どこにいても仕事はできる。

公開日: : 最終更新日:2018/08/23 これからの働きかた

new-ipod

「最近はコレのせいで、完全なる休みがなくなっちゃったよね」

有給休暇取得中の友人が、スマホを片手に苦笑する。

休みの日は仕事のメールチェックなんてしなければいいし、確認したとしても緊急の用件でなければ対応しないと決めればいいだけ。なんだけど、ついつい気になって返信してしまうのだとか。

一人ならまあ仕方ないかでやり過ごしたとしても、久しぶりの家族旅行中にずっとスマホで仕事のやり取り。なんてことになると、確かにあんまりうれしくはない。

どこにいても仕事はできる

セブ島 Serenitea

テクノロジーが進化してもイマイチ簡素化されない気がする日々の業務。むしろ完全な休日が失われ、休みと仕事の境界線が曖昧になってしまったとストレスを感じている人も多いでしょう。

一方で、いつでも連絡が取れる、どこにいても仕事ができる今の時代らしい働き方を選択している人もいます。

経験者の67%は引き続きテレワークを希望。(エンジャパン)

テレワーク経験者に「 引き続きテレワークで働きたいと思いますか?」と質問をすると、67%の方が「働きたい」と回答、「働きたくない」は13%でした。

多くの人がテレワークに好意的ですね。

内訳を見ればテレワーク賛成派には通勤時間が短縮できる、家事と両立できるなど、時間効率化に有効だという意見多数。子育てや介護、自身の健康問題などで通勤時間すら惜しい状態にある人は、どこでも仕事ができるテレワーク制度に大いなるメリットを見出しているのでしょう。

一方、反対派はプライベートとの線引きが難しい、生活にメリハリがつけられないことなどが不満のよう。これは有休を取っても完全に休めないと言っていた友人と同じ意見ですね。

リモートワークなんて、ロクなもんじゃない

shinbashi_5

長年勤めた会社を退職後しばらくフリーで活動して、最近某大手に再就職を果たした40代後半の友人も

「リモートワークなんてロクなもんじゃない」

といつも言っていました。

わざわざオフィスを持たずとも、自宅やカフェ、コワーキングスペース、なんなら旅先であっても、理屈としては仕事はできる。けれど、長時間一人でいるのは刺激も面白みもないし、集中力も続かず生産性が落ちる気がすると。

キーボードを打つ音がうるさい人のせいで仕事ができない時の対策。

引用したアンケート結果も示すように、オフィス以外の場所で一人で仕事をするのはメリットもデメリットもある。けれどパフォーマンスへの影響は優秀かそうでないかの違いではなく、完全に個人の性質によるのでしょう。

例えば集中力を要する作業は早朝が捗る、とはよく言われることだけれど、それだって誰にでも当てはまるかどうかはわからない。夜型の人が無理やり朝活しようとしても、ただ体調崩すだけだからね。

活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

向き不向きはあれど、ライフイベントや環境、さらには心境の変化などによって働き方や働く場所を柔軟に選択できるのは理想形ではありますね。家庭の事情や健康問題で通勤が困難になり、キャリアを中断せざるを得ないのはもったいなすぎるから。

不安定な働き方、注力すべきは

ほんの20年ほど前には考えもしなかったけれど、今ざっと周りを見渡しただけでも働き方のバリエーションは多い。

週3回だけの時短勤務とか、派遣とフリーで半々稼働とか、形としてはフリーランスだけどマネジメントは外注とか、定例ミーティングの出社以外は完全在宅業務の正社員、などなどいろんな形で仕事をしている人がいて、この数年で働き方が多様になったことを実感せずにはいられません。

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

ロケーションに依存せずに働ける時代がやってくる。そんな予兆を感じた当時、自由を愛する私は心の底からときめいたけれど、そんなのまだまだずっと先の話でしょ、なんて思っていました。なのに、気付けはもう普通のことになっていた。そして今後も仕事周りの環境はガンガンに変わり続けていくのでしょう。これまで以上に、その速度を上げながら。

私のように不安定極まりない働き方をしている人間が、最も注力すべき事柄はやはり「柱作り」でしょうか。

副業、複業、週末起業。自分で仕事を作る方法。

10年、20年後も同じようにいられる可能性は限りなくゼロに近いのだから、大小あらゆる基盤の構築に、今日もせっせと励むべし。

シンプルに生きるためのポータブルスキル。

 




関連記事

デキる人の時間術?贅沢ではなく勿体ない時間の使い方。

By: i_yudai[/caption] 周りが次々にインフルエンザでバッタバタ倒れており

記事を読む

自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年ぶりとかそれ位。 お互い

記事を読む

積み重ね、積み減らす。2019年やることリスト。

今年の目標を紙に書き出して壁に貼り付けておく。そんな受験生方式を取り入れて、早3年目となりま

記事を読む

47歳からのニューヨーク留学 夢と現実と厳しさと。

先日ちらっと触れた本、読み終わりました。 白髪のロングヘアが与える印象。 「9番

記事を読む

50代からのキャリアチェンジ。

「この先の人生は、書く以外の仕事で生計立てて行きたいんだよね」長年ペンの力で生きてきた友人

記事を読む

「今から10年後の働き方を考えよう」イベントレポート。

2019年1月19日(土) ブログきっかけとしては初めてとなるリアルイベントを開催しました。

記事を読む

英会話経験ゼロから短期間で淀みなく話せるようになった人の勉強法。

フィリピン・セブ島にて4週間の短期語学留学を体験中です。 関連 社会人の学び直し、年齢

記事を読む

枝垂れ桜

これが最後の仕事になると思います。

早朝いつものカフェに行くと、さすがに営業時間短縮とのことで、閉まっていた。 仕方ないので別の店で作

記事を読む

客筋のいい料理店、怖くてもやってよかった。

おっかなびっくりで主催したイベント、昨日無事開催いたしました。 働いている人も、働いて

記事を読む

40代フリーランス、50手前で正社員になれるか。

会社勤めをやめてから、早いもので干支が一周しようとしています。 東京都内で屋根のある家

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑