眉山ロープウェイと3色の徳島 高速バスで行く徳島の旅 その3

公開日: : 最終更新日:2018/10/05 旅人への道 ,

bizan_1

鳴門公園、一番札所・霊山寺を経て、徳島駅に到着しました。

神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ここ徳島市が今回の徳島旅の最大の山場でございます。



眉山ロープウェイ、ナイターは半額に

tokushima_st

今回は徳島駅近くで1泊します。よって、今夜は帰りの時間を気にせずゆっくり遊べるのですよ。

bizan_4

徳島駅から歩くとすぐに沖洲川を渡る橋。そしてその向こうに眉山が見えてきます。

bizan_7

徳島市のシンボル眉山 (阿波ナビ)

「眉の如雲居に見ゆる阿波の山かけてこぐ舟泊知らずも」万葉の歌人“船王”によって万葉集にも詠まれた眉山は、どの方向から見ても「眉」の形をしていることから、眉の山「眉山」(びざん)と呼ばれ、古く万葉の昔から今に至るまで、徳島市のシンボルとして親しまれ続けています。

私、あまり記憶にないのですが、眉山は徳島を舞台とした映画のタイトルになっていたのですね。

 

5年前の作品ではありますが、今もそこかしこでこの映画が推されておりました。なになに?入院した不仲の母親に会いに行ったら主治医がたかお?そんなうまい話あるかい、と菜々子を妬むおばさんたち。たかお…。

何もしたくない日。

たかおはおいといて、眉山ロープウェイはぜひとも乗りたい。何しろ乗り物全般好きですからね。

そうそう乗り物、といえば徳島にはこんな楽しそうな乗り物も存在します。

奥祖谷観光周遊モノレール(大歩危・祖谷観光ナビ)

2人乗りのモノレールが約4分おきに発車し、乗車時間は約65分になります。全長4600m、高低差590m、最大傾斜度40度、最頂標高1380m、これらすべて世界一(観光用モノレールとして)

山道を淡々と進むモノレール。これ、かなり魅力的だったんだけど、乗り場までのアクセスが少々不便なことに加え、天気予報がイマイチだったので今回は断念。結局予報に反して天気は大丈夫だったんだけどね。

さてさて、話を戻して眉山ロープウェー乗り場がある阿波おどり会館に向かいましょう。

bizan_6

会館前に設置されたベンチの屋根が笠デザインになっていてなんともキュート。

bizan_5

乗車券を買い求めようとして初めて知ったのですが、このロープウェイ、17:30からはナイター料金ということでなんと半額の610円に!

眉山ロープウェイ山麓駅(阿波おどり会館)

bizan_8

半額になるのは一般料金のみですが、こりゃまた相当なディスカウントですね。今の時期、17:30の便で山頂へ行けば短時間で昼景、夕景、夜景が楽しめちゃうのでかなりお得。阿波おどり会館とのセットチケットなどもあったけれど、もちろんこのナイター料金に乗っかります。

眉山山頂から眺める3つの景色

bizan_9

ころんと小ぶりなロープウェイ。定員15名って書いてたけど、そりゃ多くないか…?今回は思い切り貸切、我々2人だけでした。

bizan_10

山頂まではおよそ6分。車内では眉山に関する解説アナウンスに続いて徳島在住シンガーソングライター、福富弥生さんの「ここにしかない徳島」なるテーマソングが流れます。これがなかなか旅情をそそる。ビバ郷土愛。

bizan_11

bizan_12

中腹にてすれ違う下山ロープウェイに子供が乗っていたので、もちろん全力で手を振りました。

bizan_18

眉山ロープウェイ山麓駅着。

まあ我々は日本三大夜景などと称される地域の出身なものですから、山上からの景色なんてものは見慣れておるのですよ。だから、こういうとこ来ても、ねえ。

bizan_14

とかなんとか偉そうに言ってた割には眉山から望む徳島市及び海の向こうに見える景色を貪るように見つめる2人。ここからだと水辺に囲まれた徳島独特の地形がくっきりわかって面白い。

bizan_13

東側を見渡せば、徳島市の街並みと吉野川、そして瀬戸の海。

bizan_20

西を向けば今まさに暮れ行く夕日に染まる空。

どんどん変わっていく空の色と、少しづつ灯り始める街の様子を交互にゆっくりと観察します。

bizan_23

休憩所のある建物側の景色は、なんとなく台湾の九份っぽいアングルだななんて思ったり。

bizan_26

やや雲が多かったけれど、ザ・マジックアワー。

bizan_27

夜景なんて、と言ってたくせに、結局はしっかりと日が落ちるまで眉山を満喫。

bizan_30

美しいね。なんだかんだでここで1時間ちょい過ごしたのでした。ロープウェイは往路共に15分おきに出ているので、次の動きが取りやすくてよいですね。

ところで下山の際車内が完全なる無音だったので、帰りは徳島の曲流れないんだねー、なんて話してたんですが。今調べてみると復路では本来エバラ健太さんの「もんてこい」という曲が流れるらしいではないですか。

眉山ロープウェイのアナウンスがリニューアルしました!(徳島市)

景色を眺めながら車内に響き渡る故郷愛に耳をすます。往路でこの演出を結構いいなと思っていたので復路がちょっと残念でした。関係者さん見てますかー、無音でしたよー、諸々ご確認くださいませ。

眉山ロープウェイ

さて、下山後はお楽しみの夕食と徳島の酒。

tokushima_izakaya_9

いやー、よかった。今回は泊まりにして正解だったわ。旅の食については最後に改めてまとめます。

魚に鶏に麺に芋 徳島で食べたもの 高速バスで行く徳島の旅 その5

美味しいものをたくさんいただいてすっかりいい気分でホテルへと向かう帰り道、川沿いでスポットライトに照らされた踊り子を発見。

awaodori_2

明日の戦いに向けて、士気を高める我ら。えらいやっちゃえらいやっちゃヨイヨイヨイヨイ。

そう、明日の朝こそがこの旅の最大のハイライトとなるのです。一泊二日の旅行記をやたらと引っ張って恐縮ですが、続く。

阿波おどり会館でダンサーとしての矜持を見せる。高速バスで行く徳島の旅 その4




関連記事

1812_kinugawa_36

鬼怒川猫連れ温泉旅、鬼怒川、日光、鬼平江戸処。

おばさんと猫の温泉旅、最終回です。 ペットと一緒に温泉に泊まろう。日本散歩・栃木県

記事を読む

wf6

セブ島の孤児院訪問で彼らは何を感じたか。セブ島親子留学体験記。

さて、前回の続きです。 参考 成功体験は、作れる。 大人になってから思い返してみ

記事を読む

dg2

執着心の強い女の持たない暮らし。

By: Kylir Horton[/caption] 次回の旅の計画をしています。 ち

記事を読む

aloegel

旅先での肌トラブルに対応する。

ここ数年間の自分観察記録によりひとつの仮説を立てていたのですが。 関連 海外ではアトピ

記事を読む

takamatsu_126

一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく 高松弾丸日帰りの旅 その4。

日帰りの旅に関わらずなぜか長々と書いてしまった高松旅行記。 関連 神戸からジャンボフェ

記事を読む

ニューヨークのタクシー

ニューヨーク旅行 治安、持ち物、服装、物価にチップ。一人旅でも大丈夫?

クリスマスシーズンにニューヨークに行ってきました。 今回はミッドタウンエリアにあるホテ

記事を読む

kanga

旅の荷物、便利な小細工と必需品。

雑誌やサイトで 「女性の海外旅行の必需品は?」 などというお題でいろんなグッズを

記事を読む

traffic

台湾は治安がいいから女性一人旅も安心?台湾一人旅のここが危ない。

女性の一人旅におすすめの国はどこか?なんて話題になったらおそらく上位にランクインするであろう

記事を読む

40代のヒール

ヒールが辛い、大人のヒールの選び方。

By: THOR[/caption] 華奢なヒールや重たい鞄をなんとなく遠ざけるお年頃。

記事を読む

mt.fuji

行ったことのある都道府県マップを作ってみた。

タイトル部分に「旅に纏わるライフログ」と書いてあるわりには旅についての記事が少ないこのブログ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

塩鮭と白菜の酒粕煮献立
白菜と塩鮭の酒粕煮、せりのおろし和え献立。

先日生まれて初めてきりたんぽ鍋を食べました。 ご飯をまと

tokyotower25
大変そうと労われるより、楽しそうだと笑われたい。

扱い慣れないデータを、これまた扱い慣れないツールを使ってどうこ

tainan-hotel10
トランクひとつで暮らす未来は、すぐそこに。

一人身で持ち物も少なく、身軽なので、引っ越しが好きです。ひとと

肉じゃが献立
はちみつ肉じゃが、生白菜の梅おかか和え献立。

先日塩味ポテトサラダにした赤いじゃがいも。 豚とちぢみほ

ny_dt_19
お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌

→もっと見る

PAGE TOP ↑