広がったデニムのダメージ加工を修理してみた。

公開日: : 最終更新日:2017/06/26 ファッション, ミニマルライフ

colorfulthread

プライベートではデニム着用率がかなり高いです。

当然、よく使う分だけ痛みも早くなるのですが、物持ちがよく幸運にもサイズの変化があまりないので、10年選手が現役で活躍しております。

が、やはり綻びは出てきてしまうもので。

10数年前に購入したTMTのデニム。色が薄めでダメージ加工が入っており、ラインもカジュアルなので主に休日用として使ってきましたが、膝部分のダメージ加工がぼろぼろになって大きな穴が開いてしまいました。

ダメージデニムを自分で修理してみた

tmt1

ダメージデニム、といってもさすがにここまでダメージが過ぎるともう外では履けないです。

その他の箇所も古びてきてはいるのでもうそろそろ潮時かな、と思うものの、同じものはもう手に入らないし、できればもう少し使いたい。

というわけで、自分でお直ししてみました。

 

裁縫が苦手な人がセルフリペアする方法

お直し、といっても残念ながら洋裁の類は一切できない私。お恥ずかしながら、「裁縫箱」というものすら持ち合わせておりません。また、知識も乏しいのでリメイクのお店に出したところで上手く希望を伝えられるとも思えず、ここは超簡易方式を採用です。

 

じゃん。
ひざあて。アップリケ。

デニム地でできた、アイロンで簡単につけられるひざあてです。
先日ふと思い立って手芸店で購入したのですが、今Amazonで見たら色のバリエーションあったんだ…。1色しかなかったから、濃い色買っちゃった。

これをこのまま膝に大きく開いてしまった穴の部分を覆うようにぺったり貼り付けて補強する、という大胆な手法も頭を過ぎったのですが、十中八九後悔するだろうと思い留まり、しばし逡巡。

結果、こんな風にできあがりました。

tmt2

ダメージ加工の風合いはそのままで、穴だけ塞ぎました。アイロンあてた直後なのでデニムらしくないピシーっとした状態になっているのはご愛嬌。

さて、どうやったかというと

tmt3

そう、穴の開いた部分に裏側からぺたっと貼っただけ。生地がない部分にもアイロンを当ててしまわないように(裏側の生地とくっついちゃうからね)気をつけるだけで、裁縫センスゼロの私でも簡単にできました。

幸い糊がついている裏側は色が薄く、あまり違和感のない仕上がりになったのはただのまぐれ。結構うまく修復できたと思うのですが、どうでしょう??ダメージ加工の風合いに物凄くこだわりがあるとか、元通りに修復したいといった場合以外なら、こんなちょっとしたリペアで十分ではないでしょうか。

着用や洗濯の刺激にどれくらい耐えてくれるかはわかりませんが、これでもう暫くはお気に入りのデニムを手放さずに済みそう&新しいものを探して購入する必要もなさそうです。

関連 ZOZO USED にブランドアイテム買取を依頼してみた。

ミシンもない、裁縫もできない不器用人間によるなんちゃってリペアなので本格的なカスタマイズや補修をしたい場合にはやはりプロの力を借りたほうがよさそう。巷には洋服お直しのお店もたくさんあるし、細かく指定してリペアしたいという場合はこんなサイトを利用するのもいい方法。

参考 あなただけの縫製工場(nutte)

nutte(ヌッテ)は、縫って欲しいアイテムを、たった1点から縫製職人さんに頼めるサービスです。お洋服のお仕立てからお直し、リメイク、バッグや帽子など小物アイテムまで対応可能です。

検索してみるとダメージデニムのリペアや傷んだデニムをバラしてしっかりお直し、なんてデニムが得意な職人さんもスタンバイされています。なんちゃってじゃなくてちゃんとこだわったリペアが必要な時はなかなか使えそうなサービスです。

 




関連記事

100円ショップ嫌いなのになぜか愛用しているもの。

以前、身軽に生活するならば100均ショップには近寄るべからず論をぶち上げました。 我

記事を読む

最小限の旅の洋服。暑い場所でストレッチスカートを着回す。

By: Garry Knight[/caption] 今回の旅は「増やさない」がコンセプトだった

記事を読む

今日捨てたもの 11/6 いただきもの、思い出の品を捨てること。

冷蔵庫や洗濯機、ベッドといった大型のものは全てなくなった我が家。 今では自分で持ち運べ

記事を読む

ミニマリストの人に飽きてしまった。

第一営業部部長とかコンサルティングチームリーダーとか、所属する会社から付与される歴としたそれ

記事を読む

ギョサン デニム

ギョサンの季節になりました。

By: Basheer Tome[/caption] さて、春をすっ飛ばして夏を満喫中です。

記事を読む

約10年ぶりにスマホを買った話。

いや、10年じゃきかない。「買った」という行為を軸に考えるなら、もっと長い年月が経っている

記事を読む

酷く暑い夏、何を着る?

さほど汗をかかない体質。だったのは、もう遠い昔のことのようです。 近頃は自宅から駅ま

記事を読む

髪を切ったら洋服も変える 春に頼るアイテムたち。

おじさん化という事実を前向きに考えるとすれば、洋服界隈でしょうか。 色気のないショート

記事を読む

柚子手羽白菜、もずく納豆献立。

引き続き、葉野菜が安くてありがたい。美味しい旬の白菜もりもり消費月間実施中です。秋鮭と白菜

記事を読む

片付けられない子がミニマリストになった5つの理由。

今でこそ多くのモノを所有しない生活をしている私ですが、40余年の歴史を紐解いてみれば、決して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

たらと豆腐のさっと煮
たらと豆腐のさっと煮、キムチ納豆で晩酌。

どうしようもなく魚気分だった帰り道、スーパーに駆け込みました

80代両親に関する50代の娘の悩み。

年末年始に帰省した際、所用で両親と共に家電量販店へ行きました

焼き大根
焼き大根、豚肉とほうれん草のからし和えで晩酌。

いい感じに太さのある大根がある。おまけに、時間の余裕もある。

ミニマリスト主婦の新春コーディネート。

みんなのマドンナ、ミニマリスト主婦シリーズです。ミニマリスト

鶏もも肉と水菜の酒蒸し献立
鶏もも肉と水菜の酒蒸し献立

新年最初の更新ではありますが、平常運転の晩酌献立ストック投下

→もっと見る

PAGE TOP ↑