン実施中であります。

関連 いつもの服でつくるこなれた感じのコーディネイト。

ファッションの曲がり角のお年頃を経験して、目指すところはやっぱり自分に似合う服。大人なんだから上質な定番モノを、だけじゃなく、ふんだんにトレンドを取り入れてシーズンごとに入れ替える、でもなく、好きなスタイルをとことん追求していくのが自分には一番合っているのだな。

と、ようやく方向性が落ち着きそうな気配です。きっとまだ迷うだろうけども。

ミニマリストの持たない暮らし

自分に似合うスタイルを見つけられれば、流行にも情報にも「常識」という思い込みにも踊らされずにすむのが魅力。そして次々目移りせずにお気に入りの洋服と深く関わって、そのアイテムを最大限に活かす癖をつければ、少ないアイテムでもファッションを楽しむことができるのでは、と睨んでいますがさて。

 






関連記事

By: i_yudai

デキる人の時間術?贅沢ではなく勿体ない時間の使い方。

By: i_yudai[/caption] 周りが次々にインフルエンザでバッタバタ倒れており

記事を読む

move

ホーム画面の謎。

By: raneko[/caption] ずっと不思議に思っていることがあります。 そ

記事を読む

oldbooks

BOOK OFFの査定金額が確定。

先日大量にBOOKOFF ONLINEに送ったモノたちの査定金額結果が送られてきました。

記事を読む

clothes

40代の服選び。もう楽な服しか着たくない!

雑誌「クロワッサン」の最新号がファッション特集です。 テーマは「シックでおしゃれは譲れ

記事を読む

By: Caroline

モノを溜め込む人とは友達になれない。

By: Steve Jurvetson[/caption] 「〇〇な人とは友達になれないわ」

記事を読む

By: montillon.a

肩書きが欲しい、自分ではない何者かになりたい。

By: Plage Vinilos y Adhesivos[/caption]  

記事を読む

By: Sharat Ganapati

今日捨てたもの 10/21 カゴの中身をひっくり返す。

By: Sharat Ganapati[/caption] 今日は午後に少し時間があったので

記事を読む

By: MIKI Yoshihito

捨てなくてよかった昔の記録。

By: MIKI Yoshihito[/caption] モノを大切にし過ぎるあまりズルズル

記事を読む

By: Phil Roeder

今日捨てたもの 寿命か、自分の不注意か。

By: Phil Roeder[/caption] 身の回りに置くものを妥協せずきちんと選び

記事を読む

By: Sean MacEntee

クレジットカードは何枚必要か。

月末、いつものように銀行へ。 入金額を確認したり記帳したりこっちの口座からあっちの口座へ移

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NY_upsndmid_2
人間は、そういうふうにできている。

先日うっかり通しで聴きましょうキャンペーンの開催を決定してしま

新ごぼうとベーコンの炒めもの
新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスープで金魚。 

金魚です。 今日はベーコンを使った炒めもの。じゃあ日本酒

140802lg
方向性の違いによる別れ、最後まで思い続ける尊さについて。

平日の昼下がり。待ち合わせた銀座のカフェに現れるなり 「

トマトと牛肉のしょうゆ炒め
トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和え献立。

美味しいトマトはそのまま食べればいいじゃない。 そう思い

THANN_oil4
今の私が一番キレイ、美を保つには磨くしかない。

40代、今の私がいちばんキレイ。 今日、この瞬間なら、自

→もっと見る

PAGE TOP ↑