カリッとした毎日。12月ブログまとめ。

公開日: : 最終更新日:2020/05/18 ブログ運営

新年あけましておめでとうございます。

元日から伝家の宝刀

「寝正月」

を満喫しております。このいくらでも寝られる感じ、何なんでしょうか。

せっかく時間がたっぷりあるというのに寝てばかりってのもアレなのでいつもの定例ポストでも行ってみましょう。

2015年12月度の人気記事TOP3

1. 服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

2. 2016年の運勢はいかに?来年の運勢を無料で占う【随時更新】

3. ほうれい線を一瞬で消す方法

以上が2015年12月の人気記事でした。

1位の「服を買うなら、捨てなさい」のレビュー記事は2015年の1年間で見ても閲覧数TOPでした。ちなみに2位は2015年下半期の占い、3位は最低限の調味料と調理器具に関する記事でした。

圧倒的記事数を誇る家飲みシリーズは不人気だけど質素な食生活を支える調味料と調理器具には興味をお持ちいただいているというなんとも興味深い結果に。

いや、これからもしつこく書き続けますけどね、家飲み記事。呑めるうちは。

2016年の目標

12月に目標として挙げていたのは安全な旅をすることと、ほうれい線対策。って改めて書くとなんじゃそれって感じですが、おかげさまで楽しい旅を満喫し、自分の納得のいく方法でほうれい線とも向き合えました。

関連 本気のほうれい線改善計画

もちろん2週間でほうれい線消えたぜイェイ!みたいな魔法のような結果にはならなかったのですが、対策の方向性は固まったので以降は地道に継続していくのみであります。

美容範疇のこととはいえ、自分の体は自分で面倒みてやらなきゃならないからね。

そして2016年。

本来ならここでドカンと大きな目標を掲げるのが筋というものでしょうが、何しろ私には寝正月を満喫するという大義名分があるのでお堅い話はもう少し頭が働き始めてからにしましょうか。

いや、別に堅い目標なんてないんだけども、何せ正月の夜は寝るに加えて食べたり呑んだりおしゃべりしたりもしなくちゃいけないのでね。ひとまずは正月を味わい尽くすということで。

と今年も相変わらずデタラメな感じでスタートしましたが、2016年もカリッとした毎日。をどうぞよろしくお願いいたします!




関連記事

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出しすることなく終了してしまうとい

記事を読む

ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が出来上がりました。 関連

記事を読む

さすがにブログに飽きてきた。

奥さん、2月です。 冬は嫌いだけどシーズン的な盛り上がりとしては年末年始が好きなんです

記事を読む

小躍りの4000pv/1日。これからも、カリッとよろしくお願いします。

8/6に初めて1日4000pvを超えました。 うわあ、凄い。 ありがとうございます! 8/2

記事を読む

ブログを書くシンプルな楽しさ。

奥さん、4月です。 毎度のように何か雑なネタでこの日お約束の儀式を執り行いたいと思案し

記事を読む

コピーサイト観察。更新止まった?

すっかり日課となった、コピーサイト観察です。 >>参考 コピーサイト? 

記事を読む

先生からの警告、タイムリミットが近づいている。

奥さん、10月です。 今自分で10月と書いて二桁に驚きました。 2017年も残す

記事を読む

何の役にも立たない無駄話は短めに願います。

奥さん、8月です。 ひと月前は、寒いだの雨が多いだのと文句を垂れていたというのに、今や

記事を読む

コピーサイト、再び飛ぶ。

蛇のようにしつこくてごめんなさい。 話題にせずともウォッチは続けている「カリッとした毎日」

記事を読む

カリッとした毎日。2015年7月のブログまとめ。

By: ajari[/caption] さあ、8月ですね。夏真っ盛りですね。 というわ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

価格大暴落にうろたえてメルカリ。

今更ですが、先日メルカリデビューしてみました。大昔はオークシ

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのか

→もっと見る

PAGE TOP ↑