40代女性のファッションが難しい理由。

公開日: : 最終更新日:2020/05/13 ファッション, 生き方と考え方, 読書

nudeshoes

40代ともなれば生活や体の変化、体力の衰え、今後の仕事のやり方などなど、考えなければならないことがあれこれ増えてきます。
しかしながら、40代女性にとって最も身近な悩み事といえばファッションではないでしょうか。

20年前ならばこの悩みは30歳で迎えていたのでしょうが、医療の進化で人間の寿命が延び続けている昨今、自動的に「若い」と言われる期間も延びています。
今の30代女性って普通にギャルですよね。

1990年代にギャルの教祖として一世を風靡した安室奈美恵さんも現在36歳。相変わらず可愛らしいです。

40代のファッションが難しい理由

2014年現在、「40歳」は何かと区切りになると思います。
30代までなら20代の頃に好きだったテイストの洋服を無理なく着こなせますが、40代に入ってそれを続けていると、どこか痛々しくなってしまう。

少々寂しい気もしますが、これは仕方ないこと。
40代はすっかり大人。大人なりの着こなしを覚えなければいけないと思うのです。

恐怖!永遠のオリーブ少女

私がまだ20代で販売の仕事をしていた頃。
雑誌「オリーブ」から抜け出してきたようなファッションの女性が来店しました。

休刊になって久しいので、若い人たちは「Olive」をご存知ないかと思いますが、80年代にティーンネイジャーの間で大流行したファッション誌です。

話を戻してこの女性客。青いリボンのおさげ髪、ボーダーのTシャツにベージュのキュロット。肩から生成のトートバッグを下げて、足もとは真っ白なスニーカーという爽やかな出で立ちでした。
あー、こういうナチュラルファッションって定番だよねえ…とその女性の背中をぼんやり眺めていたのですが、彼女が振り返った瞬間私の中に得も言われぬ衝撃が走りました。

とても綺麗な人なのに、この違和感は、なんだ…?

実はこの女性、顔を確認すると40代後半くらいだったのです。
コーディネートとしては何らおかしなことはないのですが、どう考えても大人の女性には似合わない高校生っぽい装い。似合わないばかりか、年齢と洋服のギャップが彼女をさらに老けて見せていました。

当時私はまだ20代。若者らしい言い方をしてしまうと

「あーあ、おばさんが若作りしちゃって…」

で済んだのでしょうが、それだけでは済ませられない物悲しさを感じました。

若さ=美しさという思い込みの悲劇

brawsing.min

私の苦手な言葉は、女子力、美魔女、大人女子、アンチエイジング。どれもこれも若さに執着している痛々しい言葉に思えます。あと、ほめられレシピとかモテコーデなんていう自分の価値を他人軸で測るような言葉も好きではありません。

もちろん、若い頃って男女ともに生命力に溢れていて文句なしに美しいのですが、年を重ねてからしか無し得ない年齢相応の美しさもあると思うのです。

特に40代ともなれば内面が表情に表れる年代。意地悪な人は意地悪な顔に、悩んでばかりの人は悩み顔に、泣いてばかりの人は泣き顔に、人生を楽しんでいる人は楽しい顔になるのです。

若く見せることばかり考えるのは、もうやめよう

babyfoot

今週の読書に選んだ米澤よう子さんの本。
1ページ目にあった言葉に大きく頷きました。

その年齢、そのとき、その場で、自分の心に正直でいられる―。
自然体で、決して無理しない、自分らしいおしゃれができる―。
ロングラン・モードのパリジェンヌ流。

今まで好きだった洋服がどうも似合わなくなってきた、と思える40代はおしゃれの転換期。そこで焦って「若さ」にしがみ付いてしまうのはスマートじゃありません。
これからの自分を愛するためにも、20代、30代の「若かりし過去の栄光」に未練たっぷりのファッションはあっさりと捨て去って、今の自分だからこそ楽しめる装いにもっと目を向けたいものです。




関連記事

作業効率、環境づくり。動けなくなって改めて考えたこと。

By: Thomas Duesing[/caption] 腰の痛みに翻弄された今週。

記事を読む

少ない服の着まわし、決定的に足りないアイテム。

By: Rubbermaid Products[/caption] 久しぶりにクローゼットの

記事を読む

少ない服で着回す秋

去年の自分はもういない 秋のファッション計画 2016。

まだまだ油断はできないけれど雨が多くなんだか秋めいてきた今日この頃。 あれこれ他のこと

記事を読む

親の視点から考える 「気持よくできる 実家の片付け」

先日書店をうろついていて、たまたま高齢者向け雑誌のコーナーに目が止まりました。 やはり

記事を読む

おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。 神社仏閣巡りを筆頭に、

記事を読む

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

新時代の幕開け、日常の底上げ。

奥さん、5月です。しかも、令和です。 昨日今日はかなり重要なポイントだと思うのですが

記事を読む

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所邸の屋上では高価そうなBBQセ

記事を読む

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

新年に環境を整えるというシンプルな戦略。

いよいよヤツが本気出してきそうな気配がしませんか。 ヤツってあいつね。2018年ね。

記事を読む

Comment

  1. Erisa より:

    私はまだ30代ですが、共感しながら拝読しました!

    歳を重ねることでしか得られない美しさってありますよね。
    最近周りにそういう人がたくさんいるので、年を重ねるのが楽しくなりました。

    カリッとした毎日の主さんも、そのひとりです。

    • crispy-life より:

      Erisaさん

      ありがとうございます。40代って凄く楽しいですよー。

      先日とある雑誌で夏木マリさんと桃井かおりさんの対談を読んで、圧倒的に美しい60代女性の存在にわくわくしました。日本はまだまだ若さ偏重文化ですが、こういう先輩がいれば徐々に年を重ねる美しさが認められるだろうなと期待しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑