東京駅でも買える品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

公開日: : 最終更新日:2017/08/13 一人飲み, 旅人への道, 食べること

ekiben2

さて、またまた移動です。
行き先はまたまた関西方面です。

なんだかんだと言いながらも結局今回の移動手段も新幹線になったのには訳があるのですがそれはまた改めて書くとして、東京から新幹線に乗るなら、またVIRONでサンドイッチ買っちゃおうかな~なんて考えていたのですが。

参考 移動のお供に最適、ジャンボンクリュ・コルニッション。

直前にふとある駅弁のことを思い出して作戦変更しました。

 

東京駅で駅弁に惹かれない理由

ekiben3

本日はビールのアテにまい泉で豚の串を。
竜田揚げですかね、しょうゆ風味でビールにぴったりでした。

さて、新幹線の中で酒を呑むのは大好きなのですが、駅弁はあまり好きではありません。
理由は、駅構内で売っている(特に東京駅)弁当って加工食品感満載な印象があるし、そのわりに1つ1,000円くらいするのが解せない。それだったらサンドイッチとか、この豚串みたいにデパ地下のお惣菜の店でおつまみや弁当買うほうがいいなあ、とずっと思っていたのです。

が、大酒飲み&旨いもの好きの知人が、「品川名物 貝づくし」が大好物だといつも言っているのをふと思い出しました。

彼の味覚はかなり信頼できるので興味はあったのですが、駅弁自体に惹かれないし、品川から新幹線に乗ることもめったにないし、食べる機会はないかな、と記憶の片隅に追いやられていたのです。

でも、東京駅でも買えるんですね、貝づくし。

ekiben5

東京駅コンコースの弁当売り場でも、ホームの売店でも入手可能でした。

参考 お弁当売店のご案内(JR東海パッセンジャーズ)

そんなわけで本日ようやく貝づくし弁当に初挑戦。
ええ、豚串とビールは前菜ですから。

まさに貝づくし!思った以上に具沢山

ekiben

じゃん。
貝は好きですが、駅弁ですからね。さほど期待せずに挑みますよ。

ekiben7

おお、まさに貝づくし、といった佇まい。
これは思っていた以上に豪華かも。

昔から海と密接な関係であった品川にちなみ、貝を主役に採用。ハマグリ、アサリ、しじみ、貝柱に加えて、今回のリニューアルでは新たに焼きホタテが仲間入りしました。茶飯の上に、五種類の貝をたっぷりと敷き詰めた、豪快さの中に深い味わいの貝めしです。

貝がたっぷりのったご飯部分と脇に添えられたおかずで構成されています。内容は

  • 煮物(筍金平、椎茸、人参、蕗)
  • 玉子焼き
  • 青菜広島菜
  • 白胡麻
  • 茶飯
  • 刻み海苔
  • 青海苔
  • 錦糸玉子
  • はまぐり
  • ほたて
  • 小柱煮
  • グリーンピース
  • しじみ山椒煮
  • あさり浅炊き
  • 紅生姜

と、かなり具沢山。これで654kcalってなんだか優秀な気がします。
ってビールと豚串も食べてるけど。

しっかり味に炊いた貝、ときたら、やっぱり日本酒ですよね。えへへ。

ekiben6

売店でカップ酒買ったら、東京駅開業100周年記念ラベルでした。
ところで駅売店って熱燗は売ってないよね。あったらいいのになあ。管理が難しいか。

 

品川名物貝づくしは恐ろしい駅弁だった

ekiben8

あー、この甘辛いしっかりとした味付け。東京っぽいよねえ。蜆の山椒がよく効いていてこりゃいいわ。ホタテのヒモ部分の歯ごたえがなんとも嬉しい。貝部分だけで呑めちゃうなあ、こうなるとご飯食べるタイミングが難しいねえ。お、青海苔と錦糸卵は茶飯と貝類の橋渡し役を十二分に演じているな。グリンピースと紅生姜も色合いを添えているだけじゃなくていいアクセントになっている…。

などとぶつくさ考えながら食べ初めてハっとする私。

ekiben4

まだ1/10しか食べ進んでないのに、酒半分空いてた。

…恐るべし酒泥棒、貝づくし!

そういや件の兄さんもこの貝づくしをアテについつい車内で呑み過ぎた挙句寝過ごしたことが一度や二度ではない、と豪語していたっけ。
わかる、わかりますその気持ち。
車内販売が回ってこなかったことは私にとってはラッキーでした。
怖い怖い。

と、駅弁1つにどんだけ長く語るんだってハナシですが、今まで駅弁馬鹿にしてました、ごめんなさい、ということで。どんな駅弁でも好みに合うかと言えばそんなことないだろうけど、こういう「呑める」系の弁当はなかなか侮れないのだなと貝づくしで悟った次第です。

もちろん、普通にお茶と一緒でも美味しいとは思いますが、車内呑みがお好きな方には特におすすめのこの貝づくし、ぜひお試し下さい。ただし呑み過ぎには十分ご注意を。もしも乗り過ごしたとしても、当方は責任を負いかねます。ふふふ。

関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

 




関連記事

家飲みの献立

家飲み献立 白菜と豚肉の重ね蒸し、焼き野菜サラダ。

家飲みについて言及し始めたということは2016年も通常営業が始まった、ということです。

記事を読む

一人晩酌レシピ 9/11 蕪と豚のしょうが炒め、三つ葉のごまポン酢和え。

毎日家で食べている割に、我が家は調味料があんまり揃っていません。 というか、何しろ料理

記事を読む

野菜だけのスープ献立

野菜だけのスープ、かぼちゃのサラダとワインで家飲み。

ワインにしようかなあ。 今あるのは赤と泡だから、はて、何を作ろうか...。 などと考えてワイン

記事を読む

家飲み献立 12/17 白菜と春雨のうま煮、トマトのナムル。

1時間ほどサーバーが落ちていました。 アクセスして下さった方にはご迷惑をおかけして申し

記事を読む

ひとりぜいたく晩酌帖

自著が絶版になります。

口頭ではすでに説明を受けていたのだけれど、正式な書面が届いたのは昨日のこと。 が、今確

記事を読む

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

先月バンコクからフィリピンへのフライトの際にマニラ空港で8時間のトランジットがありました。

記事を読む

えびとほうれん草のスープ ベトナムなます グリーンサラダ 手羽先のニョクマムつけ焼き

手羽先のニョクマムつけ焼き、グリーンサラダ献立。

自分土産を有効活用したく、しばらくは積極的に新参調味料を使った家飲み献立を展開する予定です。

記事を読む

セロリと豆腐の炒めもの

セロリと豆腐の炒めもの、きのこと三つ葉のおひたし献立。

イメージとしては、塩味の麻婆豆腐。 ひき肉と豆腐を辛く味付けした、というだけで麻婆さ

記事を読む

油揚げのふきみそチーズ焼き

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、豆腐と小松菜のすまし汁。

料理に自信ない人ってなんでもかんでもチーズかけたがりますよね、あれなんなんでしょうね?

記事を読む

笑い転げながらワインを学ぶ。「黄金の丘で君と転げまわりたいのだ」

いやー、笑った。 笑いました。 先日読み始めたワイン本、黄金の丘で君と転げまわり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

会社員も副業、複業、2020。

働き方の分野が特に変化している、と書きました。今年後半の運勢

手湿疹ケア1ヶ月
手指消毒で手がツラい。

ひどい手湿疹が再発してしまい、うなだれています。薄れゆく記憶

さよならマエストロ。

エンニオ・モリコーネが亡くなった。91歳だった。なんだかんだ

価格大暴落にうろたえてメルカリ。

今更ですが、先日メルカリデビューしてみました。大昔はオークシ

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

→もっと見る

PAGE TOP ↑