便利な口コミやレビューが買い物の邪魔をする。

公開日: : 最終更新日:2020/03/15 やりたいことほしいもの, ミニマルライフ

tsukiji150912

新たに導入したいものとか買い換えたいものがいくつかありまして。

適当なもので済ませるのはやめようと考えているもので、じっくり検討すべく先日からあれこれ検索をしておるわけですよ。

そして全然決められない。

ちゃんと考えて買いたいのと情報過多と優柔不断のトリプルパンチでなんか買い物ってつくづく大変だわとしんみりしているのです。

買い物が便利すぎるのも困りもの

大変だと感じるのは主にガジェット周りやネットショッピング系。

まず大体のアタリをつけるじゃないですか。で、検索してほほう、こういうものがあるんだなと大まかに情報収集をする。そこまでは楽しいんだけど、その後いざ取捨選択に入ると迷いに迷って出口が見えなくなるのです。

お、これいいなあ。でもなんか安いしもしかしてコピー商品だったりしたら嫌だからもう少し調べよう。おっとさらに多機能な製品も出てるじゃないか、いっそのことこっちのほうが。いやいや、いらない機能まで追い求めてたらキリないし。

とかね、やるでしょ。そこで口コミですよ。

レビューがたくさんついている商品は自分と生活スタイルや好みが似た人の意見を見つけ出せる可能性が高いのでざっと読んでみるも、最近はほとんどが仕込みやサクラだったなんてケースもしばしば。がっかりだ。あれ、マーケティング手法としてかなり間違ってると思うんですがどうなんですかね。

関連 ミニマリストのクローゼット公開、という記事が使えない理由。

多彩な品揃えと商品選びに役立つレビューや口コミ。それは楽しく便利だけれど選択肢が少なければラクだし、レビューなんてなければ読まずにエイっと決められるのにねえ、なんて思ったりもするわけです。贅沢ですね。

根っからのお買い物好きじゃない

と、買い物をするたびに毎度同じことを言っているような気がしますが。

関連 節約すべきはそこじゃない。

気のせいじゃなくて本当に言ってますね。

我が優柔不断っぷりはこの際大目に見るとして、買い物にやたらと時間がかかるのは適当なもので済ましたくないスタイルの弊害なのかもしれません。タイムイズマネー方式で考えたら、さっさと決めてエイヤで買ってしまうほうが効率いいんだし、じっくり考えて検討したからと言って必ずベストな買い物ができるとは限らないし。

などと買い物に疲れているとそもそも私は買い物という行為自体はそんなに好きじゃないんだろうなと改めて思う。

関連 少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

心底買い物が好きな人はいついかなる場合でもその迷いでさえ楽しんでいる感があるけれど、私はあれこれ迷っている時間や決められない自分にイライラするし、だからといって適当に選ぶのもイヤというまさに救いようのない青春残酷物語。買い物や散財が唯一のストレス発散、なんて人はそれはそれで経済的にも大変でしょうが、買い物が苦手ってのもなんだかスマートさに欠けるなあ。

その点アレだ、消えものや体験は気楽でいい。

何しろ失敗したところで荷物は増えないし形に残らないし、あっという間にネタとして昇華できる。そう考えているから飲み食いだの旅の予定だのは比較的ホイホイ決めちゃうんだろうな。あくまで「比較的」だけども。

ミニマリストの持たない暮らし

などと寄り道していても一向にターゲットは定まらず。やれやれ、もうちょい頑張って比較検討しますか。

 




関連記事

重視すべきは大きさよりも重さ。

長い間温存していた旅行用鞄、ようやく日の目を見る機会がやってまいりました。 関連 軽く

記事を読む

新しいアイテムに頼る秋、コーディネートを記録する効果。

久しぶりにストールを新調しました。 巻物が好きなので、ストールは同じブランドのものをも

記事を読む

パフォーマンスが著しく低下。

ラップトップの話です。 現在のラップトップはもう5年ほど使っているのですが、最近

記事を読む

実家の片付け問題とは無縁でも、次の帰省でしたいこと。

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)[/caption] 40代、50代と年齢を

記事を読む

あげたいもの、買いたいものと欲しいもの、喜ばれるものの間で。

年末はスペインで過ごした後、そのまま両親の家に向かいました。 「今スペインに来てるんだけど、

記事を読む

今日捨てたもの 11/6 いただきもの、思い出の品を捨てること。

冷蔵庫や洗濯機、ベッドといった大型のものは全てなくなった我が家。 今では自分で持ち運べ

記事を読む

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあるイ

記事を読む

旅の荷物の軽量化、どう考えても邪魔なもの。

旅、と言ってもほんの数日間なので、今回の荷物はかなり少なくまとまりました。 さて、どの

記事を読む

子供のガラクタ、おまけのおもちゃ。

いつものように日傘を右手に、図書館へ向かう。 図書館の場所はすぐ近く、でもなく、ちょっ

記事を読む

ゴミ箱はいるのかいらないのか。

ゴミ箱を使っていない家庭ってどれくらいあるのでしょうか。 家族構成や生活スタイル、住環

記事を読む

Comment

  1. ケイコ より:

    ああああ分かりすぎてツライです( ;∀;)

    形あるものは、適当なものを買ってしまうと、後で見るたびに「どうしてこんなものを」と自分を責めることになりますものね。
    ぽいぽい捨てたら良いわけでもないし。

    でも、購入を検討するのは必要に迫られてからだから、結局変なところに行き着いてしまったり(>_<)

    さらに、夫が捨てられそうな物の気持ちになりきって擁護に回ってしまい、即興で一人語り芝居までやるので、下手に物を買えません…

    • crispy-life より:

      ケイコさん

      そうなんですよねえ、適当なもので済まさないぞ!という決意が空回りする感じも多々あり、難しいなあと思うこともしばしば。できれば捨てたくはないですしねえ。

      しかしなんですかその楽しそうなご家庭エピソードは!憑依系の旦那様の即興ネタを鑑賞できるのであれば買い物の難しさも致し方なしというところですね。私もそれ、ちょっと覗いてみたいくらいです。

      いやあ、素敵なお話をありがとうございます。旦那様にくれぐれもよろしくお伝えくださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑