マニラ空港ターミナル2での夜明かし、ターミナルフィー2016。

公開日: : 最終更新日:2019/02/01 旅人への道

naia_6

とにかく時間を潰す場所が少ないフィリピン・マニラニノイアキノ国際空港(NAIA)。

ここを利用するときは乗り継ぎ時間の長い便、深夜発着の便はできるだけ避けるようにはしているのですが、今回は止むを得ず深夜着、早朝発のトランジットと相成りました。さらに予め予約していたセブ→マニラ便が欠航して時間が変更、マニラ空港で過ごす時間が当初の予定よりも長くなるというあまり嬉しくないおまけ付き。

世間の評判も、そして私の印象も著しく芳しくないマニラ空港。しかも今回利用したエアラインはフィリピン航空ゆえに発着は頗る退屈なターミナル2ときたもんだ。

さて、深夜のマニラ空港。どうやって過ごしましょうか。



マニラ空港のターミナルフィー

naia_10

ところで昨年マニラ空港を利用した時に以前現地支払いが必要だったターミナルフィーが航空券費用込みになっていたことを初めて知りました。が、2016年になってもターミナルフィーについて議論されているサイトがちらほら。

参考 空港使用料に関して – セブ島 (4トラベル)

さらにフィリピン航空のサイトにも以下の表記が。

マニラまたはセブの国際空港からフィリピンを出国する旅行者は、国際線施設使用料としてマニラ:550ペソ、セブ:750ペソがそれぞれ徴収されます。ただし、2歳未満の幼児はそれらを免除されます。また、フィリピン国内線をご利用のお客様は各国内線施設利用料が徴収されます。なお施設使用料は予告なしに変更されることがあります。(2015年6月8日更新)

2015年6月更新の情報でターミナルフィーが必要とはこれいかに。気になったのでセブ・マクタン空港でチェックイン時にカウンターの職員さんに、このチケットはターミナルフィーが含まれているよね?と聞いてみると答えはYes。なんだやっぱり、と思ったら

「セブではいらないけど、マニラから出国する時にもしかしたら払わなきゃいけないかも」

との曖昧なお言葉が。

「もしかしたら、ってどういうこと?」
「ごめんなさい。実は私もよくわかってないんだけど、もしかしたら必要かもってこと」

おおーい。

さらにはゲートに進む際にチケットをチェックしているガードマン氏にターミナルフィー払えと言われる始末。おいおいおいちゃんと見てよ。これ、マニラ経由のチケットだから。

改めて整理すると

  • セブ・マクタン空港から「国際線で出国」する場合=750ペソのターミナルフィー現地支払いが必要(2016年8月時点も変わらず)
  • セブ・マクタン空港からマニラ空港へ「国内線で移動」、その後マニラから「国際線で出国」する場合=チケット料金にあらかじめターミナルフィーが含まれているため現地支払い不要(2015年2月より変更)

という認識だったのですがどうなんでしょう。

念のため今回チケット購入で利用したDeNAトラベルの明細書を調べてみるとしっかりと

「国際線空港使用料込み」

の表示がありました。やっぱりチケット代に含まれているじゃないか。
もしもマニラ出国時に払えと言われたらこれを見せよう、とiPodに保管して構えるも、マニラ空港ではターミナルフィーのタの字も出てきませんでした。

なんなんだ。

もしかしたら発券時期によって未だ現地支払いが必要なパターンも混在しているのかもしれませんが、不安な場合は事前に確認+領収書を用意しておくといいでしょう。マニラでは現在ターミナルフィーの支払いはクレジットカード対応しているそうなのでそう慌てることもないですが。

マニラ空港にはとにかく何もない

naia_13

去年もマニラで乗り継ぎする機会があったのですが、利用したのはターミナル3。

関連 マニラニノイアキノ空港ターミナル移動で疲労困憊。

待合スペースも多く、24時間営業のカフェやマッサージ店などもあるのでマニラ空港で長時間過ごすには最もマシ(決して良くはない)なターミナルでした。ちなみにマニラ空港の各ターミナルの内訳は

ターミナル1 (国際線ターミナル)

  • 日本航空
  • ジェットスター
  • 大韓航空
  • タイ国際航空 他

ターミナル2(フィリピン航空専用ターミナル)

  • フィリピン航空(国内線・国際線)

ターミナル3(国内線・国際線ターミナル)

  • 全日空
  • セブパシフィック(国内/国際線)
  • フィリピン航空(国内/国際線)
  • エアアジア
  • キャセイパシフィック
  • KLM 他

ターミナル4(国内線ターミナル)

  • エアアジア・ゼスト
  • セブゴー 他 LCC

といった感じ。この中で一番新しいのがターミナル3であります。ちなみにターミナル4の待合スペースは屋外だったというレポートもあり。

参考 マニラのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)第4ターミナルが予想のナナメ上すぎた件(Risa Shoji)

ネタ的には面白いけど、実際体験したら全然楽しくはないですね。

マニラ空港ターミナル2で夜を明かす

さて、何度か利用しているターミナル2。出発ゲート内に申し訳程度のカフェとか売店がある程度だったような気がするけれど、じっくり見回ったことがなかったのでこの機会に探ってみましょう。お腹も減ったから何か食べたいし。

マニラ空港ジョリビー

到着ゲートを出て一通り歩くと北棟・南棟にジョリビーが1つづつ。

南のジョリビーの隣に簡易食堂が1軒。

naia_12

1Fの南端にオープンカフェ、というか野外の店が1軒。

以上。やっぱり何もありませんでした。マブハイ。

そして屋内チェックインカウンター前のスペースは狭く、椅子の数もほんの少しゆえに満席。もちろんゲート内に移動できるのは出発3時間前から。

ターミナル2、やはり夜明かしには不向きですね。

とはいえこの時点からわざわざホテルへ移動するのも面倒。

naia_9

簡易食堂で買ったビールのお供にジョリビーのYUMwithTLCバーガーをかじった後は食堂内で朝まで過ごしました。安全な場所とwifiさえあればなんとか時間を潰せる体質でよかった。

naia_14

ちなみに殆どの夜明かし客は屋外のベンチで横になっておられました。が、防犯面を考えるとあまりに無防備すぎ。外国人は特にやめておいたほうがよろしいかと思われます。

出発ゲート内の朝

naia_6

結局かなり長時間食堂に居座らせてもらいましたが人影はまばらで店員さんもこちらに全く興味を示さないので意外に居心地は悪くなく、深夜に謎の集中力を発揮して作業や読書に勤しむことに成功。

関連 荷物の少ない旅、移動のお供に最適なツール。

出発3時間前になったのでゲートに移動するも

naia_4

naia_1

国際線出発ゲート内の店はオールクローズ。こちらは24時間営業じゃないんですね。腹を空かせた旅行者たちが小さな敷地内をまだかまだかと右往左往する姿が印象的でした。

naia_8

朝4時過ぎにカフェがオープンすると待ってましたとばかりに行列が。

naia_3

同じ時間に免税店もようやく開店。待ちくたびれた女性が虚ろな目でコスメを眺めている姿がこれまた印象的でした。

naia_7

みなさまおつかれさまです。

うまい具合に深夜のハイテンション状態を維持していた元気な私もさすがにここらで眠気が襲う。飛行機乗ったらすぐにワインをもらってぐっすり眠ろう、と思ってたのに、機内でアルコールの提供は一切ありませんでした。なんで?午前便だから?残念、それでもさすがに眠れたけど。

と、またまた長くなりましたが無事にマニラ空港での安全な夜明かしを経て、大幅な遅れも乗り継ぎ不備もロストバゲージもなく無事移動を果たせました。マブハイ。




関連記事

ibishotel-hongkong-7

旅の記憶をより鮮明にする方法。

久しぶりに会った友人に、そういや年末の香港どうだった?と聞かれる。 香港はもう何回も行

記事を読む

passport

パスポートとの別れと原点回帰。

なんだか久しく出かけていないなあと感じる今日この頃。 年明けに自宅に戻ってからずっと東京に

記事を読む

taopei2016_30

台湾女一人旅 桃園空港から台北駅 寧夏夜市で晩ご飯。

本来は4月ごろを予定していた台湾の旅。 午前便がいいなあ、お、羽田発もあるのか、などと

記事を読む

nt_airport

海外一人旅 社交性のない人が英語を使う機会は多くない。

先日英語学習についてのご質問をいただきましたが、その後もちまちまと継続しています。 継

記事を読む

nishinomiya_41

商売繁盛で笹もってこい 自分で選び、動くということ。

関西滞在期間の後半に十日戎に行ってきました。 「商売繁盛笹持ってこい」 全国的な

記事を読む

tokyotower32

浜松町駅から東京タワーを歩く。東京散歩・港区

久しぶりの東京散歩です。 関連 東京散歩、近くの旅でも旅は旅。 今年に入って近場

記事を読む

wf6

セブ島の孤児院訪問で彼らは何を感じたか。セブ島親子留学体験記。

さて、前回の続きです。 参考 成功体験は、作れる。 大人になってから思い返してみ

記事を読む

JALプレミアムエコノミーラウンジ

鞄ひとつで旅に出たい。

出かける機会のないまま過ぎ去りそうな2017年前半戦。 後半には2回くらいは遠出したい

記事を読む

myhometown

浅い関係、おかしな嫉妬。

移動してから数日間はすっきりしない天気だったけれど、今日になってようやくカラッとスカッと青空

記事を読む

By: Justin Vidamo

荷物を持たないバックパッカー。

誰かと一緒の場合以外はさほど積極的に観光地巡りをしないタイプです。 いや、もちろん行きたい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

note16
死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパタ

わかめと卵の炒めもの
卵とわかめの炒めもの、かぶのゆかり和え献立。

地味おかずをこよなく愛する私ですが、わかめ炒めの地味さはまた格

sumasui_1709_25
70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。 70代

minatoku11
好きだから、共有したい。

実は劇場版を観てしまいました。 おばさんホイホイは真実だ

切り昆布と豚肉の炒め煮献立
切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立

→もっと見る

PAGE TOP ↑