蒸し鶏の香味黒酢ソース、かぶの和サラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

蒸し鶏の香味黒酢ソース

蒸し鶏にねぎのタレを合わせる。これは毎度おなじみのパターンです。

蒸し鶏のねぎソース、たたききゅうりのにんにく風味献立。

本日はいつものタレよりもう少しパンチと酸味が欲しくなり、酢と唐辛子を動員しました。

酸味と刺激を求める。これは、夏の仕業でしょうか。それともビールの誘い水でしょうか。




蒸し鶏の香味黒酢ソース、かぶの和サラダで家飲み

蒸し鶏の香味黒酢ソース

  • 小松菜のスープ
  • ぬか漬け
  • かぶの和サラダ
  • 蒸し鶏の香味黒酢ソース

小松菜のスープ

小松菜のスープ

蒸し鶏のゆで汁で小松菜を軽く煮たスープ。胡椒とごま油で調味してさらしねぎをオン。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはセロリ、にんじん、新玉ねぎの3種盛り。

かぶの和サラダ

かぶの和サラダ

薄切りにしたかぶとさっとゆでて刻んだかぶの葉を塩昆布、鰹節、レモン汁で。

蒸し鶏の香味黒酢ソース

蒸し鶏の香味黒酢ソース

酒をたっぷり入れた湯を沸騰させた鍋に塩をすり込んだ鶏むね肉を入れ、蓋をして火を止めます。鍋が冷めるまでそのまま放置。
みじん切りの白ねぎ、しょうが、にんにくのしょうゆ漬け、唐辛子、ごま、しょうゆ、ごま油、黒酢をあわせてタレを作り、薄くスライスした蒸し鶏にたっぷりのせます。

黒酢はやや甘みがあるので酒のつまみにはこれだけでいいですが、砂糖を加えればご飯のおかずにもなるかも。この手のタレは蒸し鶏じゃなくて唐揚げにも合いますね、油淋鶏風に。まあ私などは既に揚げよりゆでが落ち着く胃腸コンディションなのでね。

いずれにせよガツンと主張の強い味付けには、無条件でビールが欲しくなりますな。

ビールのおつまみ

メインがなんであれ、酒がなんであれ顔色ひとつ変えずに毎日登場してくるつまみ、それはぬか漬け。

美容と健康のために毎日発酵食を食べるべし、などと考えているわけではなく、単に好きなだけです。ぬか床稼働時期には常になんかしら漬かってるし。

ぬか床を1ヶ月間放置した結果。

今日は珍しく新玉ねぎなど漬けてみましたが、これも定番入りの予感。先日のピーマン同様、ちょこっと余った新玉ねぎをぬか床に放り込めるという新たな安心感を手に入れました。手に入れたところで、新玉ねぎのシーズンも終了なんですけどね。ありがとう新玉ねぎ、また会う日まで。

 






関連記事

180209_ienomi_3

たらとじゃがいもの白ワイン煮、キャロットラペ。

毎度同じ話ばかりして恐縮ですが、倶楽部方式愛好家なのです。 関連 一番好きな倶楽部方式

記事を読む

トマト卵とじうどん

抜歯で休肝日ご飯 トマト卵とじうどん。

書く順番がやや前後しておりますが、休肝日献立シリーズです。 関連 食べない生活 お腹ぶ

記事を読む

141106d

材料2つの鍋料理 11/6 キャベツと豚肉の鍋。

スーパーの品揃えもすっかり衣替え。そろそろ葉物が充実してきましたね。 寒いのはめっぽう

記事を読む

140913d

家飲み献立 9/13 さんまのアヒージョと白ワイン。

失敗ナシ、さんまのアヒージョの簡単レシピです。 今夜は秋刀魚だ!と朝から決めていた本日

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

じゃがいものカルボナーラ、ピミエント・デ・パドロンで白ワイン。

一人暮らしで手軽に食事を済ませたい時の筆頭メニューはパスタ。 パスタ、なんですが。

記事を読む

By: Katja Wagner

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

一人暮らしの料理について、以前調味料に関する「最低限の調味料8つ!これだけあれば十分自炊でき

記事を読む

蒸ししゃぶ献立

蒸ししゃぶ、焼き甘長献立。

引越しして以前より調理環境が良くなりました。冷蔵庫も大きくなったので、冷凍だってできちゃうん

記事を読む

thaisoup

パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

食の好みは年齢とともに変わるけれど、中には一向に食べられるようになる気配が訪れないものがあり

記事を読む

豚肉とわかめの卵炒め 献立

豚肉とわかめの卵炒め、白菜と春雨のスープ。

寒い...。 確実に日が長くなっているのに、寒い。やれやれ、もうしばらくこの寒さに耐え

記事を読む

さつまいものグラタンで赤ワイン

さつまいもときのこのグラタン、キャベツの温サラダで赤ワイン

グラタンが恋しい季節がやってまいりました。 近頃はめっきり日本酒贔屓なこともあり、普段

記事を読む

Comment

  1. にょこチャイマサ より:

    こんばんは。

    こちらのブログでカンガを知り購入して一年近く経ちました。その際に一度メール送らせてもらいました。カンガは日常生活では派手かなと思いましたが、意外と馴染み何かと重宝しています。
    さて、クリスピーさんはシェアハウスにお住まいで、日々の料理も30分くらいで済ませている、とのことですが、良ければ料理を作った手順も記載してもらえると嬉しいです。
    私は現在子育て中で、料理は必須ですが、他の家事もあるのでなるべく短時間で済ませたいのです。料理に対して苦手意識があり、そのくせ効率良く作りたいとも思ってしまい、頭がこんがらがることが多いです。
    クリスピーさんは、おつまみにもなる野菜たっぷりのメニューを何品も手早く作っているので、尊敬しています。
    毎回でなくともたまに手順というか、何かを作りながらこの作業もした、等の手引も載せてもらえると嬉しいです!
    これからもブログを楽しみにしています!

    • crispy-life より:

      にょこチャイマサさん

      カンガ使いこなしておられるとのこと、何よりです。あのサイズの布って意外に利用頻度高めですよね。

      さて、ご質問の件。
      新居に越してからは以前のように急いで食事の準備をする必要もなくなったのですが、調理時間はなぜか短くなる一方です。食べるのが好きなので日々一応自炊をしてはいるものの、私も特に料理が好きとか得意なほうではなく、要領も悪いほうなので、混乱するその感じ、とてもよくわかります。ご家族のための食事の支度、そしてお子さんもいらっしゃるとなれば、調理時間はできるだけ短縮したいですよね。

      私が短い時間で数品準備できるのは包丁捌きが華麗だからでも作業効率がいいからでもなく、ただただ簡単なものしか作っていないからではありますが、そういや最近手順について書いてなかったなあとコメントいただいて気付きました。和献立は汁もの+漬もの+小鉢+メインというパターンでほぼ固定されてきているので、知らず知らずのうちに出来上がった調理手順みたいなものもあるかもしれません。普段無意識ですが、一度意識して書いてみたいと思います。今しばらくお待ちくださいませ。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑