スーツケース1つで暮らす実験。

公開日: : 最終更新日:2017/01/27 ミニマルライフ, 旅人への道, 生き方と考え方

domi

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。

正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ、ラップトップなどもありますが、スーツケースの中身はぎっしり詰まっているわけでもなく、中身はお土産がほとんどという状態。

参考 お土産は、たとえ記憶に残らなくても。

よって、自分の持ち物自体はほんの少し。まあ、暖かい国だから簡単に実現できることではあります。
もちろん帰宅すれば部屋には自分の荷物が待っているわけですが、この旅はちょっとした実験を兼ねているのです。

モノを減らす意味と目的

持ち物を減らす目的は人それぞれだと思いますが、私の場合はきっかけがいくつかありました。

参考 典型的な「片付けられない子」がミニマリストに変化した5つの理由

今の暮らしは40を過ぎてからの海外生活の経験が大いに影響していると思います。

40代というすっかり落ち着いているはずの年齢になってから全てをリセットした経験を経て、改めて感じたのは十分な気力と体力があるうちはモノや時間や場所に縛られることなく生きていたい、ということ。

帰国してからの1年間はただこれだけを考えて過ごしていたといっても過言ではありません。このブログを始めたのも自分がどうありたいかを書くことによって探るためです。

参考 ブログを書く目的を改めて考えた、ひとつの質問。

完全帰国してから大幅にモノを減らし、住処も仕事の仕方も変え、これから自分がどう生きていくべきか、日々をブログに綴りつつ中長期的に人生についてあれこれシミュレーションし続けてきました。

でも、考えているだけじゃはっきりとした答えなんていつまでたっても降ってこないんですよね。

とりあえず、動きながら考えよう

もともとモノに対する執着心は薄いほうだったので「減らす」というアクションを起こすことは比較的容易でした。でも、モノを減らすこと自体が目的ではありません。

「いつでも移動できるように、身軽でいたい」

そう思いながらもなかなか行動しない自分自身に徐々に疑問を抱きはじめた私。

あれこれ考えて動けなくなっているのか、それとももう動きたくないのか。

そんな風に考えている時にいろんな偶然が重なったこともあり、思い切ってこのタイミングで長期の旅に出ることにしたのです。

よって素敵なホテルステイのゴージャスなバカンスでもなく、もちろん甘酸っぱい自分探しの旅でもなく、異国でただただ平凡に暮らすという妙な旅。転々とはしますが、基本的には平常運転で仕事をして、食事をして、会いたい人に会う。
それだけです。

せっかくの海外旅行なのに勿体無い!
と思われるかもしれませんが、いつもこんな感じなんですよ。はっはっは。

参考 一人旅の正しいお作法。

スーツケース1つだけをお供に転々とする生活を再び実践してみたら、果たしてどう感じるのか。定住志向が希薄なので家を買うようなことは今後もないとは思うけれど、もうそろそろどこかに落ち着きたい、確固たる居場所が欲しい、なんて感じるのだろうか。

それとも、もっと持ち物を少なくして、やっぱり動き続けたいと感じる?

モノを持たずに身軽に暮らす

少し落ち着いた生活をしたこの1年を経て、自分の気持ちを改めて試してみたくなりました。ただ考え続けているのと実際に行動してみるのとでは、全然違いますからね。

そんなわけでやや大掛かりな「実験」となった今回の旅。
帰国した暁には、自分の心境に何か変化はあるのでしょうか。

 




関連記事

簡単に見つかる副業、複業、週末起業 2020。

働き方の分野が特に変化している、と書きました。今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。働

記事を読む

生活感のない部屋を作る方法とその効果。

現在シェアハウスにてせっせと断捨離を進めているのはいつでも移動できる身軽な体制を整えたいから

記事を読む

なにもないのがいちばんぜいたく。

いっちょまえに忙しぶっていた先月末。のんびりしたい、もっとやりたい何に対してもぶつぶつと文

記事を読む

嵐のよるに。

40年以上生きていれば否が応でもいろんな経験をしてしまうもの。長く生きていればその分災害に合

記事を読む

40代ファッション迷子問題、キャラ設定も重要説。

By: Anne Worner[/caption] 妙なタイトルですが、先日書いた記事の続き

記事を読む

ミニマリストの人に飽きてしまった。

第一営業部部長とかコンサルティングチームリーダーとか、所属する会社から付与される歴としたそれ

記事を読む

都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・

記事を読む

ほうれい線のその後と変わりゆくことへのもどかしさ。

By: Ghost of Kuji[/caption] 「夜電車に乗ってると、窓に映った自分

記事を読む

なりたい自分と、現実の自分とのギャップ。

写真を撮るのが好きです。 多くの玄人はだしが存在するこの業界(?)、たいした機材も技

記事を読む

その後の毛の話、抜けても生えるありがたさ。

お盆休みも終盤戦ですし、毛の話でも回収しましょう。 毛について騒いでから早3週間が経過

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑