ブログを毎日書く理由と目的、メリットは?

公開日: : 最終更新日:2016/11/22 ブログ運営, ミニマルライフ

ここのところ毎日時間を取ってオンライン英会話でレッスンを受けています。

参考 オンライン英会話レッスンを申し込んでみた。

テキストに沿った授業を選ぶ時もあれば自己紹介の延長でそのままフリートークをする時もあるのですが、英会話レッスンにありがちな旅行の話なんかをしていても仕方ないので、意図的に違う話題にすることが多いです。

先日ブログを毎日書いているという話をしたら、予想以上に講師が食いついてきたので驚きました。

彼女の興味はブログのテーマについて、そして何よりもブログを書く目的は何なのか、ということだったようです。

ブログを書く目的は啓蒙活動?

以前もブログ運営について書きました。

参考 個人ブログの平均アクセス数ってどれくらい?なぜ書く?そしてなぜ止める?

ブログでよく取り上げるトピックスについて説明すると、講師は

「あなたはミニマルライフの普及のためにブログを書いているの?」

と聞いてきました。

モノを減らしたいと思っているけど実際には難しいとか、手放すのが怖いとか、そんな風に考えている方の参考になる記事を残せたら確かにうれしいけれど、「普及のため」と言われると、うーん、ちょっと違うような。

ブログを書く理由とは

私がブログを書いているのはタイトルにもあるようにただ

「毎日を記録しながら愉快な人生をデザインしたい」

からです。

果たしてブログを書くことで人生が愉快になるかどうかはわかりませんが、少なくとも今のところは日々の更新が楽しくはあっても苦しくはありません。
「多くを持たないミニマリストたるもの、ブログなんかに執着すべきではない」といった意見も度々目にしますが、ブログはどれだけ記事を積み重ねようが部屋が圧迫されることもスーツケースが重くなることもないので邪魔には感じません。もちろん、やたらめったら執着するのはどうかと思うけど。

人気ブログの秘訣は多くの人に共感される内容や役立つTips、あれこれ調べた上でのまとめレポートなどを投稿することらしいのですが、残念ながらそういう作業はすごく苦手だし、自分のスタイルがマイノリティであるという自覚も少なからず持っています。ゆえに人気ブログを運営することが目的でもない。

もともと自分の思考を観察する内省的な文章を書くことが好きだったので、このブログを開設する以前にもいくつかのブログを運営していました。

が、どうやら実名で文章を書くことにはてんで不向きだったようで、リアルな知り合いの読者が増えてくるとなんとなく更新ができなくなって削除、の繰り返し。友人知人に売れっ子ライターやらベストセラー作家やら文章のプロフェッショナルが多いので、そんな人たちに自分の稚拙な文章を見られるととたんに恥ずかしくなる、というのもあったのですが。

でも、今考えれば好きで続けるだけのことに上手いも下手も恥ずかしいもなかったんですけどね。

ブログを毎日書くのは何のため?

結局、講師の質問にはこう答えました。

「モノを減らすってことは、自分にとって何が大切なのか、何が幸せなのかを探る作業だと思う。私は持たない暮らしについて日々発信しているけれど、これが私の道だ!と発見したからみんなにも進めているわけじゃなくて、私もまだほんの少し見えかけた光を頼りに進むべき道を探している途中。その「旅」の過程を記録し続けている感じ、かな。」

若い世代の「自分探し」とは全く異なる自分の本質を深く探るための行為。それが私がモノを減らす理由であり、ブログを書く目的のようです。

ブログ更新の思わぬメリット

毎日の暮らしのなかで不愉快な時間がなくなったのはブログのおかげだと感じています。
以前だったらイライラするだけだったであろうシチュエーションでも、

「ほほう、こういうことが起こったときにどう感じたかを書いてみるのもいいかもな」

などとネタに昇華できるようになったのは大きな収穫。

関連 チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

私にとってはそれがたまたまブログというツールでしたが、人によってはSNSだったり、日記帳だったり、それこそ踊りだったりもするわけで。

自分を自由に表現する場を持つことは自己顕示欲を発散するためだけに在らず。

ブログ運営は手間と時間は少々かかるけれど、幸い場所は取らないので今の私には合っているようです。




関連記事

求む、ミニマリスト。取材にご協力いただける方を探しています。

By: Kevin Dooley[/caption] 突然ですが、お願いです。 現在取

記事を読む

買うべきか買わざるべきか、それが問題だ。

起動しなくなって大騒ぎしていたのは、昨年の秋。 ブログが書けなくなって秋 またまたMacBo

記事を読む

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーとTシャツを新調しました。 捨てる

記事を読む

なにもない生活、自由な時代、生きづらい人。

仕事が落ち着いて、少し余裕が出てきたことも関係しているのでしょうか。ここのところ改めて「なに

記事を読む

今日捨てたもの 7/22 思い出が詰まった愛車。

By: Tejvan Pettinger[/caption] 手持ちのものが随分少なくなった

記事を読む

収納がない部屋の収納を考える。

現在、毎日何かひとつづつモノを捨てるというキャンペーン(?)を実施しています。 参考 「一日一

記事を読む

あなたの願いをひとつだけ叶えてあげます。ただし…

By: Nishanth Jois[/caption] クリスマスイブですね。 子供た

記事を読む

持たない、買わない、小さな暮らし。いったいどれだけ貯めてるの?

By: Pictures of Money[/caption] 服は全然買わないし、毎日モサモサ

記事を読む

ミニマリスト主婦の冷蔵庫

持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいりました。 持たない暮らしも、シン

記事を読む

今日捨てたもの 最後まで責任を取る覚悟はあるか。

By: Cristeen Quezon[/caption] どうにも物持ちがいいので痛んでし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

とうもろこしごはん献立
大好きなのに準備を怠るという失態。

奥さん、8月です。 大好きな夏がやってきたというのに、

東京大仏
推しの結婚、誰も傷つけない会話。

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え
毒々しい紺に魅せられて。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のな

炎症後色素沈着ケア大作戦。

体調不良によりしばらく節酒に務めておりました。あくまで「節酒

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑