ぬか漬けおつまみ奴、たぬき蒸しなす献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

おつまみ奴献立

長きに渡りぬか床に放置され、酸っぱく塩っぱく漬かりきったぬか漬け。

彼らの救済策として最も手っ取り早く、かつ旨い方法は冷奴にのせることです。と、毎度飽きもせず同じことばかり何年も言い続け、そして食べ続けております。

鶏肝煮、おつまみ奴献立。

本日もしつこく登場のおつまみ奴。これがほぼ完成形です。

ぬか漬けおつまみ奴、たぬき蒸しなすで晩酌

ぬか漬け奴、たぬき蒸しなす献立

  • なめこ汁
  • 小松菜の塩昆布和え
  • たぬき蒸しなす
  • ぬか漬け奴

なめこ汁

なめこ汁

なめこと三つ葉の入った味噌汁。出汁は昆布。

小松菜の塩昆布和え

小松菜の塩昆布和え

ゆでて刻んだ小松菜を塩昆布とオリーブオイルで和えたもの。

たぬき蒸しなす

たぬき蒸しなす

輪切りにして蒸したなすと揚げ玉を和えてうつわに盛り、ポン酢と黒七味でいただきます。

ぬか漬け奴

ぬか漬け奴

水分を切った木綿豆腐をうつわに盛り、刻んだぬか漬け、乾煎りしたしらす、大葉の千切り、ごまをのせ、ごま油をまわしかけます。今回使用した古漬けは、なす、オクラ、大根。細かく刻んで合わせます。

古漬けとじゃこの塩気で味付けいらずなのもありがたいつまみ。キリッと冷やした日本酒との相性はもちろん、あったかご飯に乗せるのもまたよし。軽めの昼食やシメの1品として重宝します。

日本酒にあうおつまみレシピ

そもそもこの冷奴は日本酒が豊富な和食の店で食べたものを真似したのが始まり。いつもは簡単にじゃこなしで作ることが多いですが、カリカリじゃこが入ると食感がよくなり、旨さもグッと深まります。本家は確か、みょうがも入っていたっけな。

豆腐がメインというあっさり晩酌なので、サブの蒸しなすには揚げ玉を合わせて少しボリュームを出しました。そして、なめこ汁にはなめこ山盛りで、これまたなかなかのボリュームです。

肉や魚がなくても、満足度高し。

しかし「たぬき蒸しなす」って不安を煽るネーミングですね。たぬきは蒸しちゃダメでしょって思っちゃいますね。

 




関連記事

家飲み献立 12/3 鶏肩肉のくわ焼き、ピーマンとツナの炒め物他全5品。

うう、寒い。 真冬っていってもたいした寒さじゃないね、なんて余裕をかましていましたが、やはり師

記事を読む

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、わかめ納豆献立。

そろそろトマトでも食べましょうかという気分になってきました。 葉物摂取量が高くどうして

記事を読む

家飲み献立 1/26 鮭と白菜の煮物、葱のきんぴら。

うーん、まだなんとなく自炊モードになってないなあ...。 などと感じる本日。 キッチ

記事を読む

さつまいものにんにく焼き

さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活を送っているもので、季節の変わ

記事を読む

セロリ卵 献立

セロリ卵、わかめ温奴。

1年以上ぶりの休肝日を経て、通常モードの家呑み。 1日酒を抜いたら体がラク、とか目覚め

記事を読む

牛肉と新玉ねぎの炒めもの、焼きにんじんで家飲み。

先日食べたにんじんが妙に気に入ったのでまたまたまるごとにんじん料理。ちょっと気に入ると続けて

記事を読む

かぶの梅サラダ トマトソース焼きそば

トマトソース焼きそば、かぶの梅サラダ献立。

当初はキャベツと豚肉のオーソドックスな焼きそばを食べるつもりでしたが、ひとつだけ残っていたミ

記事を読む

家飲み献立 10/8 砂肝の葱塩ダレ他全5品で晩酌。

皆既月食かあ…と、階段の窓から空を見上げると赤い月。 おお、これは見えるかも!?と慌て

記事を読む

トマトと大葉のオイルパスタ

休肝日ごはん トマトと大葉のオイルパスタ献立。

連休中に出かけたベトナムで調達したバッチャン焼きの椀。昨日初めて使ってみましたが、なかなかい

記事を読む

厚揚げ 献立

晩酌おつまみ 9/18 厚揚げと葱の香味しょうゆ炒め、ベトナム風なます。

余っていた厚揚げをまたまたシンプルに焼いて食べようか。 と考えていたのですが、少々変化

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑