スーツケース1つで暮らす実験。

公開日: : 最終更新日:2017/01/27 ミニマルライフ, 旅人への道, 生き方と考え方

domi

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。

正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ、ラップトップなどもありますが、スーツケースの中身はぎっしり詰まっているわけでもなく、中身はお土産がほとんどという状態。

参考 お土産は、たとえ記憶に残らなくても。

よって、自分の持ち物自体はほんの少し。まあ、暖かい国だから簡単に実現できることではあります。
もちろん帰宅すれば部屋には自分の荷物が待っているわけですが、この旅はちょっとした実験を兼ねているのです。

モノを減らす意味と目的

持ち物を減らす目的は人それぞれだと思いますが、私の場合はきっかけがいくつかありました。

参考 典型的な「片付けられない子」がミニマリストに変化した5つの理由

今の暮らしは40を過ぎてからの海外生活の経験が大いに影響していると思います。

40代というすっかり落ち着いているはずの年齢になってから全てをリセットした経験を経て、改めて感じたのは十分な気力と体力があるうちはモノや時間や場所に縛られることなく生きていたい、ということ。

帰国してからの1年間はただこれだけを考えて過ごしていたといっても過言ではありません。このブログを始めたのも自分がどうありたいかを書くことによって探るためです。

参考 ブログを書く目的を改めて考えた、ひとつの質問。

完全帰国してから大幅にモノを減らし、住処も仕事の仕方も変え、これから自分がどう生きていくべきか、日々をブログに綴りつつ中長期的に人生についてあれこれシミュレーションし続けてきました。

でも、考えているだけじゃはっきりとした答えなんていつまでたっても降ってこないんですよね。

とりあえず、動きながら考えよう

もともとモノに対する執着心は薄いほうだったので「減らす」というアクションを起こすことは比較的容易でした。でも、モノを減らすこと自体が目的ではありません。

「いつでも移動できるように、身軽でいたい」

そう思いながらもなかなか行動しない自分自身に徐々に疑問を抱きはじめた私。

あれこれ考えて動けなくなっているのか、それとももう動きたくないのか。

そんな風に考えている時にいろんな偶然が重なったこともあり、思い切ってこのタイミングで長期の旅に出ることにしたのです。

よって素敵なホテルステイのゴージャスなバカンスでもなく、もちろん甘酸っぱい自分探しの旅でもなく、異国でただただ平凡に暮らすという妙な旅。転々とはしますが、基本的には平常運転で仕事をして、食事をして、会いたい人に会う。
それだけです。

せっかくの海外旅行なのに勿体無い!
と思われるかもしれませんが、いつもこんな感じなんですよ。はっはっは。

参考 一人旅の正しいお作法。

スーツケース1つだけをお供に転々とする生活を再び実践してみたら、果たしてどう感じるのか。定住志向が希薄なので家を買うようなことは今後もないとは思うけれど、もうそろそろどこかに落ち着きたい、確固たる居場所が欲しい、なんて感じるのだろうか。

それとも、もっと持ち物を少なくして、やっぱり動き続けたいと感じる?

モノを持たずに身軽に暮らす

少し落ち着いた生活をしたこの1年を経て、自分の気持ちを改めて試してみたくなりました。ただ考え続けているのと実際に行動してみるのとでは、全然違いますからね。

そんなわけでやや大掛かりな「実験」となった今回の旅。
帰国した暁には、自分の心境に何か変化はあるのでしょうか。

 




関連記事

今日捨てたもの 9/28 洋服にも思い出は宿る。

By: Luigi Torreggiani[/caption] あれ、捨てたんだっけどうだっ

記事を読む

孤独力に再現性はあるのか。

しばらくは距離を取っていたのですが、最近になってまたTwitterをちょろちょろと触り始めま

記事を読む

ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 深夜便を利用したおかげで、JR高松

記事を読む

旅の荷物の軽量化、どう考えても邪魔なもの。

旅、と言ってもほんの数日間なので、今回の荷物はかなり少なくまとまりました。 さて、どの

記事を読む

旅の荷物が少ないことのもうひとつの利点。

By: The Library of Virginia[/caption] 放浪癖があるので

記事を読む

行き方を他人に委ねて生きている。

一人でタクシーに乗るのがあまり好きではないので極力使わない派なのですが、行き先によってはそう

記事を読む

子供に迷惑をかけない老後、とは多分違う話。

80に手が届こうかという親が入院となるとドキリとするものではないかと思うのです。 いや

記事を読む

節約すべきはそこじゃない。

By: Dan Taylor[/caption] かなり前から買う買う詐欺状態になっていた新

記事を読む

おしゃれコンプレックス 楽しくて難しい買い物の話。

奥さん夏です、7月です。 というわけで、いつもの定例ポストです。毎月月初に捨てたものと

記事を読む

40代のニベアはありか、ナシか。

By: Justus Blümer[/caption] スキンケアを冬バージョンに変えて3ヶ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

新橋ときそば
一旦上がった生活レベルが下げられない。

人間、一旦上がってしまった生活レベルは、なかなか下げられない

サンホワイト ワセリン
「最強クラス」を1週間使用した結果。

痛恨のstrongestステロイド処方から早1週間が経過。サ

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

→もっと見る

PAGE TOP ↑