晴雨兼用折りたたみ傘はいるのかいらないのか。

公開日: : ミニマルライフ

先日壊れた傘を処分しました。

関連 5月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

先日、と言っても5月のことだった。

とにかく、間に合わせで買ってそのまま使用していた傘を壊れてもなお意地汚く使っていたら流血騒ぎを起こしましたよ、という情けないお話だったのです。

以降梅雨時期にもかかわらずぐずぐずと選ぶのを先延ばしにしていたわけですが、この時期に先延ばししていられるってことは、そもそもいらないんじゃないのか?という疑問も。

晴雨兼用折りたたみ傘はいるのかいらないのか

日本は世界でも傘の販売数が多い国らしいのですが、その売り上げの内訳はほとんどがビニール傘なのだとか。

参考 日本は年間降水日数世界ランク13位でも、傘の所持数世界1位(ウェザーニュース)

世界35カ国の平均は2.4本、日本の平均は3.3本で、日本の一人当たりの傘の所持数は世界No.1ということが分かりました。(中略)日本国内では若者を中心に、「傘を携帯していない時に雨が降ったらビニール傘を買う」というライフスタイルが定着しているのかもしれません。

失くしやすさNO1の座を長期間維持する存在、それが傘。どれだけお気に入りを見つけたとしても、いや、お気に入りだったからこそ失くしてしまったときのショックは大きい。こんな辛い思いをするくらいならもう一生恋なんてしないとばかりに使い捨てのビニール傘一択の人生を歩む人の気持ちはわからなくもありません。私だって、これまで何本ものお気に入り傘を失ってきたのだから。

中でも先先代のトリコロールカラーの晴雨兼用折り畳み傘は特に気に入っていて、夏の時期は毎日持ち歩いていたものです。が、数年前のとある夏の日、有楽町のむらからまちから館で好物のソフトクリームに集中しすぎて本体を置き忘れてしまいました。帰ってからケースしか鞄に入っていないことに気付いて慌ててお店に電話したけどその時点ではもう見つからずがっかり。

と、つまらないことはいつまでも覚えているのに肝心の傘は置き忘れるのですね。

以降旅先では間に合わせのおやじ傘でどうにかやってきたわけです。普段は雨の日も、強い日差しが照りつける夏の日も、雨用の長傘のみでやってきたわけです。ということは結局折り畳み傘が必要になるのは旅行時のみ。ならば今後も間に合わせの傘か若しくは現地調達の使い捨て方式でも困ることはないでしょう。

小さく軽い折り畳み傘を選んだ理由

小さい折り畳み傘
と、前置きが長くなりましたが結局小さくまとまる折りたたみ傘を買いました。

 

最近はあれこれ機能面に優れた折り畳み傘がたくさん出ているので選ぶのもまた一苦労。軽くて小さい、なおかつ見た目もそこそこ好みな感じの1本を探していたら思いがけず時間がかかってしまいました。

さっそく本日使ってみたのですが、小さい。いつもの鞄に忍ばせて出かけても傘の重みがさほどわからない程度に、軽い。それはそれでありがたいのだけれど、さすがの小さだけあって開いても、小さい。日傘として、ちょっとした通り雨用の雨傘としては十分だけれど、豪雨には絶対に耐えられないだろうなあと容易く想像がつく華奢さ。まあそもそも折り畳み傘ってそういうもんですかね。けれど長傘は持たず折り畳み傘1本でやりくりするにはこのサイズは不向きでしょう。

アウトドアとか登山とかそういう本気系の雨具ならポンチョやカッパや速乾ケースつきジャンプ傘などの高機能雨具という選択肢があるのでしょうが、私の場合はあくまで日傘及び旅、そして予期せぬ雨用。このサイズでもまあまあなんとかなりそうです。

傘は持たずに出先で雨が降ったらコンビニでビニール傘を調達する、それもひとつの割り切りスタイル。が、これまで止むを得ず多くのビニール傘を使い捨ててきた私はやっぱり折り畳み傘を持つことにしました。ちなみにこの2年は使い捨てのビニール傘は一切買っていません。そしてそのほうが自分の気持ちはラクみたい。

ミニマリストの持たない暮らし

またうっかり忘れて泣く羽目になるかもしれないけれど、小さな傘は折りたたむのがちょっと面倒だけれど、それでも使い捨てはできるだけしないでおこう、と考えたのでした。

 




関連記事

“BRAND COLLECT” にブランドアイテム買取を依頼してみた。

先日ZOZOとBrandearで買い取ってもらえなかったアイテムが返送されました。 >&g

記事を読む

シンプルな暮らしを確実に遠ざける2つの邪魔もの。

By: Haldane Martin[/caption] 現在シェアハウスで生活しているので

記事を読む

まだそのサンダル履いてるの?

昨日あのお方より、開幕宣言を拝受しました。 勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円

記事を読む

簡単に見つかる副業、複業、週末起業 2020。

働き方の分野が特に変化している、と書きました。今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。働

記事を読む

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

ストール

少ない服の着まわし、失われた季節感。

まさか7月にジャケットを引っ張り出す羽目になろうとは。 東京はここしばらく、やけに肌寒い朝

記事を読む

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッション誌

記事を読む

使わないとダメになるから、使えるうちに使いたい。

By: Pedro Ribeiro Simões[/caption] 昨日は友人と昼呑みを楽

記事を読む

40代のヒール

ヒールが辛い、大人のヒールの選び方。

By: THOR[/caption] 華奢なヒールや重たい鞄をなんとなく遠ざけるお年頃。

記事を読む

肩書きが欲しい、自分ではない何者かになりたい。

By: Plage Vinilos y Adhesivos[/caption]  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

→もっと見る

PAGE TOP ↑