旅の荷物の軽量化、どう考えても邪魔なもの。

公開日: : ミニマルライフ, 旅人への道

tokyostation

旅、と言ってもほんの数日間なので、今回の荷物はかなり少なくまとまりました。

さて、どの鞄を持っていくか。候補に上がったのは例の軽くて大きい鞄と、使い勝手のいいご近所トート。

普段使いのナイロントートに収まる旅の荷物。

大きい鞄は今回の旅にはやや大きすぎるし、ここはご近所トートで勝負かなと思っていたのですが、直前で作戦変更。別の鞄に荷物を詰めて出かけたのでした。

旅の荷物の軽量化、どう考えても邪魔なもの

saigon_q_apartment_39

今回のお供に選んだのは、ベトナムで購入した軽いビニールバッグ。現地到着後に友人から依頼された土産物を運ぶべく現地調達した、おもちゃ感満載の鞄です。そういやこの鞄を持っていて転んだんだったなあ。あの蒸し暑い夜が懐かしい。

転ぶ女。

ご近所トートより容量が大きいので、これもオーバーサイズではあるのですが、この手の鞄って冬場に持つにはやや寒々しい。使うなら今しかない、ということでチョイスしたのでした。

入れ物だけじゃなくてもちろん、中身も軽量化。9月も半ばとはいえまだまだ暑いので、この夏頼りっぱなしのTシャツ類を今回もフル活用します。

Tシャツしか着ない夏。

夏の旅は洋服がかさばらなくていいねえ。とおきまりのフレーズでまとめたいところですが、それだけじゃない。荷物軽量化の最大のポイントは、カメラ。散々思案した挙句、今回は一眼レフを持参しないと決めたのです。

身軽な旅をしたいなら、カメラとパソコンを諦めればよい。そう念仏のように唱え続けてきました。

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

仕事があるのでパソコンは置いていけず、カメラはないと寂しい。しかし今回は寂しさを覚悟の上で、カメラにお留守番を言い渡したのであります。

いつも鞄に入れておかなきゃ落ち着かなかったものや、ずっと捨てられなかったものでも、実際に手放してみればアラ不思議。案外平気じゃないの、ということはよくある話。

今回意を決してスタメンから外したことでカメラのない旅の身軽さに開眼し、以降のスタイルが変化するでしょうか。それともやはり、寂しさで枕を濡らす夜を過ごすのでしょうか。

 




関連記事

電話は最終手段、携帯があっても通話はしない。

先日10年近く会っていなかった友人と再会しました。最近この 「めちゃくちゃ久しぶりの友

記事を読む

シンプルな暮らしを確実に遠ざける2つの邪魔もの。

By: Haldane Martin[/caption] 現在シェアハウスで生活しているので

記事を読む

真冬のあったかアイテム投入で考える冬の装い。

By: Alexey Kljatov[/caption] 新しくニットを購入しました。

記事を読む

洋服を捨てる基準とコツ。ルールを決めて洋服を減らす方法。

冷徹な目線で何もかもばっさばっさと捨てているように見えるかもしれませんが、自分が好きな分野の

記事を読む

なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕日は今日しかない。そう決意し張

記事を読む

君さえいれば何もいらない。セブ日記 2

本日のセブシティは晴れ、日中の最高気温は31℃。当然のことながら、夏である。 夏とくれ

記事を読む

モノを溜め込む人とは友達になれない。

By: Steve Jurvetson[/caption] 「〇〇な人とは友達になれないわ」

記事を読む

ラクな服、これでいいのか。

台風まで来てしまったし、今回はやや失敗気味だったか。 関連 重視すべきは大きさよりも重

記事を読む

冷蔵庫の霜取りにかかる時間(春)。

By: torbakhopper[/caption] しばらく家を空けるので昨日で生ものはキ

記事を読む

捨てる引越し、捨てない引越し。

By: Mark Hunter[/caption] 前回の引越しはトランクルームに預けていた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

朝の路上でぎっくり腰になったら。

今朝6時過ぎ、駅までの道をせこせこ歩いていて、ギックリきまし

秋刀魚のしょうが煮
食べても味がしない理由。

この時期は毎年、さんまさんまと大騒ぎしています。なぜなら、さ

Amazonセール、プライムデーで買ったもの。

kindleにしようか、タブレットにしようか。毎回悩んで、結

2週間でウエストマイナスンcm、ぶよぶよお腹のその後。

腹の肉削ぎに成功した「お腹ぶよぶよ大作戦」から、5ヶ月が経過

時がとまっているおばさん。

最近「ガラスの仮面」を読みはじめました。実は私、昭和の女であ

→もっと見る

PAGE TOP ↑