河口湖畔で別荘遊び 日本散歩・山梨県

公開日: : 旅人への道 ,




yamanashi_13

少し前のことですが、念願の山梨に行ってきました。

今まで足を踏み入れたことがないし、東京からの「ちょっとした遠出」にちょうどいい距離だし、近いうちに行ってみたい。そう宣言してからなんと5年が経過していたではありませんか。

行ったことのある都道府県マップを作ってみた。

寝かせすぎ。しっかり熟成させたから、というわけでもありませんが、予測以上にたのしい旅となりました。

河口湖畔の森で別荘遊び

一人旅ならば電車移動して便利な駅前に宿をとるのがお決まりのパターンですが、今回の山梨行きは、旅は道連れ中年ドライブ旅。東京から中央自動車道を使って河口湖へ向かいます。

河口湖。その湖の存在を認識してはいるけれど、馴染みはない。

河口湖(かわぐちこ)は、本州の中部、富士山の近くに存在する、富士五湖の1つに数えられる相模川水系の湖である。富士箱根伊豆国立公園に指定されている。富士五湖の中で最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点にある。面積は富士五湖では2番目の大きさで、最大水深は精進湖とほぼ同じで 14.6m の深さ。(wikipedia)

豊かな自然と富士山ビューという圧倒的な景観からか、人気のレジャースポットなのですね。キャンプ施設はもちろん、トレッキングやカヤックなどスポーツ系アクティビティも充実。まあ、旅は絶対のんびり派の私はやりませんが。

そういや去年の秋も、おばさんたちは温泉に行っていたっけ。

ペットと一緒に温泉に泊まろう。日本散歩・栃木県

毎度ながら、運転手役を買って出てくれる友人に感謝。車がなけりゃ河口湖駅からバスを乗り継ぎ降りてからさらに徒歩20分もかかる別荘地に行こうという発想が出てこないもの。

yamanashi_10

そう、今回は静かな湖畔の森の影にある貸別荘に宿泊。

yamanashi_8

敷地内には私たちが泊まった6人用が2棟、もうちょい大きい10人用が1棟。我々と同日、お隣の6人用には若い男女のグループ客、10人用にはちびっ子連れの2ファミリーが滞在されていました。

yamanashi_9

森の中の別荘というとおしゃれコテージみないなのを想像するけれど、こちらはものすごく、家。一戸建て。普通の2階建て2LDK。

yamanashi_7

yamanashi_5

1階がキッチンにリビング、トイレとお風呂の水回り。キッチンは食器と調理器具などが一通り揃っているので、食材と調味料さえあれば、だいたいのものは作れるようになっています。

yamanashi_6

2階には洋・和と寝室が2部屋あります。

普通の家と違うのは、当然ながら森の中というロケーションだからこその静けさと澄んだ空気に加え、トイレが2つあること(ありがたい)、森に面したテラスがあること、そこでバーベキューができること。

yamanashi_3

さらにはテラスにジャグジーがあること!でしょうか。

yamanashi_12

外から丸見えなので使用時はもちろん水着着用。ここでブクブクだらだらしながら酒が飲めるのですよ、天国か。

河口湖で富士山に見入る

貸別荘はもちろん、食事の提供はなく、自力で調達せねばなりません。徒歩圏内に全国チェーンの大型スーパーがあるのだけれど、せっかくの初山梨。ここはご当地スーパーに乗り込みたい。というわけで、宿から車で10分程度の距離にあった「いちやまマート」に突撃しました。

yamanashi_11

はい、駐車場から富士山ドーン!

到着時はあいにくの曇り空でその姿を見つけることはできなかったのだけど、このド迫力。新幹線移動時にチラ見する程度のお付き合いが続いていた富士山。改めて近くで見ると、あまりの山らしさに圧倒されますね。絵に描いたような、山の形をしている。山だけど。

などと富士山に感激しつつ、食材やら山梨ワインやらを買い込んで、夜は「倶楽部方式」のディナーを楽しみました。

一番好きな倶楽部方式。

調理はほぼ人任せにして、山梨ワインをがぶ飲みしてさっさと撃沈した私なので、肝心の倶楽部写真がないのだけれど、これは撮ってた。

yamanashi_pod_4

軍鶏の卵かけごはん。

宿のすぐそばに「鈴鶏舎」という軍鶏の養鶏所があって、軍鶏の卵や卵を使ったプリンなどが販売されていたのですよ。軍鶏の卵ってあまり馴染みがないけれど、プリンも卵かけごはんも濃厚な味わいで旨かった。ちなみに店主のはからい(?)により、軍鶏見学もした。

yamanashi_pod_2

そのほか、宿の周りにはこれまた富士山が窓から丸見えのベーカリー&カフェ「エソラ」や

yamanashi_pod_3

季節のフルーツを使ったケーキが豊富に揃うコーヒー専門店「カフェプラド」などが点在しており、食の面でも楽しめました。って、食べたり飲んだりばっかりか。まあ、今回の旅は休息を目的としたもので、美味しいもの食べて酒飲んでのんびりしましょうといういかにもおばさん的プランだったのでね。

とはいえせっかく山梨まで来たのだから、観光らしきこともしてきましたよ。

もう少し、つづく。




関連記事

英語ができない、海外一人旅は無理なのか。

By: Mark Hillary[/caption] 旅先でトラブルがあった時のことを考えて

記事を読む

ニューヨークのタクシー

ニューヨーク旅行 治安、持ち物、服装、物価にチップ。一人旅でも大丈夫?

クリスマスシーズンにニューヨークに行ってきました。 今回はミッドタウンエリアにあるホテ

記事を読む

荷物の少ない旅、移動のお供に最適なツール。

移動中は睡眠時間に充てることも多いのですが、今回はいいタイミングで移動や乗り継ぎの暇つぶしに

記事を読む

君さえいれば何もいらない。セブ日記 2

本日のセブシティは晴れ、日中の最高気温は31℃。当然のことながら、夏である。 夏とくれ

記事を読む

祝・卒業。この時間は永遠には続かない。セブ日記16

40代中年のフィリピン短期語学留学、無事完走。 関連 大人の短期語学留学ライブ記録

記事を読む

買わない生活の清々しさとルールブック。

買い物好き、買い物上手な人は、買い物に時間をかけるのでしょうか。それとも、即決即断即購入、以

記事を読む

save my bag missweekender

軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

旅にも使えるやや大きめでとにかく軽い鞄が欲しい。 ずっとそう思い続けていましたが、なか

記事を読む

BB&CCクリーム

冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

By: lina smith[/caption] 旅の荷物を少なくするべくスキンケアもシンプ

記事を読む

依存ありきの儚いシンプルライフ。

そういえば、買い換えてから初の遠出でした。 関連 WiMAX2+ギガ放題プランにてMX

記事を読む

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑