河口湖畔で別荘遊び 日本散歩・山梨県

公開日: : 旅人への道 ,

yamanashi_13

少し前のことですが、念願の山梨に行ってきました。

今まで足を踏み入れたことがないし、東京からの「ちょっとした遠出」にちょうどいい距離だし、近いうちに行ってみたい。そう宣言してからなんと5年が経過していたではありませんか。

行ったことのある都道府県マップを作ってみた。

寝かせすぎ。しっかり熟成させたから、というわけでもありませんが、予測以上にたのしい旅となりました。

河口湖畔の森で別荘遊び

一人旅ならば電車移動して便利な駅前に宿をとるのがお決まりのパターンですが、今回の山梨行きは、旅は道連れ中年ドライブ旅。東京から中央自動車道を使って河口湖へ向かいます。

河口湖。その湖の存在を認識してはいるけれど、馴染みはない。

河口湖(かわぐちこ)は、本州の中部、富士山の近くに存在する、富士五湖の1つに数えられる相模川水系の湖である。富士箱根伊豆国立公園に指定されている。富士五湖の中で最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点にある。面積は富士五湖では2番目の大きさで、最大水深は精進湖とほぼ同じで 14.6m の深さ。(wikipedia)

豊かな自然と富士山ビューという圧倒的な景観からか、人気のレジャースポットなのですね。キャンプ施設はもちろん、トレッキングやカヤックなどスポーツ系アクティビティも充実。まあ、旅は絶対のんびり派の私はやりませんが。

そういや去年の秋も、おばさんたちは温泉に行っていたっけ。

ペットと一緒に温泉に泊まろう。日本散歩・栃木県

毎度ながら、運転手役を買って出てくれる友人に感謝。車がなけりゃ河口湖駅からバスを乗り継ぎ降りてからさらに徒歩20分もかかる別荘地に行こうという発想が出てこないもの。

yamanashi_10

そう、今回は静かな湖畔の森の影にある貸別荘に宿泊。

yamanashi_8

敷地内には私たちが泊まった6人用が2棟、もうちょい大きい10人用が1棟。我々と同日、お隣の6人用には若い男女のグループ客、10人用にはちびっ子連れの2ファミリーが滞在されていました。

yamanashi_9

森の中の別荘というとおしゃれコテージみないなのを想像するけれど、こちらはものすごく、家。一戸建て。普通の2階建て2LDK。

yamanashi_7

yamanashi_5

1階がキッチンにリビング、トイレとお風呂の水回り。キッチンは食器と調理器具などが一通り揃っているので、食材と調味料さえあれば、だいたいのものは作れるようになっています。

yamanashi_6

2階には洋・和と寝室が2部屋あります。

普通の家と違うのは、当然ながら森の中というロケーションだからこその静けさと澄んだ空気に加え、トイレが2つあること(ありがたい)、森に面したテラスがあること、そこでバーベキューができること。

yamanashi_3

さらにはテラスにジャグジーがあること!でしょうか。

yamanashi_12

外から丸見えなので使用時はもちろん水着着用。ここでブクブクだらだらしながら酒が飲めるのですよ、天国か。

河口湖で富士山に見入る

貸別荘はもちろん、食事の提供はなく、自力で調達せねばなりません。徒歩圏内に全国チェーンの大型スーパーがあるのだけれど、せっかくの初山梨。ここはご当地スーパーに乗り込みたい。というわけで、宿から車で10分程度の距離にあった「いちやまマート」に突撃しました。

yamanashi_11

はい、駐車場から富士山ドーン!

到着時はあいにくの曇り空でその姿を見つけることはできなかったのだけど、このド迫力。新幹線移動時にチラ見する程度のお付き合いが続いていた富士山。改めて近くで見ると、あまりの山らしさに圧倒されますね。絵に描いたような、山の形をしている。山だけど。

などと富士山に感激しつつ、食材やら山梨ワインやらを買い込んで、夜は「倶楽部方式」のディナーを楽しみました。

一番好きな倶楽部方式。

調理はほぼ人任せにして、山梨ワインをがぶ飲みしてさっさと撃沈した私なので、肝心の倶楽部写真がないのだけれど、これは撮ってた。

yamanashi_pod_4

軍鶏の卵かけごはん。

宿のすぐそばに「鈴鶏舎」という軍鶏の養鶏所があって、軍鶏の卵や卵を使ったプリンなどが販売されていたのですよ。軍鶏の卵ってあまり馴染みがないけれど、プリンも卵かけごはんも濃厚な味わいで旨かった。ちなみに店主のはからい(?)により、軍鶏見学もした。

yamanashi_pod_2

そのほか、宿の周りにはこれまた富士山が窓から丸見えのベーカリー&カフェ「エソラ」や

yamanashi_pod_3

季節のフルーツを使ったケーキが豊富に揃うコーヒー専門店「カフェプラド」などが点在しており、食の面でも楽しめました。って、食べたり飲んだりばっかりか。まあ、今回の旅は休息を目的としたもので、美味しいもの食べて酒飲んでのんびりしましょうといういかにもおばさん的プランだったのでね。

とはいえせっかく山梨まで来たのだから、観光らしきこともしてきましたよ。

もう少し、つづく。




関連記事

By: Rubbermaid Products

少ない服のコーディネイトと衣替え。

By: Rubbermaid Products[/caption] 3月から4月をすっ飛ばし

記事を読む

マッサマンカレー アソーク

一人でもマッサマンカレーが食べたい!バンコク女性一人旅の食事 その1。

一人旅は気楽で楽しいけど、食事する時に困るよね。 そんな声をよく聞きます。 確かに、

記事を読む

hochiminh_foods_26

ホーチミン一人旅で食べたもの、コムタムとフーティウコー。

ベトナム一人旅の食記録、パート2です。 ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。

記事を読む

By: megawheel360

開業50周年記念商品「こだま☆楽旅IC早特」が魅力的。

By: Takeshi Kuboki[/caption] しまった! 移動手段をまだ確保し

記事を読む

taiwan20163

台湾一周 一人旅。鉄道の旅で駅弁を堪能する。

ゴールデンウィークも終わり本日からお仕事の方も多いでしょうか。 そんな時になんですが、

記事を読む

3Howw Hostel

バンコク女性一人旅。スクンビット駅近くのゲストハウスに滞在する。

シェアハウス住まいで定住意識が希薄な移動生活志向の私。 以前なら絶対に考えもしなかった

記事を読む

osaka_shinsekai_25

夜景をチラ見で地獄どうふ。大阪新世界はしご酒ツアー後編。

大阪新世界はしご酒ツアー、後編です。 関連 新今宮から通天閣を歩く 大阪新世界はしご酒

記事を読む

bizan_10

眉山ロープウェイと3色の徳島 高速バスで行く徳島の旅 その3

鳴門公園、一番札所・霊山寺を経て、徳島駅に到着しました。 神戸から高速バスで行く徳島の

記事を読む

taopei2016_57

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その1. 台北駅 懐舊排骨便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を楽しもうじゃないかという旅をしています。 関連 台

記事を読む

sarushima_64

本当に怖い無人島 猿島日帰り一人旅  日本散歩・神奈川県。

無人島 猿島日帰り一人旅、続きです。 無人島 猿島日帰り一人旅 日本散歩・神奈川県。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

accessories_4
イは忙しくないのイ。

なんか忙しいなあ、落ち着きたいなあ、と感じる時、その原因は本来

玉ねぎの卵炒め献立
玉ねぎの卵炒め、塩豚と大根のスープ献立。

これまた昨年の晩酌記録です。 仕事始めからこっち、なかな

award
2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベ

白菜と卵の味噌汁 大根しょうゆ漬け ほうれん草ときのこのナムル さつまいもとひき肉のしょうが煮
さつまいもとひき肉のしょうがあん、白菜とおとし卵の味噌汁献立。

本日のメインは、さつまいも。めずらしくいも系のおかずが続きます

pumpus_2
令和初の年越し、昭和との戦い。

2020という整然とした4桁の並びはどうにも座りが悪いし、2年

→もっと見る

PAGE TOP ↑