ヤムウンセン、ピーマン入りカイチアオ献立。

公開日: : 最終更新日:2016/09/23 家飯, 食べること

カイチアオ

今夜はビールで通しましょう。

そう決めた夜の献立はタイ料理。

最近ビール→日本酒のパターンが多いので、変にエスニック系メニューを投入すると途中で混乱してしまうのです。

よって、たまには潔くビールに寄せた晩酌メニューなど。

ヤムウンセンで家飲み

ヤムウンセン 献立

  • 糠漬け
  • ピーマン入りカイチアオ
  • ヤムウンセン

ピーマン入りカイチアオ

カイチアオ

タイ風オムレツ、カイチアオ。
荒く刻んだピーマンと豚挽き肉を溶き卵と合わせて塩、胡椒、ナンプラーで味付け。多めの油をひいたフライパンで揚げるように焼き付けます。私はこのままいきますが、ケチャップやスイートチリソースをつけるのもまたよし。

ヤムウンセン

ヤムウンセン

山盛りのタイ風春雨サラダ。
ナンプラー、レモン汁、刻んだ唐辛子を合わせてタレを作っておきます。格子状に切れ目を入れたイカ、豚挽き肉、にんじん、きくらげを酒を入れた湯で順番に茹で、最後に素材の旨みが溶け出した茹で汁で戻しておいた春雨を茹でます。仕上げに茹で汁を少々残した鍋で茹で上がった具材と葱、セロリを合わせ、タレであえたら完成。

後は少々長時間漬かっていた大根を糠床からサルベージ。糠漬けはもはやどんなメニューにでも無理やり引っ張り出される存在となってしまいました。

いやあ、ビールが旨い!

ヤムウンセンは何回も作っているけど、今回が自分史上最高の出来上がりとなりました。

ヤムウンセンを作るにあたって毎回悩んでいたのが「甘み」のバランス。タイ料理は甘味、辛味、酸味のバランスが重要、と刷り込まれていたので、ガツンと甘さをきかせるべきなのか、しかしあまり甘い味が好きではない自分仕様にもチャレンジしたい、と試行錯誤していました。
今回は思い切って甘味を排除。ナンプラーとレモン汁1:1のタレに唐辛子たっぷり目、という少々思い切った行動に出てみたところ、これが当たり。
さらには

  • 春雨を水で戻してから茹でる
  • 最後に具材を和える時にボールではなく煮汁を残した鍋を使う

という2つの改良点により好みの仕上がりが実現。

よし、今後はもうこれで行くぞ!と、という満足のいく味に到達できたのでした。とはいえ、万人受けするかどうかはわかりません。単なる酒飲み仕様かも。

///

茹でて和えるだけ、の料理なので簡単といえば簡単なのだけど、そういうシンプルな料理ほど奥深いもの。1度や2度作ったところではなかなかベストな状態には辿り着けないのです。

毎回毎回珍しい料理をあれこれ作るのもいいけど、好きなメニューに繰り返しチャレンジすることで見えてくる景色もあるのだなあとしみじみ思うのであります。

 




関連記事

春雨レシピ 11/2 エスニックな鶏春雨スープ。

連休中日。 あれ?今夜は少し暑くないですか? 「暑い」っていうのは言いすぎかもし

記事を読む

豚しゃぶと菜の花の胡麻和え

家飲みメニュー 豚しゃぶと菜の花の胡麻和え、蕪の梅昆布サラダ。

蕪は魅力的だけれど難しい野菜。 きれいな葉付きの大根にはあまりお目にかかれないけれど、

記事を読む

豚の梅しそ蒸し献立

豚肉の梅しそ蒸し、蕪と揚げの味噌汁献立。

これは大葉が余るかもしれない。 家を空ける時点で食材をきれいさっぱり使い切らないと気が

記事を読む

元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

神戸は中華料理のレベルが相対的に高いと感じますが、独特の餃子文化もあります。 それは「

記事を読む

焼きまいたけ献立

焼き舞茸、干しあみエビと白菜の煮もの。

昨秋は突然えのきブームが到来したり、旅行明けにはきのこスープでせっせとリセットしたり。

記事を読む

塩豚とキャベツの蒸し煮

家飲み献立 2/28 塩豚とキャベツの蒸し煮、出し巻き卵。

今日スーパーに行く道すがら、衝撃シーンに遭遇しました。 それは70代と思しき男性が自転

記事を読む

いわしの梅蒲焼献立

いわしの梅蒲焼、おつまみ奴献立。

駅を出て、帰り道とは逆側にある店に足を伸ばず余裕がある日は、絶対にいわし。 そう、次に

記事を読む

白ワインで家飲み 豚もも肉のソテーフレッシュトマトソース。

以前から週末はワインに合わせた料理になることがなぜか多かった我が家。 ここ暫くは月曜日

記事を読む

鯖と新玉ねぎのサラダ

さば水煮缶と新玉ねぎのサラダ、セロリのおひたし献立。

新玉ねぎが並び始めましたね。 日の出時間が早まったり、上着を変えたくなったり、花の香り

記事を読む

鯖缶と玉ねぎのサラダ レシピ

塩豚と大根のスープ煮、鯖缶と玉ねぎのサラダ。

ここ数日柑橘熱が高まって食後にぽんかんやらいよかんやらを食べています。 が。 外

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

ミニマルライフや、おしゃれよりも。

奥さん、8月です。ひどい、ひどいじゃないですか。暖かくなった

ナチュラル志向とは無関係に、サプリを摂らない。

「4年ぶり・アンカウンタブ登板」の皮膚科受診から、2週間が経

→もっと見る

PAGE TOP ↑