40過ぎてギャルファッション、時間軸がズレている。

penguines

最近の音楽にとんでもなく疎くなってしまったので、今まで存じ上げなかったのですが。

布団の中から出たくない

うん、出たくないよね。と思いました。

思ったついでにこのグループについて調べていて、愉快なインタビュー記事にたどり着いたのでした。

人とは時間軸がずれている

shibuya.min

3ピースバンドでリズム隊が女性、ギターボーカルが男性という構成がユニークで面白いのだけど、さらに驚いたのはベーシストの女性。金髪ギャル服ヘドバンの彼女は、昨年還暦を迎えたそうな。

還暦を迎えた打首獄門同好会・junko「いくつになっても頭を振りたいし、騒いでいたい」(りっすん)

還暦?全然見えない、若い、かわいい、カッコイイ!というのもまあそうなんだけど、ご本人が語るところの

「人と比べて人生の時間軸がズレている」

という捉え方がいいなと思ったのです。

若かりし頃はファッションに興味がなく、とくにこだわりもなかったのに、90年代にブームとなったギャル系ファッションに40歳過ぎてハマった彼女。一般論として10代でおしゃれに目覚める女性が多いことを考えると、なるほど30年くらいズレているかもしれません。

それ以降、世の中のトレンドが変わってもギャル系を貫いている。理由は、好きだから。好きなのに、やめる理由がわからないという。

好きだから、着る。ものすごいシンプルな考えで、改めて言われると、あれ?それ以外に何か理由いるんだっけ?となるのです。

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

誰もがもっと若い時にやっているはずのこと、例えば仕事や趣味、勉強、それこそファッションでも、人より遅くに「旬」がきたことについて恥じたり悔いたり、またはことさら誇ったりする必要はなくて、自分のタイミングで生きればいい。

というか、それ以上に心地よい方法などない。

キョロキョロと周りを伺ってああだこうだ言うよりも、自分の時間をじっくり見つめ、積み重ねるやり方のほうが、よほど健全ではある。そしてこの話を「才能のある人はええのぅ」で済ませてもいいが、武道館に詰め掛けたオーディエンスを沸かせることなんてできない普通の人も、考え方のみ拝借するのもまたよし。

キラキラしてない、普通の人生。

というちょっといい話(?)に見せかけて、実は本題は別のところにあるのです。

ファンの間で「還暦ネタ」が話題になったのはもちろん、グループが農水省の特別職に任命された件などもネットやテレビで散々騒がれていたのに、なぜ私は今になって諸々を知ったのでしょうか。その頃の私は何をしていたのでしょうか。情報遮断でもしていたのでしょうか。

「今時の音楽に疎い、とかいう問題じゃない気がする」

兄さんに相談したところ、ジャニーズアイドルが司会を務める音楽番組などをいくつか紹介され

「毎週見てたら知恵がつくよ」

とのアドバイスをいただきました。トレンドがわかるとかじゃなく「知恵がつく」という表現をするところが、相変わらずいいなと思いましたよ。

 




関連記事

ボサノバ日和のElis Regina。

昼からワインを楽しむ贅沢な日曜日。 ワインのお供にYoutubeでボサノバを聴き漁っていました

記事を読む

禿げる。

去年ふざけた話を書いた祟りでしょうか。 関連 外野が何を言っても響きはしない。

記事を読む

モノをたくさん持てば、幸せは手に入るのか。

♪幸せをもたらすと言われてる どこかにきっと咲いている 花を探して、花を探しています♪

記事を読む

ひとりぼっちの帰り道。

By: Gavin St. Ours[/caption] 普段は家で一人もさもさ粗食を食む暮

記事を読む

今治タオルトゥシェ フェイスタオル

仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていました。生きる目的、今夜はフラッシ

記事を読む

毎日同じでつまらないなら、新しいことをすればいい。

By: Donnie Ray Jones[/caption] 3月は毎日意識して何か新しいこ

記事を読む

フられてバンザイ。

お盆時期の電車は空いているのでは、と思っていたけれど、普段と大きく変わらぬ通常モード。いつも

記事を読む

愚痴ばかりのおばさんが、つまらなくて怖い。

仕方ないとはいえ、今年は友らに全然会えていない。 元々社交性のかけらもない私が、数少

記事を読む

生ラディッシュ

食べることが楽しみ、は虚しいか。

By: Ken Hawkins[/caption] 先日SNSにポストされる写真の傾向に関す

記事を読む

台風で電車が止まっても定時で会社に行きたい人。

台風一過。 当日は午前中に渋谷方面で予定があったのだけれど、JRが止まっていたので地下

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑