身軽な旅を実現するために大切なこと。

公開日: : ミニマルライフ, 旅人への道

hostel

昨年のタイ旅行でホステルの便利さにすっかりはまった私。

関連 バンコク女性一人旅。ゲストハウスに泊まってみる。

調べてみると台湾にも機能的なホステルの類がたくさんあるではないですか。こりゃちょっと興味あるぞ、というわけで今回も気になるゲストハウス系を台湾のあちこちで利用してみようと考えました。

詳細はまた改めて書きますが、いやーレベル高いね。びっくりしました。

何日間の旅ですか?

到着時に利用したホステルのカウンターにいた若い女の子は日本語を話せました。ちょいちょい怪しい表現が混じるものの、意思疎通には全く問題ないレベルだったので訪ねてみると1年間日本で学んだとのこと。1年であんなに話せるようになるとは。かなり勉強したんだろうなあ、偉いなあ。

彼女が施設案内のために私をエレベーターに案内してまず一言

「荷物少ないですね、何日間の旅行ですか?」

期間を告げると妙に興奮し始めた彼女にあれこれ聞かれましたが最後は私もそういう身軽な移動を目指します!となぜか高らかに宣言されました。

人と比べることがあまりないので今回の荷物が標準よりどれくらい少ないのかよくわかりませんが、それでももっと軽くできたなあと考えています。

スーツケースを持つ基準

travelbag2

機内持ち込み手荷物のみで移動するのであればLCCの場合制限重量はおおよそ10kg程度。各社規定条件が異なるものの大きくは変わりません。ちなみに今回私が利用したScootの条件は以下の通り。

参考 トランクひとつで、どこへでも。(Scoot)

エコノミークラス – お荷物1個のみ、7kgまで(パソコンが含まれる場合は+3kgまで)。
スクートビズクラス – お荷物2個まで、合計15kgまで。
注意:どのクラスでも、機内持ち込み手荷物は54cm×38cm×23cm(3辺の合計が115cm以内)の範囲を超えないものとします。

私はパソコンを持っていたので制限重量は10kg。

「15kgまで増やせるんだったらスクートビズ(ビジネスクラス)にしたほうがいいね」

と思われるかもしれませんが、15kgの重さの荷物はそもそも持って歩けません。

関連 10kgの荷物の目安、スーツケースを持たない旅。

別に非力アピールではなく、15kgは持てるけど持ち歩きは無理。というか、したくない。暑さが堪える場所への旅なら尚更です。台湾の暑さなめてたね。常夏の島で住んでいた経験が何も活かされてないね。いや、今日日日本の夏も相当暑いのに季節が変わるとその威力を忘れてしまうってどういうことなんでしょう。

夏、暑い。
歩いているだけで体力消耗するのに、重い荷物なんて持ってられません。6kgに抑えておいて本当によかった。

もちろんタクシーかホテルの送迎のみを利用して移動するなら行けなくはないですが、今回みたいな電車の旅となると難しい。さらに1人旅だとちょっと荷物をベンチに置いてトイレに行ってこよう、なんてことができないので管理すべき荷物は少ないに越したことはない。

10kg超えるなら手持ちは諦めてスーツケースに入れちゃった方がいいな、と新たな物差しができました。

荷物を軽くするために一番大切なこと

travelbag3

さて、ゲストハウスの女の子が驚くほどにコンパクトにまとめられた3週間の旅の荷物ですが、もっと軽くできたなあと思う最大の理由は、鞄。

軽くてそこそこのサイズがあって尚且つデザイン性も諦めないで済むような新たな鞄との出会いはないかと頑張ってみたのですが思い叶わず。結局旅行用ではない大きめバッグを持ち出したのですが、これがやっぱりなんか重い。

travelbag

よって空港では迷わずカートを利用。まあこれは預け入れ荷物があるときも同じなのですが。カメラとパソコンがあるだけでそこそこ重さがあるもんね。

この鞄、どちらかというとデザイン性重視の品なので仕方ないけれど、鞄を改善すればさらに身軽にできるなあと暑い島で改めて実感しています。

私の旅には軽さが正義なのだ。

ミニマリストの持たない暮らし

今回は新たな鞄を探し始めるのも遅かったし途中でさっさと諦めてしまったのもよくなかった。より快適な旅に近づけるために、次回までには解決策を見つけたいものです。

 




関連記事

モノより体験、いらないモノを贈らない方法。

By: Kevin Dooley[/caption] 先日ニュースで福袋に関する話題を取り上

記事を読む

すごい空間支配力。

ボヘミアン・ラプソディが思ってたよりずっとよかった。 そんな意見が出たものだから、それ

記事を読む

松本伴宏 赤巻 豆皿

収集癖への淡い憧れ、コレクターにはなれなくて。

何かにどハマりし、寝食忘れてのめり込み、稼ぎの殆どをつぎ込んで対象アイテムを買い漁ったコレク

記事を読む

秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつでまかなえるか。

約2週間の旅の荷物。 冬場は難しいとしても、今の時期ならば普段使いのナイロントートで十

記事を読む

あるから不便を感じる不思議。

うちも導入したんですよ。キャンペーン中だし、せっかくだからcrispyさんも! 近所の

記事を読む

スマホの画面が浮く

壊す女、雑な人。

まだいけそうな気がしています。 関連 ホーム画面の謎。 ちょろっと隙間が空いてい

記事を読む

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました。非常食としてストックしていた

記事を読む

もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのでは。

個人的にとても興味深い内容だったのでシェア。 グーグル共同創業者のラリー・ペイジ氏とセ

記事を読む

個人ブログ、あなたの日常なんかに誰も興味はない。

By: filipe ferreira[/caption] もう10年くらい読み続けているブ

記事を読む

捨てなくてよかった昔の記録。

By: MIKI Yoshihito[/caption] モノを大切にし過ぎるあまりズルズル

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑