スーツケース1つで暮らす実験。

公開日: : 最終更新日:2017/01/27 ミニマルライフ, 旅人への道, 生き方と考え方

domi

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。

正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ、ラップトップなどもありますが、スーツケースの中身はぎっしり詰まっているわけでもなく、中身はお土産がほとんどという状態。

参考 お土産は、たとえ記憶に残らなくても。

よって、自分の持ち物自体はほんの少し。まあ、暖かい国だから簡単に実現できることではあります。
もちろん帰宅すれば部屋には自分の荷物が待っているわけですが、この旅はちょっとした実験を兼ねているのです。

モノを減らす意味と目的

持ち物を減らす目的は人それぞれだと思いますが、私の場合はきっかけがいくつかありました。

参考 典型的な「片付けられない子」がミニマリストに変化した5つの理由

今の暮らしは40を過ぎてからの海外生活の経験が大いに影響していると思います。

40代というすっかり落ち着いているはずの年齢になってから全てをリセットした経験を経て、改めて感じたのは十分な気力と体力があるうちはモノや時間や場所に縛られることなく生きていたい、ということ。

帰国してからの1年間はただこれだけを考えて過ごしていたといっても過言ではありません。このブログを始めたのも自分がどうありたいかを書くことによって探るためです。

参考 ブログを書く目的を改めて考えた、ひとつの質問。

完全帰国してから大幅にモノを減らし、住処も仕事の仕方も変え、これから自分がどう生きていくべきか、日々をブログに綴りつつ中長期的に人生についてあれこれシミュレーションし続けてきました。

でも、考えているだけじゃはっきりとした答えなんていつまでたっても降ってこないんですよね。

とりあえず、動きながら考えよう

もともとモノに対する執着心は薄いほうだったので「減らす」というアクションを起こすことは比較的容易でした。でも、モノを減らすこと自体が目的ではありません。

「いつでも移動できるように、身軽でいたい」

そう思いながらもなかなか行動しない自分自身に徐々に疑問を抱きはじめた私。

あれこれ考えて動けなくなっているのか、それとももう動きたくないのか。

そんな風に考えている時にいろんな偶然が重なったこともあり、思い切ってこのタイミングで長期の旅に出ることにしたのです。

よって素敵なホテルステイのゴージャスなバカンスでもなく、もちろん甘酸っぱい自分探しの旅でもなく、異国でただただ平凡に暮らすという妙な旅。転々とはしますが、基本的には平常運転で仕事をして、食事をして、会いたい人に会う。
それだけです。

せっかくの海外旅行なのに勿体無い!
と思われるかもしれませんが、いつもこんな感じなんですよ。はっはっは。

参考 一人旅の正しいお作法。

スーツケース1つだけをお供に転々とする生活を再び実践してみたら、果たしてどう感じるのか。定住志向が希薄なので家を買うようなことは今後もないとは思うけれど、もうそろそろどこかに落ち着きたい、確固たる居場所が欲しい、なんて感じるのだろうか。

それとも、もっと持ち物を少なくして、やっぱり動き続けたいと感じる?

モノを持たずに身軽に暮らす

少し落ち着いた生活をしたこの1年を経て、自分の気持ちを改めて試してみたくなりました。ただ考え続けているのと実際に行動してみるのとでは、全然違いますからね。

そんなわけでやや大掛かりな「実験」となった今回の旅。
帰国した暁には、自分の心境に何か変化はあるのでしょうか。

 




関連記事

人生の停滞感が半端ない。

By: Conal Gallagher[/caption] どうにも落ち着きがないもので、自

記事を読む

続・2015年の運勢を占う。

By: Team Dalog[/caption] おっと、年末の挨拶を済ませたのにまた出てき

記事を読む

引っ越しから10年以上そのまま放置していたダンボールを開封する。

By: Osamu Kaneko[/caption] 先日家族総出で実家の片づけをしました。

記事を読む

ちょっと切ない女性向け資産運用セミナーに参加した。

先日、資産運用セミナーに参加しました。 待って。 またかよ、とかそこ言わないで。

記事を読む

シンプルコーディネイトに大活躍のアイテムを手放す。

白シャツやデニム、黒パンツ、ボーダーTなど、誰しもがそれぞれ自分なりの 「定番」

記事を読む

男性、女性 下着の平均所有枚数は?

By: Jean-Pierre Dalbéra[/caption] なんだかしょっちゅう下着を捨

記事を読む

台湾一周一人旅 鐵道芸術村に太麻里の海。台東の街歩き。

台湾一周一人旅、6都市目の台東に到着しました。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

記事を読む

豚汁定食

休肝日ごはん 豚汁定食。

今週は、抜く。久しぶりにそう決めました。 あったらうれしい、の範囲をとうに飛び越えて、

記事を読む

馬鹿とはお茶できない。

茶飲み友達。 文字通り、お茶など飲みながら会話を楽しむ友達のことで、主に老人同士の友人

記事を読む

苦しみながら捨てても意味がない。

使わないものはさほど躊躇せずに捨てるタイプではありますが、時々全く使っていないのにも関わらず

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

40代一人暮らしの晩御飯
40代一人暮らし、質素で豪華な普段の姿。

しつこいですが、平日禁酒中です。十味敗毒湯で「美鼻」を目指す

私なんて信用されなくて当たり前。

故郷ではしゃぎ倒したゴールデンウィークももはや遠い昔に思える

野菜たっぷり餃子とビール
餃子と漬ものとビールは、幸せの完成形。

平日の酒断ち継続中の今、過去の晩酌写真がいつもより魅力的に見

ミニマリスト主婦と、幸せを演じるということ。

みんな大好き、ミニマリスト主婦の定例ご報告です。ミニマリスト

豚肉とにんじんの塩焼き献立
にんじんと豚肉の塩焼き、かぶの梅和え献立。

平日禁酒週間を地味に継続。からの、GWを言い訳に無礼講中です

→もっと見る

PAGE TOP ↑