サンミゲル市場とバル・メソン巡り、チュロスにホットチョコレート マドリードで食べたもの。

公開日: : 最終更新日:2020/05/18 旅人への道, 食べること

madrid8

スペイン旅行の記録です。

関連 スペインの旅2015

マドリード名物とか人気のレストランリサーチなんて作業を一切せずに終了したマドリード滞在。

ただただ気の向くままに街を散策して、お腹が空いたら目に付いた店にふらっと入ってワインをオーダーする。
バルセロナと同じくそんなスタイルで楽しんだ旅でした。

一人旅にも最適のサンミゲル市場

サンミゲル市場

気軽にちょこっとつまんでワインを飲みたいけど、一人でバルやレストランに入るのは抵抗あるなあ。という一人旅の人にも持ってこいの食事場所がSol駅とOpera駅の間くらいにあるサンミゲル市場。

Mercado de San Miguel_3

もともとは古い市場だったのがおしゃれなフードコート形式にリニューアルされた、と聞いて本気の市場好きとしてはあまり期待していなかったのだけど、実際行ってみればまあ活気のあること。

Mercado de San Miguel_7

シーフードマリネ

海老やムール貝がこれでもか!と入ったマリネ。
隣ではムール貝を山盛り蒸した料理を1人1皿ずつ食べているカップルがいました。ムール貝を蜆みたいにほいほい食べてる人初めて見たわ。

Mercado de San Miguel_9

牡蠣の専門店も。大きさや種類によって値段が違います。端にちらっと写っているのはコキール的な料理。

spainfood18

あまりに旨くて2日連続で食べちゃった。1日目は2ユーロ、2日目は3ユーロの牡蠣にグレードアップ。

コロッケ

これもスペイン滞在中にかなりお世話になった気がするコロッケ。小さくてカラッとしてるからちょっとつまむのにいいんですよね。私は白ワイン、友人はサングリアで乾杯。

spainfood39

オリーブのおつまみ。奥の皿はスパニッシュオムレツ。おお、こうしてまとめて見るとなんだかんだとよく食べてるなあ。

Mercado de San Miguel_10

Mercado de San Miguel_11

こりゃ楽しいわ。
フードもドリンクもいろんなお店で買ってきたものをひとつのテーブルで食べられるからいろいろつまめて便利。ソフトドリンクやコーヒー、スイーツ類も結構充実しているので酒飲みじゃなくとももちろん大丈夫です。

サンミゲル市場
Mercado de San Miguel、28005 Madrid、

市場付近のバル・メソン街でハシゴ酒

madrid11

サンミゲル市場周辺はバルやメソンと呼ばれる小さな居酒屋が密集しているので食べるのに困ることはありません。

いわゆる「観光客向け」の店が多いですが、酷い料理が出てくることもなければ法外な値段もふっかけられることもなく、観光客の隣のテーブルでは地元民の忘年会らしき会合が行われていたりしてなかなか混沌としていました。

しかしアレですね。この寒いのにみんな外でビール飲んでるのはなぜでしょうね。

Meson del boqueronから始まったPimiento de Padrón祭

Meson del boqueron

「日本語のメニューあります、安くておいしいです、来てください!ありがとう!」

既にいい感じで出来上がっていたのでノリで入ったMeson del boqueron。店内はかなり古めかしい作りで思いの外いいお店でした。

ちょいちょい日本語を挟んでくる店主にどこで日本語覚えたの?と聞くと

「日本語が喋れるわけじゃなくて、メニューを日本語で言えるように練習しただけだよ」

とのこと。なるほどねえ、ちなみに店主はポルトガルの方でした。

Pementos de Padrón

店主のおすすめでオーダーしたのがししとうの素揚げピミエント・デ・パドロン(Pimiento de Padrón)。
この出会いが以降私たちの食卓に変化をもたらしたのです。

Meson del Champinonで大ぶりマッシュルーム

spainfood14

こちらも同じエリアにある小さな店Meson del Champinon。名前の通り、にんにくのきいた熱々のマッシュルームがいただけます。

Meson del Champinon

ちょこっと酸味も加えた大ぶりなマッシュルームはいいおつまみ。

spainfood17

私たちが入った時にはこちらのおじさまの生演奏があり、側の席に座っていたスペイン人団体さんが大合唱してました。

ここでは日本人や韓国人を見かけたのだけど、後々友人が持っていたガイドブックを見てみたら掲載されてた。そりゃ観光客も多いわね。

ししとうの素揚げ

そしてまたここでもししとうを頼む。
いや、これね、ワイン飲みながらちょこっとつまむのにすごくいいんですよ。揚げてる、と言ってもオリーブオイルでカラッとしてるし味付けは塩のみというシンプルさだし、たくさん食べても胃にもたれないしね。

Rincónで大胆に肉を頬張る

rincon

最終日、同じくサンミゲル市場近くでAVEでバルセロナに戻る前のランチに入ったメソン、Rincón。

spainfood20

まずはビール。オランダビールですな。
スペインに来てからおつまみ的な料理をちょこちょこつまみながらワイン、ばっかりだったからどかんと肉でも食べようか、と相談。

spainfood25

牛、豚、羊、なんでもあるみたいだけど、無難にチキンで勝負。

spainfood22

チキンステーキどーん。味付けは塩胡椒にレモンのみ。雑〜。ちゃんと旨いけども。

spainfood23

サラダも雑〜。そしてここでもまたししとうを食べる。

雑、とか言ってますがそれはそれで受け入れますよ。こねくりまわした雑さは嫌だけど、シンプルならばOK。

spainfood24

旅の最後に楽しかったマドリードの時間を想いながらカヴァ・デ・サンミゲルを眺める。ぼんやりワインを傾けるには丁度いい時間でした。

ホテル近くのDoña Juanaでゆっくりランチ

Cerveceria Restaurante Doña Juana SLL

さてこちらは昼食時に立ち寄ったDoña Juana。宿泊したホテルのそばですね。

関連 マドリードのおすすめホテル 安全・便利でキッチンつき。

まあ毎食飲んでるんで昼も夜も関係ないんですが。すぐ横にはValorのショコラティエがあります。

Doña Juana

がっつり飲み食いしているグループもいれば、一人で静かにスープとパンを楽しむおばあさんもいて、かなり自由な雰囲気。

spainfood8

そういや食べてなかったね、ということで

spainfood11

海老のアヒージョをオーダー。
料理自体は至って普通ですが、ここで出たチャバタっぽいパンが妙に旨くて好みでした。このオイルとパンでどんどん呑めるよねえ。

spainfood12

spainfood13

また出た!
こうして比べてみるとここのは少々揚げすぎかしら。

Los Artesanos 1902でチュロスとホットチョコレート

Los Artesanos_5

前を通りかかって気になっていたチュレリア、Los Artesanos 1902。

Los Artesanos_6

夜は混雑している模様だったので朝ごはんの時間帯に行ってみよう、ということに。調べてみると朝7時から営業しているので朝ごはんとしてもおやつとしても夜食としても飲んだ後の〆としても活用されているのかしら。

spainfood3

チュロス専門店というわけではなく普通のレストランのようですが、大半の客はチュロスとホットチョコレートをオーダーしています。こちらは入店時に入り口のレジでオーダーと会計を済ませてから席で待つスタイル。

spainfood

外から見てる時はみんなチュロス食べすぎィ!と思ってたけど、チュロス4つとホットチョコレートのセット(4ユーロ)がベーシックメニューの模様。2人分でも一皿に盛ったら結構なボリュームですね。

さてこのチュロス。揚げたてカリッカリで、甘くない。甘くないどころか、塩っぱい。塩味!

spainfood2

そうか、だからこの濃厚なホットチョコレートをつけて食べるって算段なのですね。

spainfood4

たっぷりとね。

これ、塩味っていうのが憎いところですね。甘いチュロスだったら絶対無理だけど、塩味と甘みの悪魔のバランスですいすい食べられてしまう。と言ってもホットチョコレートの甘さと濃さは半端ないのでそのまま飲む感じではありませんが。

結局友人は3つでギブアップしましたが私は完食。嫌いじゃないのよねえ、甘いのと塩っぱいのの組み合わせ。

朝ごはんにぴったり、とは言えないけれどおやつにはなかなか魅力的。呑んだ後に甘いものが欲しくなるタイプの私は酒の〆としてチュロスを使う気持ち、わからなくもない。いや、本当にそんなことする人がいるのかどうか知らないけど。

Los Artesanos 1902
Calle San Martín, 2、28013 Madrid

以上、今回マドリードで食べたものをざざーっとまとめてみました。
どう考えてもししとうにまみれ過ぎ。なんとなく新しい扉を開けてしまった気持ちでいっぱいです。

 




関連記事

蕪の煮物 献立

秋の家飲み献立 蕪の煮物、塩昆布奴。

なんだか淡白すぎてタイトルを見ても全然そそらない品書きですが。 依然蕪祭り開催中です。

記事を読む

蒸し鶏のねぎソース

蒸し鶏のねぎソース、蒸し白菜おろし和え献立。

古より受け継がれし論争といえば、一人暮らしで自炊をする意味があるのか問題。 十数年前ま

記事を読む

春キャベツと肉団子のスープ煮

春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

人間は、長くて短い生涯でいくつの団子を練るのでしょうか。 人間は、などと無駄に主語を大

記事を読む

鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立。

水菜がある、鶏もも肉も余っている。となると自動的にこのメニューかしら。 毎度おなじみ肉

記事を読む

千切りにんじんの塩炒め

千切りにんじんの塩炒め、ゆでとうきびで晩酌。

訳あって残りもの余りもの総動員の晩酌献立。 とうもろこしをかじった瞬間、ああしまった、

記事を読む

あみエビのだし巻き

あみエビと三つ葉のだし巻き、にら納豆献立。

あみエビ連投する中で、せっかくだから卵は焼いておこうかなと思っておりました。 景気良く

記事を読む

きつね納豆

きつね納豆、みつばときのこのおひたし献立。

ねえねえ、買って!これ買って! 頬が赤い愛くるしい女児(推定4歳)が母親のコートの袖口

記事を読む

鶏もも肉のパリパリ焼き献立

鶏もも肉のパリパリ焼き、ほうれん草ときのこのゆずびたし献立。

鶏肉の皮って美味しいけどちょっと避けたいパーツでもあります。 茹でた時の皮ってぶるんと

記事を読む

神戸で酒を呑むならば。

話が前後しますが今回の神戸滞在で食べたものなどを。 生まれ育った場所・神戸の飲食店にさ

記事を読む

鶏豆腐 レシピ

鶏豆腐、セロリ卵の家飲み献立。

今朝は朝から税務署に行ってきました。 いやー、真っ最中ですからね、かなりの混雑。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

40代一人暮らしの晩御飯
40代一人暮らし、質素で豪華な普段の姿。

しつこいですが、平日禁酒中です。十味敗毒湯で「美鼻」を目指す

私なんて信用されなくて当たり前。

故郷ではしゃぎ倒したゴールデンウィークももはや遠い昔に思える

野菜たっぷり餃子とビール
餃子と漬ものとビールは、幸せの完成形。

平日の酒断ち継続中の今、過去の晩酌写真がいつもより魅力的に見

ミニマリスト主婦と、幸せを演じるということ。

みんな大好き、ミニマリスト主婦の定例ご報告です。ミニマリスト

豚肉とにんじんの塩焼き献立
にんじんと豚肉の塩焼き、かぶの梅和え献立。

平日禁酒週間を地味に継続。からの、GWを言い訳に無礼講中です

→もっと見る

PAGE TOP ↑