本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅。

公開日: : 最終更新日:2019/04/28 ミニマルライフ

hmc_4

羽田発、JALの深夜便を使い、現地時間の朝5時過ぎに、ベトナム・タンソンニャット空港に到着しました。

ベトナムは、5年ぶり。トータル3回目か4回目か、何度か来てますが、実は日本から来るのは初めて。

仕事終わりで身支度をしてそのまま移動、機内でボヘミアンラプソディーをちら見しちゃってロクに眠れなかったので、ちょっと体力面が心配なスタートではあります。

そんな迷いが行動に出てしまったのでしょうか。パスポートを紛失するという大失態をやらかしてしまいました。

本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅

hmc_1

イミグレーションが結構な行列で、並んでいるうちにお腹が痛くなり、出国するまで持ちこたえられる自信がなかったものですから、途中離脱してトイレに行きました。すみません、トイレ周りにものすごく臆病なもので。

激しい朝活女子の真実。

自分の認識以上に、焦っていたのでしょう。イミグレ待ちにつき手持ちしていたパスポートを、そのままトイレに置き忘れてしまったのです。

気がついたのは再度列に並んでから。あ、しまった!とトイレに戻るも、心やさしき清掃員さんに既に回収された後でした。って、結局すぐに手元に戻ってきたので大事には至らなかったものの、ちょっと冷や汗をかきました。注意力散漫すぎ。

これはアレだね。久しぶりの一人旅、気を引き締めて楽しみなさいよというお告げだね。

そう受け止めてここ数年で新しくできたらしいエアポートバス109番に乗って、市内中心地へ向かう。

hmc_2

あ、チケット12,000VNDなのに、120,000VND払ったかも、と気づいたのは、発車してからでした。

これはアレだね。久しぶりの一人旅(以下略)。チケット売り場のお姉さんは可愛くて親切だけれど、間違って多く払っても指摘してくれません。気をつけましょう。

さて、バスの中から外を眺めていると、前回ホーチミンに滞在した時に感じた憂鬱と恐怖が蘇る。私、何回も来ているくらいベトナムは好きだけど、来る度に辛い思いをしていたんだ。

何が辛いって、バイクが辛い。桁違いにビビりの私は、迫り来る無数のバイク集団をかき分けて広い道路を渡り切れる気がまるでしないのです。

hmc_3

忘れてた。また今回も、炎天下にひとり佇み途方に暮れる謎の時間を幾度も過ごすことになるのか。そう考えると、楽しいはずの旅に若干の陰りが生じるからさあ大変。

ホーチミンの一人旅。何が危ないって、この交通事情だよね。バイク集団怖すぎるよね。って、台湾の時も同じこと言ってたけど、ホーチミンの恐怖は、台南の比じゃない。

台湾は治安がいいから女性一人旅も安心?台湾一人旅のここが危ない。

右手をひらひら、左手をひらひら。前後左右の車やバイクを牽制しつつ、堂々とした姿勢で、ゆっくりと道路を渡りきる。そのテクニックをどうにか身につけた頃にはまた、今回のベトナム滞在も終わるのだ。

つづく。

 




関連記事

簡単に見つかる副業、複業、週末起業 2020。

働き方の分野が特に変化している、と書きました。今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。働

記事を読む

旅の持ち物リスト、最小限、冬、2週間。

By: Kool Cats Photography over 3 Million Views[/c

記事を読む

洋服が少なくて本当によかったと思った話。

年末年始の帰省も例の鞄を使いました。 リュックサックしょって街に出ない。 抜群の

記事を読む

シェアハウスで断捨離 音楽CDのデータ化。

新しいHDD買ってからにしようかな、いや、別に今じゃなくてもいいし、ていうか、そろそろ5年選

記事を読む

今日捨てたもの

女が服を、捨てる時。

久しぶりに服を捨てました。 捨てたのは、シャツ、ブルゾン、コート、Tシャツ、スエット、

記事を読む

捨てる日々、日本人が今なおFAXを使う理由。

By: Scott Schwartz[/caption] 訳あって現在所有している荷物をもう

記事を読む

モアルボアル チリバー

欲しいものがないわけじゃない、我慢しているわけでもない。

奥さん、7月です。夏ですよ。 毎月捨てたものと買ったものを記録し続けています。

記事を読む

徒歩5分 町内移動の単身者引越し、見積り価格20万円也。

例の騒動も相まって、この春の引越しに関するニュースを頻繁に目にする今日この頃。 「時期

記事を読む

なんにも持っていなくても、奪われるのはやりきれない。

はっきりはわからないけれど、おそらくモアルボアルの海のような。 ひとしきり遊んだのでそ

記事を読む

今日捨てたもの 誰にでも似合うメガネとトレンド。

By: Billie Grace Ward[/caption] ファッションアイテムの中でも

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    すごくうなずきながら読ませていただきました。
    今年の冬にホーチミンに行きましたが、想像をこえるバイクの流れに全く渡れず。それになんであんなに朝早くから夜遅くまで走り回ってるんだ、クラクション鳴らしながら。どこにいくのだ、いったい。という感じで。
    おそるべしホーチミンでした。

    • crispy-life より:

      匿名さん

      コメントありがとうございます。
      あまりにも怖い怖い書きすぎて呆れられているのでは、と思っておりました。共感してくださる方が現れて、なんだか嬉しいです。
      暑い国の人は涼しいうちから動き出す傾向にあるのでしょうが、とはいえ日中も深夜も多いですもんね。。。毎度のことながら、今回も多少上手に渡れるようになった頃には帰国となりました。

      ベトナム旅行記、もう少し続きますのでお付き合いいただけると幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑