カリッとした毎日。12月ブログまとめ。

公開日: : 最終更新日:2020/05/18 ブログ運営

新年あけましておめでとうございます。

元日から伝家の宝刀

「寝正月」

を満喫しております。このいくらでも寝られる感じ、何なんでしょうか。

せっかく時間がたっぷりあるというのに寝てばかりってのもアレなのでいつもの定例ポストでも行ってみましょう。

2015年12月度の人気記事TOP3

1. 服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

2. 2016年の運勢はいかに?来年の運勢を無料で占う【随時更新】

3. ほうれい線を一瞬で消す方法

以上が2015年12月の人気記事でした。

1位の「服を買うなら、捨てなさい」のレビュー記事は2015年の1年間で見ても閲覧数TOPでした。ちなみに2位は2015年下半期の占い、3位は最低限の調味料と調理器具に関する記事でした。

圧倒的記事数を誇る家飲みシリーズは不人気だけど質素な食生活を支える調味料と調理器具には興味をお持ちいただいているというなんとも興味深い結果に。

いや、これからもしつこく書き続けますけどね、家飲み記事。呑めるうちは。

2016年の目標

12月に目標として挙げていたのは安全な旅をすることと、ほうれい線対策。って改めて書くとなんじゃそれって感じですが、おかげさまで楽しい旅を満喫し、自分の納得のいく方法でほうれい線とも向き合えました。

関連 本気のほうれい線改善計画

もちろん2週間でほうれい線消えたぜイェイ!みたいな魔法のような結果にはならなかったのですが、対策の方向性は固まったので以降は地道に継続していくのみであります。

美容範疇のこととはいえ、自分の体は自分で面倒みてやらなきゃならないからね。

そして2016年。

本来ならここでドカンと大きな目標を掲げるのが筋というものでしょうが、何しろ私には寝正月を満喫するという大義名分があるのでお堅い話はもう少し頭が働き始めてからにしましょうか。

いや、別に堅い目標なんてないんだけども、何せ正月の夜は寝るに加えて食べたり呑んだりおしゃべりしたりもしなくちゃいけないのでね。ひとまずは正月を味わい尽くすということで。

と今年も相変わらずデタラメな感じでスタートしましたが、2016年もカリッとした毎日。をどうぞよろしくお願いいたします!




関連記事

諦めて放っておいたらいつの間にかうまくいった話。

奥さん、3月です。 ひと月が28日ってやっぱり短いなオイ!と銀行をハシゴしながら、あ、

記事を読む

あの方とのお付き合いすら、都合よく・夏。

奥さん、8月です。 8月。なんかもう、切ないです。夏は大好きな季節なので願わくば夏・フ

記事を読む

コピーサイト、再び飛ぶ。

蛇のようにしつこくてごめんなさい。 話題にせずともウォッチは続けている「カリッとした毎日」

記事を読む

ブログの怖さも、新時代。

奥さん、4月です。 そして来月からは、令和です。 昭和の女も歴史を紐解いてみれば

記事を読む

ブログ書く奴はだいたいバカ。

奥さん、6月です。 予定ではわたくし、今年中に夢の大改革を行うことになっていたのですが

記事を読む

カリッとした毎日。2016年1月ブログまとめ。

うろうろしているうちにあっという間に1月が終わっていました。 楽しかったよ、旅、そして寝正

記事を読む

ありがとうの2000PV/1日。 これからもカリッとよろしくお願いします。

1日1000PVを超えてから10日。昨日1日で2000pvを達成しました。 素直に嬉しい。あり

記事を読む

続けてはじめてわかること。

奥さん、11月です。 November. 動揺のあまり、英表記してみました。やだ

記事を読む

誰も読みたくなんかない日記ブログのこと。

奥さん、3月です。 って、すでに一週間が経過してますが、桃の節句も終わりましたが、3月

記事を読む

ブログ開設2ヶ月目は138,000PV。カリッとした毎日 8月のブログまとめ。

きゃー!もう9月ですか。 夏が好きな私にとって8月は最も重要な月なので、月末にかけて寒くな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑