JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

公開日: : 最終更新日:2018/10/05 旅人への道 ,

1st_fuda_2

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興奮の我々。

神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

絶景や渦潮に後ろ髪を引かれる思いではありますが、次なる目的地を目指しましょう。

鳴門公園から路線バスに乗ってJRの鳴門駅まで移動しますよ。

JR鳴門駅へ向かう路線バスが素晴らしすぎる

当初の予定では鳴門公園からバスで徳島駅まで移動するつもりでした。しかしプルシェンコ嬢から

  • ローカル列車に乗りたい
  • 一番札所に行きたい

なるリクエストが。

海のことばかり考えていた私はえ?舟所?ああ、渡し船ね、とか素っ頓狂な返しをしてしまったのですが、違います。ふなしょじゃなくてふだしょです、札所。

竺和山 一乗院 第1番札所 霊山寺(四国八十八ヶ所霊場会)

一番札所
長い遍路の旅には、途中で困らないように、また、他人に迷惑をかけないなど、万全の用意が大事である。とくに最初の札所では、こころの準備をととのえることが大切であるといえる。

そう、お遍路の出発地点のことです。

さすがに八十八ケ所参る気合は足りていないけれど、私だって軽めの鉄道好き。よって、まずはJR鳴門駅まで出て一番札所の霊山寺に立ち寄り、その後再びJRで徳島駅を目指そうではありませんか。

1st_fuda_4

渦の道を出てしばらく待つとうまい具合にJR鳴門駅方面のバスが到着。一番乗り、というか、全くの貸切状態であります。朗らかな運転手さんに

「すみません、ちょっとお手洗い行ってくるんで、後よろしくお願いします」

と声をかけられたので、ええもちろんどうぞどうぞと言ってしまったけど、よろしくされてもさすがにバスは運転できないわあ。

1st_fuda_3

ところでこのバス道が素晴らしいの一言です。もうね、ずーっと海沿いを走る。道幅もそう広くないものだから、まるで特殊な乗り物で海上を走っているかのような爽快感。

1st_fuda_5

行けども行けども海。窓から見えるは永遠に続きそうな青い空と海。

1st_fuda_2

何せわたくし車の運転をしないものですから、こんな海沿いを延々ひた走る機会がなかなかなくてですね。これはものすごい天国バスだと感動してしまったのです。地元の方にしてみれば日常なんでしょうけども、こりゃなかなかのもんですよ。

1st_fuda_11

約15分間海上バス気分を味わって、JR鳴門駅に到着。

1st_fuda_12

乗り継ぎ時間が約1時間あったので、少し早めのランチタイムとなりました。

1st_fuda_10

実はこの鳴門駅ランチが今回の徳島ツアーの唯一の後悔ポイントではある。長くなるので、食については最後にまとめて書くこととします。

魚に鶏に麺に芋 徳島で食べたもの 高速バスで行く徳島の旅 その5

鳴門線と高徳線を乗り継いでJR板東駅へ

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺の最寄駅、JR板東駅までは鳴門線と高徳線を乗り継いでの移動となります。

1st_fuda_13

JR池谷駅行きの鳴門線車両。こじんまりとした1両編成が可愛い。

1st_fuda_15

私たちは普通に鳴門駅の改札で切符を買って乗車したのだけれど、乗車口で整理券の発行があるし、料金は後払いで云々といったアナウンスもあるしで、なかなか不思議なオペレーション。電車とバスと路面電車が混ざったような雰囲気とでも言いましょうか。のどか。

1st_fuda_17

池谷駅で乗り換えます。

1st_fuda_19

ここから徳島駅へも、高松駅へも行けるのですよ。あ、「高松」から「徳島」まで通っているから「高徳線」だ。と今これを書いていて気がつきました。遅いわ。

1st_fuda_20

高松へ向かう特急うずしおを激写。

もうボディの色から特急然としていかにも早そうだもんね、かっこいい。そしてこの路線の特急ならネーミングはうずしお以外に考えられないよね。特急すだちとか特急いも、なんかでも可愛いけど、あんまり早そうじゃない。それにひきかえ「うずしお」の力強さとスピード感よ。

1st_fuda_21

などとしょうもない話をしていたら目的の高徳線列車が到着。ここからは一駅です。

1st_fuda_23

あっという間にJR板東駅到着。

車内ではもちろん板東英二について考えていたのですが、英二はここ鳴門・板東地域の出身だったのですね。またひとつ有益な知識が増えました。

一番札所・霊山寺へ来たかった理由

1st_fuda_26

板東駅の時刻表で次に乗る列車にアタリをつけたのち、いざ霊山寺。駅から徒歩で10分程度です。

1st_fuda_24

駅前の食堂に案内板が設置されていました。これでもかってくらいに道順を聞かれるんでしょうね。ていうか、この駅に来る観光客の殆どが霊山寺を目指すのではなかろうか。

1st_fuda_27

曇り予報だったのにスカッと晴れた。はいいけれど、あまりの陽気でまんまと体力を奪われる。ぜえぜえ。

1st_fuda_28

1st_fuda_29

この辺り、ちょっとびっくりするほど静かです。「しぃん」という音が聞こえたような気がした。

1st_fuda_30

すだちの直売所発見。すごく安かったけど、あまりに大量だったので断念。後でもうちょい少量のすだちを買い求めることとします。

1st_fuda_34

1st_fuda_35

やってきました一番札所。

1st_fuda_31

そうそう、これぞお遍路ファッション。ファッション、とか言っちゃダメなのか。

お遍路の基礎知識(巡るめく四国)

ファッショナブルな服装で挑戦する若い女性たちの姿も増えましたが、金剛杖、菅笠、白衣といった伝統的なお遍路さんファッションも根強い人気。自分なりにアレンジして「お遍路ガール」になりきるもよし、伝統的なお遍路ファッションで地元の人々との交流を楽しむもよし。

いいみたいです。

しかしここは何と言っても一番札所、始まりの地。トラディショナルなお遍路ファッションである菅笠や金剛杖、白衣に袈裟などが販売されておりました。

1st_fuda_33

さすがにこの看板娘のように全身キメキメの人はいなかったけれど、菅笠着用率は高し。記念の自分土産を兼ねてってところでしょうね。

1st_fuda_38

ところでお遍路にも弘法大師にもパワースポットにもさして興味がないはずのプルシェンコ嬢がなぜここへ来たがったのか。その理由は「水曜どうでしょう」にあるとのこと。

1st_fuda_40

そうそう、これこれ!とか言いながら嬉々としてこの坊主の写真を撮っておられました。私、どうでしょう全然見てないからわからないんだよなあ。楽しそうで何よりです。

1st_fuda_37

そんな罰当たりというかミーハーというか、幾分ささやかな動機での訪問だったものですから、見物自体はさらりとしたもので。

1st_fuda_36

池を覗き込んでいると通りすがりのおじさんが

「今一番大きいのはあの白い鯉。今までは2番目だったんだけど、ついこの前1番のヤツが死んでね」

などと突然語り出す。お寺の人かと思いきや、どうやらただの通りすがりのご近所さんだったようで、近隣の見どころやこの近くにアンジェラアキの実家があることなど、ご自慢の持ちネタを次から次へと繰り出してきます。

1st_fuda_39

なぜかおじさんの持ちネタを聞かされる羽目になるプルシェンコ嬢とそれをぼんやり見つめる私というシュールな展開になりました(2回目)。

1st_fuda_32

頃合いで話を切り上げて、そそくさと退散。その後駅まで戻る途中にも民家から出てきたおじさんに

「おねえさんら、お参りいってきたんか?」

といきなり話しかけられた我々。もしかしたら徳島の人は押し並べて話好きで社交的なのでしょうか。

1st_fuda_41

板東駅に戻って徳島駅までの切符を購入します。券売機がシンプルで可愛らしい。

bizan_2

またまた高徳線に乗って終点の徳島まで移動。各駅停車で20分です。

bizan_3

bizan_1

本日の最終地点である徳島駅に到着しました。

思いの外長くなりそうな気配が漂う徳島旅行記、まだまだ続きます。

眉山ロープウェイと3色の徳島 高速バスで行く徳島の旅 その3

 




関連記事

神戸で酒を呑むならば。

話が前後しますが今回の神戸滞在で食べたものなどを。 生まれ育った場所・神戸の飲食店にさ

記事を読む

NY ホテルエジソン

ニューヨーク タイムズスクエア近くどこへ行くにも便利なホテル。

今回のニューヨークの旅は珍しく航空券とホテルがセットになったパッケージツアーを選択しました。

記事を読む

ホーチミンからニャチャンまで、寝台列車で移動する。

夕暮れのサイゴン駅にやってきました。ホーチミンから北東へ約450km、ベトナム南部・カインホ

記事を読む

秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつでまかなえるか。

約2週間の旅の荷物。 冬場は難しいとしても、今の時期ならば普段使いのナイロントートで十

記事を読む

ニャチャンでネムノンを食べる

戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約1年手つかずのまま放置していま

記事を読む

海老ワンタン麺の食べ比べ、香港一人旅で食べたもの その1。

ローカルフードを楽しむ一人旅が大好物の私。 関連 台湾一人旅でもローカルフードを楽しみ

記事を読む

香港年末一人旅 香港島をトラムで歩く。

若い頃に観た映画を久しぶりに見ると、当時とは別の捉え方になってしまう。 なんてことがよ

記事を読む

開業50周年記念商品「こだま☆楽旅IC早特」が魅力的。

By: Takeshi Kuboki[/caption] しまった! 移動手段をまだ確保し

記事を読む

きのこスープ

ひとんちの食の不思議ときのこスープ。

旅行中は普段と生活サイクルが異なり、食事の内容も、時間も、量も変わるので、どうしても体が重く

記事を読む

RICHO caplio GX100

旅の荷物軽量化計画、コンパクトカメラの行方。

先日修理に出していたコンパクトデジカメが戻ってきました。 関連 手放すか否か。今、運命

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑