あまりにもマイペースな人。

公開日: : 最終更新日:2017/07/25 旅人への道, 生き方と考え方

チェンマイ 瞑想

「Hi,crispy do u remember me?」

週末の夜に届いた短いメール。

仕事のやり取りすらもメッセージアプリになりつつある今日この頃、プライベートなメッセージがメールアドレスに届くのは珍しいこと。

はて、どちらさまでしたっけ?




チャイナガールと池袋

nana9

メールの主は、チャイナガールK嬢。2年前、バンコクのゲストハウスで知り合った大学生です。

関連 バンコク女性一人旅。ナナ駅近くのゲストハウスに滞在する。

懐かしい。

40代にして初ゲストハウスにチャレンジしたバンコクの旅。自分の子供くらいの年齢の女の子と遊ぶという妙な流れになったのもまた旅のアクシデントってところかしらね、などと考えたものでした。

果たして冒頭のメールは東京旅行にやってきたK嬢からのお誘いメールだったのです。

ダメ人間っぷりが露呈するようでお恥ずかしい限りですが、こういう時ちょっと緊張する私。緊張というか、身構える。

何しろ極度の恥ずかしがり屋さんかつコミニュケーション不全体質ゆえ、さほど親しくない人物のお誘いにOKOKすぐ行くわ、と気軽に応じることができないのです。

関連 私なら行かない。

あれ「さほど親しくない」とか、なんかものすごく酷いこと言ってますか。

気軽に誘いに応じられない人

もちろん付き合いの長さだけが関係性の深さに繋がるものではない。けれど、旅先で出会ってビールなぞ飲みながら自己紹介に毛の生えた世間話をしただけで「ウチら一生親友な」みたいなコメントを添えた記念写真をFacebookにUPしてタグ付けしあうリア充大学生のような積極性を全く持ち合わせていないものだからドキドキハラハラさあ大変、という話です。

いや、世の中にそんな青春があるのかどうか知りませんが、イメージとして。

しかしとにかく会う時間はある。こうしてわざわざ連絡してくれたことは単純にうれしいし、自分の母親より年上の中年女に律儀に連絡を入れてくるその可愛らしさには応えたい。

ここは適当にやり過ごてはイカン。ダメな大人のわたくしですが彼女との再会を果たすべく、意を決して池袋へと向かったのでした。

しかしこういう時、何が困るって会話が続かなかったりあまり盛り上がらなかったりお互い妙に気を使って疲れたりすること。ハタチそこそこの女の子相手に緊張するのもおかしな話ではあるけれど、ハタチそこそこの女の子相手だからこその緊張ってのもある、と思いませんか、おじさんおばさん。

などと見知らぬ誰かに助けを求める思いで西武のヴィトン前で待ち合わせ。無事に東京初上陸のチャイナガールをピックアップしました。

あまりにもマイペースな人

hi-sukhumvit-hostel19

お久しぶり、の挨拶もそこそこに、さてどうしましょ。

「今からどうする?買い物したいでしょ、デパートでも見る?」
「ううん、今日はゆっくり話そうと思って誘ったんだもん、ショッピングはいいよ」

そんなかわいらしいセリフを発した2秒後にドラッグストアに吸い込まれ爆買いを開始するK嬢。ボイスチャットを駆使しながら友人たちのリクエストをリアルタイムで捌く彼女の傍ですっかり通訳兼アシスタントと化す私。

そして、ああそうだったと思い出す。この娘、超マイペースだったわと。

自分のやりたいことを自分のやりたいようにやり、好きなように振舞う。その分相手の行動を制限したりもしないし、気を使いすぎることも使わせすぎることもなく、あまりにも自然にいる。

気が利かない、気を使えないことを強く自覚しているがゆえにあれこれ考えすぎて勝手に気疲れしてしまう私には、こうしてマイペースに動いてくれる人物との時間は返ってラクなのでした。

関連 シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

バンコクでは金髪だった彼女は髪を黒く染めお堅い仕事についており、それなりに楽しい社会人生活を送っているとのこと。私はあれから白髪が増えたりあちこちたるんだりはしたけれど、相変わらず悪くない日々を過ごしているよと伝えてガリガリ。

次はまた別の国で会おうよ。もし実現したら3ヶ国目だね、そういうのもちょっと面白いよね、なんてキャッキャいいつつまたガリガリ。
そうそう、晩ご飯はもんじゃにしたのですよ、寿司とかてんぷらよりも面白いかと思ってね。観光客向けではない普通の店だったこともあり、おこげをガリガリ、なかなか好評でよかったです。

異国で出会った異国の友と同じ目線で東京の街を歩けば、なんだか自分までまだ旅の途中の気分になる。
ああ、そろそろどこかへ行きたいな。

ミニマリストの持たない暮らし

ところでその日の夜、帰宅して彼女のSNSをチェックしてみると

「彼女は2年ぶりに再会した東京の家族!」

というコメントと共に、仲良く微笑むツーショット写真がしっかりUPされておりました。あれ、なんかリア充大学生っぽい。

 






関連記事

By: Creative Tools

あなたの願いをひとつだけ叶えてあげます。ただし…

By: Nishanth Jois[/caption] クリスマスイブですね。 子供た

記事を読む

chiayi_lunchbox_16

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その3. 嘉義駅 鐵路招牌里肌肉飯。

台湾旅行に興味はあったけれど台湾の地名にはとんと疎かった私。台北とか台中はもちろん知っていた

記事を読む

suma1608_25

どこへも行かないお盆休みの過ごし方。

地元を離れて以降、出張やらなんやら他の予定が入ってついでに立ち寄る以外は、毎年正月に帰省して

記事を読む

cebucity1608_4

これからの働き方と暮らし方。

東京を離れて早2週間が経過しました。 今回のセブ島滞在では珍しく予定をびっしり入れてい

記事を読む

pepper

幸運な時代の狭間感、また呑気に笑えるか。

申請していたパスポートの受け取りに行ってきました。 関連 10年間顔が変わらないのはイ

記事を読む

By: Lenore Edman

電話は最終手段、携帯があっても通話はしない。

先日10年近く会っていなかった友人と再会しました。最近この 「めちゃくちゃ久しぶりの友

記事を読む

cebu-text-1

フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ島短期語学留学の記録 2

記事を読む

プーパッポンカリー 一人

一人でもプーパッポンカリーが食べたい!バンコク女性一人旅の食事 その2。

さて、前回の続きです。 参考 一人でもマッサマンカレーが食べたい!バンコク女性一人旅の

記事を読む

141014news

40代でのチャレンジに拍手!43歳バンドマンがウェルター級王者に。

おおお、これは同世代の40代としては燃えるニュースだなあ。 参考 SNAIL RAMP

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

強冷房に氷水 夏は寒くて仕方ない。

ずいぶん前にこんな記事を書きましたが。 関連 私がカフェに行かなくなった理由。

記事を読む

Comment

  1. pi より:

    こんにちは。
    何だかいい感じです。上手く言えないんですが。
    クリスピーさんの緊張も、面はゆさもリラックスも、我がことのように感じて。
    世代的にも近いし、いつも勝手に親近感を感じています。

    自分のやりたいことを自分のやりたいようにやり、好きなように振舞う。その分相手の行動を制限したりもしないし、気を使いすぎることも使わせすぎることもなく、あまりにも自然にいる

    のくだりに、またしみじみしたり。
    クリスピーさんのブログは、酒のつまみのことが書いてあっても、なぜか旅が連想されます。

    • crispy-life より:

      piさん

      コメントありがとうございます。

      40過ぎのいい大人が何をもじもじしてるんだと罵倒されるかと思いきや、親近感なんて嬉しいお言葉をいただき恐縮しきりです。

      酒とつまみ、旅、文章あたりが今生における私のメイン業務なのかも、などとぼんやり考えております。

      今後ともお付き合いよろしくお願いいたします!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

cebu-diary-06-2
今見えている現実は真実ではない。

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように

→もっと見る

PAGE TOP ↑