英会話習得、何をすればいいのかわからない。セブ日記 3

公開日: : 最終更新日:2018/01/22 旅人への道, 英語

cebu-diary-03-3

只今フィリピン、セブ島にて短期留学を体験中。

関連 大人の短期英語留学記録 「セブ日記」

本日のセブシティは雨のち晴れ、日中の最高気温は31℃。ようやく生活リズムが整って来た気がする3日目。このまま週末まで一気に駆け抜けたいところではあるが、明日は一旦ポーズが入る。明日はフィリピンの休日。当然、授業も休みとなる。

今回の目的が語学留学ではなく全く別のことであれば、或いは滞在期間がもっと長ければいそいそと夜の街へ出かけるタイミング。しかし、吹きっさらし状態が心地よい食堂で参考書を広げる休前日の夜となった。



短期留学、授業以外に何をすればいいのかわからない

私と同じ日に到着した大学生の男の子が

「みんな一生懸命勉強をしているけど、何をやっているのかさっぱりわからない」

と不安がっていた。この学校に滞在している人たちの殆どは1日12時間以上を勉強に費やしているのでその熱気や気迫は存分に伝わってくるが、何をどう長時間勉強し続ければいいのかわからない、と。

確かに、さあ頑張って勉強してくださいねと言われても、授業以外の時間に、どの要素をどのように配分して進めるべきなのか、また、どんな方法が効率的なのかがわからずうろたえてしまうのも無理はない。受験勉強に明け暮れた日々などついこの間のことである現役大学生ですらそうなのだ。いわんや中年をや。

その彼が今日から目の色を変えて自習に取り組み始めたのは興味深い現象だった。

信じるものは救われる

cebu-diary-03-1

きっかけとなったのは、昨夜実施されたオリエンテーション。我々が求めていた

「どの要素をどのように配分して進めるべきなのか、また、どんな方法が効率的なのか」

について改めてレクチャーしてもらったのだ。レッスンだけでなく自主学習に対する細やかなケアがあるところが、この学校の最大にして最強の特徴である。

オリエンテーション終了後、自分なりにあれこれ考えるのはやめて、とにかくプロに言われた通りにやってみます、と言い、すぐさま行動に移す素直な彼。

カリキュラムを信じて実行できるか。今すぐ実感も体感もなくても、遠いゴールに近づいていると信じて目の前のコツコツとした地味な作業を継続できるか。これは何も語学学習に限ったことではなく、何かを手に入れるために最も重要かつ困難な要素である。目に見える分かりやすい成果を感じられなければ、途端に継続のモチベーションが落ちるのが人間というものだ。

けれど、そこそこ長く生きていると焦っても仕方ないこともあるとわかってくる。若い頃あんなに嫌っていた「急がば回れ」という言葉の本当の意味がようやくわかってきた気がする今日この頃。

いや、これは年齢は関係ないか。私が単に嫌なことから目を背けて生きてきた結果か。

ちなみに、この学校の卒業生のデータを分析してみると、信じるものは救われ、疑ったものは救われなかったらしい。つまり、カリキュラムをこなした者とそうでなかった者の得た結果は異なる、と。まあ、そうだろうなと思う。

今日の食事

cebu-diary-03-2

  • 朝 トースト、ソーセージ、もやし炒め、アスパラガススープ、バナナ
  • 昼 豚生姜焼き、インゲンソテー、青菜炒め、瓜の煮もの、ごはん、素麵入りスープ、すいか
  • 夜 チキンシチュー、白菜炒め、ゴーヤチャンプルー、かぼちゃの煮もの、ごはん、キムチスープ、りんご

相変わらず食べまくっている。帰国したら確実にデトックススープをやらなくては。

関連 旅行太り解消、3日で元に戻すリセット方法。

ところで日記というのは難しい。

当初の予定では、滞在中は時間も限られているので毎日の記録は単なる滞在日記として、それとは別に留学体験レポートをいくつか書くつもりだった。けれど毎日ブログを書くことが習慣になって久しいので、どうしてもいろいろなことを書きたくなってしまう。そのせいで、思い描いていたような数百文字のシンプルな日記になかなかならない。ただひとつ、謎の食記録がかろうじて日記らしさを保っているとも思える。

ブログというリフレッシュの場所があるのは、いい。

ミニマリストの持たない暮らし

大学生に負けじと私も今日は12時間みっちりやった。深夜になってからいつものようにしょうもない文章を書き連ねていると、慣れない勉強で疲れた脳が幾分落ち着くような気がしないでもない。懸念材料であったwifi問題を解決してもらえたことにも相当安堵している。

つづく

※ 今回滞在した語学学校はココです。

 




関連記事

casagracia7

バルセロナのおすすめホテル サグラダファミリアも徒歩で行ける。

スペイン・バルセロナの旅記録です。 関連 スペイン バルセロナ旅行 気になる治安、持ち

記事を読む

kikumasa2

灘の酒蔵巡り その3. 菊正宗酒造記念館 やっぱり俺は~。

灘の酒蔵巡りの続きです。 参考 灘の酒蔵巡り 2015 やっぱり~俺は~って、結

記事を読む

kodama9

「こだま☆楽旅IC早特」 時間を贅沢に使う旅。

前回年末の帰省ラッシュ真っ最中に果敢に挑戦して玉砕(当たり前)してしまった「こだま☆楽旅IC

記事を読む

東京タワー

東京の中心で、エクスキューズミーと叫ぶ。

東京は夜の7時。約束の場所へ移動するため、地下鉄の駅へ向かう。 深くて安心、大江戸線の

記事を読む

qv3

最小限の旅の持ち物。それでも持っててよかったモノたち。

By: Andrei Dimofte[/caption] 荷物は少なく、足取り軽く。

記事を読む

By: Rosmarie Voegtli

壊れたカメラの処分、売る?手放す?

By: nhoffmann75[/caption] 次の旅は手提げひとつで行きましょう。

記事を読む

セブ島ジプニー

退屈な休暇の過ごし方。

今年は夏休みを取ろうと決めていました。 とは言ってもお勤めもしておらず時間の拘束もない

記事を読む

tainan-hotel14

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

By: Alejandro Pinto[/caption] 身軽な旅をするならば荷物は最小限

記事を読む

wf6

セブ島の孤児院訪問で彼らは何を感じたか。セブ島親子留学体験記。

さて、前回の続きです。 参考 成功体験は、作れる。 大人になってから思い返してみ

記事を読む

きのこスープ

ひとんちの食の不思議ときのこスープ。

旅行中は普段と生活サイクルが異なり、食事の内容も、時間も、量も変わるので、どうしても体が重く

記事を読む

Comment

  1. ルナ より:

    太る太るとうるさいです。食べてるそばからデトックス 笑える

    • crispy-life より:

      ルナさん

      ほんとだ、毎日毎日うるさいですね。増量減量が割と得意なので日々ありがたくいただいてますけども、帰国したら再検査も待っているのでほどほどにしなくては。お気遣いありがとうございます。

  2. ルナ より:

    いえ。気遣いはしていません。他人の体重の増減に興味はないです。
    たくさん食べてるそばからデトックススープやらなきゃと言ってるのが滑稽だと感じただけです。

    • crispy-life より:

      ルナさん

      それは失礼いたしました。
      量は調整できても内容は選べないので、いずれにせよ帰国後調整する必要がありそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

切り昆布と豚肉の炒め煮献立
切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立

arakawa47
なんかなんかなんか。

人生三大嫌で嫌でたまらない行為のひとつといえば「記録された自分

saigon_q_apartment_39
旅の荷物の軽量化、どう考えても邪魔なもの。

旅、と言ってもほんの数日間なので、今回の荷物はかなり少なくまと

ゴーヤと豚の味噌炒め
ゴーヤと豚の味噌炒め、トマトとなすのサラダ献立。

この夏食べ忘れていたゴーヤを、先日和えものにしていただきました

suma1608_22
台風で電車が止まっても定時で会社に行きたい人。

台風一過。 当日は午前中に渋谷方面で予定があったのだけれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑