あまりにもマイペースな人。

公開日: : 最終更新日:2017/07/25 旅人への道, 生き方と考え方

チェンマイ 瞑想

「Hi,crispy do u remember me?」

週末の夜に届いた短いメール。

仕事のやり取りすらもメッセージアプリになりつつある今日この頃、プライベートなメッセージがメールアドレスに届くのは珍しいこと。

はて、どちらさまでしたっけ?



チャイナガールと池袋

nana9

メールの主は、チャイナガールK嬢。2年前、バンコクのゲストハウスで知り合った大学生です。

関連 バンコク女性一人旅。ナナ駅近くのゲストハウスに滞在する。

懐かしい。

40代にして初ゲストハウスにチャレンジしたバンコクの旅。自分の子供くらいの年齢の女の子と遊ぶという妙な流れになったのもまた旅のアクシデントってところかしらね、などと考えたものでした。

果たして冒頭のメールは東京旅行にやってきたK嬢からのお誘いメールだったのです。

ダメ人間っぷりが露呈するようでお恥ずかしい限りですが、こういう時ちょっと緊張する私。緊張というか、身構える。

何しろ極度の恥ずかしがり屋さんかつコミニュケーション不全体質ゆえ、さほど親しくない人物のお誘いにOKOKすぐ行くわ、と気軽に応じることができないのです。

関連 私なら行かない。

あれ「さほど親しくない」とか、なんかものすごく酷いこと言ってますか。

気軽に誘いに応じられない人

もちろん付き合いの長さだけが関係性の深さに繋がるものではない。けれど、旅先で出会ってビールなぞ飲みながら自己紹介に毛の生えた世間話をしただけで「ウチら一生親友な」みたいなコメントを添えた記念写真をFacebookにUPしてタグ付けしあうリア充大学生のような積極性を全く持ち合わせていないものだからドキドキハラハラさあ大変、という話です。

いや、世の中にそんな青春があるのかどうか知りませんが、イメージとして。

しかしとにかく会う時間はある。こうしてわざわざ連絡してくれたことは単純にうれしいし、自分の母親より年上の中年女に律儀に連絡を入れてくるその可愛らしさには応えたい。

ここは適当にやり過ごてはイカン。ダメな大人のわたくしですが彼女との再会を果たすべく、意を決して池袋へと向かったのでした。

しかしこういう時、何が困るって会話が続かなかったりあまり盛り上がらなかったりお互い妙に気を使って疲れたりすること。ハタチそこそこの女の子相手に緊張するのもおかしな話ではあるけれど、ハタチそこそこの女の子相手だからこその緊張ってのもある、と思いませんか、おじさんおばさん。

などと見知らぬ誰かに助けを求める思いで西武のヴィトン前で待ち合わせ。無事に東京初上陸のチャイナガールをピックアップしました。

あまりにもマイペースな人

hi-sukhumvit-hostel19

お久しぶり、の挨拶もそこそこに、さてどうしましょ。

「今からどうする?買い物したいでしょ、デパートでも見る?」
「ううん、今日はゆっくり話そうと思って誘ったんだもん、ショッピングはいいよ」

そんなかわいらしいセリフを発した2秒後にドラッグストアに吸い込まれ爆買いを開始するK嬢。ボイスチャットを駆使しながら友人たちのリクエストをリアルタイムで捌く彼女の傍ですっかり通訳兼アシスタントと化す私。

そして、ああそうだったと思い出す。この娘、超マイペースだったわと。

自分のやりたいことを自分のやりたいようにやり、好きなように振舞う。その分相手の行動を制限したりもしないし、気を使いすぎることも使わせすぎることもなく、あまりにも自然にいる。

気が利かない、気を使えないことを強く自覚しているがゆえにあれこれ考えすぎて勝手に気疲れしてしまう私には、こうしてマイペースに動いてくれる人物との時間は返ってラクなのでした。

関連 シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

バンコクでは金髪だった彼女は髪を黒く染めお堅い仕事についており、それなりに楽しい社会人生活を送っているとのこと。私はあれから白髪が増えたりあちこちたるんだりはしたけれど、相変わらず悪くない日々を過ごしているよと伝えてガリガリ。

次はまた別の国で会おうよ。もし実現したら3ヶ国目だね、そういうのもちょっと面白いよね、なんてキャッキャいいつつまたガリガリ。
そうそう、晩ご飯はもんじゃにしたのですよ、寿司とかてんぷらよりも面白いかと思ってね。観光客向けではない普通の店だったこともあり、おこげをガリガリ、なかなか好評でよかったです。

異国で出会った異国の友と同じ目線で東京の街を歩けば、なんだか自分までまだ旅の途中の気分になる。
ああ、そろそろどこかへ行きたいな。

ミニマリストの持たない暮らし

ところでその日の夜、帰宅して彼女のSNSをチェックしてみると

「彼女は2年ぶりに再会した東京の家族!」

というコメントと共に、仲良く微笑むツーショット写真がしっかりUPされておりました。あれ、なんかリア充大学生っぽい。

 




関連記事

161223ny3

ニューヨークの旅 格安でも往復プレミアムシートの理由。

ニューヨークへの旅は何度も予定が変更になりました。 関連 私なら行かない。 友人

記事を読む

モアルボアル チリバー

漠然とした不安の正体は。

平常心平常心。 そうつぶやきながら微笑むあの坊主は誰だったけ、一休さんか? なん

記事を読む

skirt2

服を減らして旅から手ぶらで戻るには。

旅の荷物を減らすポイントは洋服類と化粧品類。この2点に全てがかかっていると言ってもいいでしょ

記事を読む

ny_dt_30

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

ekiben

東京駅でも買える品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

さて、またまた移動です。 行き先はまたまた関西方面です。 なんだかんだと言いながらも

記事を読む

By: Sharon Mollerus

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

By: Robert Benner[/caption] 台風が猛威を振るっています。

記事を読む

yanagin36

更年期の悪夢。

このクソ寒いというのに、汗だくである。 物凄い形相で、物凄い勢いで、追いかけてくる。こ

記事を読む

飛行機 虹

成田直行便就航 セブパシフィックで行くセブ島の旅。

大幅に遅れはしましたが、無事に飛び立ちました。 狙ったわけではなく実は後から知ったのだ

記事を読む

1st_fuda_40

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興奮の我々。 神戸から高速

記事を読む

東京タワー

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

1LDKなんて絶対反対断固拒否。私の部屋がないじゃないか。 そうひと暴れしてから早数ヶ

記事を読む

Comment

  1. pi より:

    こんにちは。
    何だかいい感じです。上手く言えないんですが。
    クリスピーさんの緊張も、面はゆさもリラックスも、我がことのように感じて。
    世代的にも近いし、いつも勝手に親近感を感じています。

    自分のやりたいことを自分のやりたいようにやり、好きなように振舞う。その分相手の行動を制限したりもしないし、気を使いすぎることも使わせすぎることもなく、あまりにも自然にいる

    のくだりに、またしみじみしたり。
    クリスピーさんのブログは、酒のつまみのことが書いてあっても、なぜか旅が連想されます。

    • crispy-life より:

      piさん

      コメントありがとうございます。

      40過ぎのいい大人が何をもじもじしてるんだと罵倒されるかと思いきや、親近感なんて嬉しいお言葉をいただき恐縮しきりです。

      酒とつまみ、旅、文章あたりが今生における私のメイン業務なのかも、などとぼんやり考えております。

      今後ともお付き合いよろしくお願いいたします!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

鶏ゆず白菜献立
鶏ゆず白菜、塩昆布ねぎ奴献立。

いつもの八百屋でゆずを見つけ、思わず手に取りました。 ゆ

170314lg
腹筋を100回毎日続けた結果。

友人宅にて開催された新年会での出来事。いい感じに酒が入った頃、

taipeidog6
疲れやストレスが原因で歯が痛むことはあるのか。

歯が痛い。 先週だったでしょうか、久しぶりにそんな感覚が

きのことぬか漬けのパスタ
きのことぬか漬けのスパゲティ、白菜のサラダ献立。

久しぶりにパスタで夕食。そして珍しく、ノンアルコールです。

event3
客筋のいい料理店、怖くてもやってよかった。

おっかなびっくりで主催したイベント、昨日無事開催いたしました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑