一人旅の正しいお作法。

公開日: : 最終更新日:2016/04/17 旅人への道, 生き方と考え方

どうにも派手さのない旅が好きです。

参考 鉄人28号モニュメント 神戸、長田にて。

今回は確固たる目的がいくつかあっての旅なのですが、フリーな時間ももちろん確保しているわけで。

さて、何をして過ごそうかと一応考えてはみるのですが、多分いつもと同じスタイルになるだろうと思われます。

思い起こせば、ここに辿り着くまでには自分なりの葛藤があった気がします。

 

落ち込んだ初めての一人旅

誰かと一緒ではなく、出張でもない、完全なる自分の意思で行った初めての一人旅っていつだっただろうかと考えてみたら、10年程前の年末。その冬の寒さは寒がりの私にはあまりにも厳しく、突然「暖かいところへ逃亡したい!」と思い立ち、年末年始の休暇を利用して沖縄へ行ったのでした。
当時は一人で海外旅行なんて無理!と思い込んでいたので、暖かいところといえば沖縄しか選択肢がなかったのです。

こんな時期に1人で沖縄行ってどうすんの?といろんな人に言われましたが、とにかく寒さから逃れたい一心で決めた旅。全くのノープランで出掛けてしまったので効率のよい観光旅行にならなかったことに当時は少々落ち込みました。

今思えばあれが私の旅のスタイルのはじまりだったのかもしれません。

その後あちこち1人で出掛けることが多くなりましたが、いつまでたっても予定をびっしり詰め込んで観光名所を巡るような旅はできず、地元の人しかいないような場所を散策してみたり、ローカルな市場をふらついてみたりというなんとも地味な旅を繰り返すばかり。リゾートホテルに一人で泊まって泳いで、本読んで、酒飲んで、をただ繰り返すだけの時間を過ごすのも好きです。

これはいついかなる時にも退屈を感じない性質によるものかも。まあ、一種の特技です(前向き)。

 

実りある旅の定義

そんな過ごし方するんだったら家にいても一緒なんじゃないか、とか、旅はもっとアクティブじゃなきゃ!とか、わざわざそこまで行ってアレを見てこないなんて勿体無い、とか言われる度にああ、私は旅下手なんだ…と自己嫌悪に陥ったものです。
一分一秒を惜しんで観光地や名所を巡り、人気のレストランに出掛け、お土産をどっさりと買い込む。誰かと一緒ならそれも楽しめなくはないけれど、1人では絶対にそんな過ごし方をしない私は基本的にあんまり旅に向いてないのかも、と思っていました。ホントの旅って、もっとこう、濃厚なものなんじゃないの?と。

が、本能の赴くままに一人旅を楽しんでいるうちにいつの間にかそんな考えもなくなっていきました。名所を巡ることだけが旅じゃないし、旅の楽しみ方なんて人それぞれ、と、ようやく自分のスタイルを肯定できるようになったのかもしれません。

 

勝手に理想を作り上げて勝手に傷付く

よくよく考えてみれば、気ままな一人旅のスタイルに正しいも間違いもないのです。が、ガイドブック通りの旅やはたまた世紀の大冒険などできもしないくせに「旅とはこうあるべき」という固定概念に縛られていたのは他でもない私。

自分で作り上げた理想像に自分が届いていないことを勝手に卑下して落ち込んでみせたりする。

なんと滑稽な行為なんだろうと今では思えるけれど、旅に限らず人間は自分で作り上げた理想や妄想や思い込みに対して勝手に怒ったり落ち込んだり傷付いたりする厄介な生き物のようで。なんて、それに気付いたのはつい最近のこと。

おっと、こんなことを書いているとまた禅問答モードに入りそうなので今日のところはこの辺で。

今回も仕事を持ったままの旅なので、東京にいるのと何ら変わらない過ごし方をする時間も多々あるでしょう。でも、それもまたよし。自分のスタイルをきっちり肯定してちゃっかり楽しみたいと思います。

 




関連記事

新しいものが、早々となくなっていく感覚。

何も調べていない状態なもので素っ頓狂なことを書きそうですが、itunesがなくなるって、何を

記事を読む

1995年から、20年。

今回この時期に合わせてまた関西方面に移動したのには理由がありました。 1995年から2

記事を読む

サンミゲル市場とバル・メソン巡り、チュロスにホットチョコレート マドリードで食べたもの。

スペイン旅行の記録です。 関連 スペインの旅2015 マドリード名物とか人気のレ

記事を読む

BB&CCクリーム

冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

By: lina smith[/caption] 旅の荷物を少なくするべくスキンケアもシンプ

記事を読む

30代、40代 大人のシェアハウス生活は本当に「地獄」なのか。

中年世代のシェアハウス利用について。おそらくかなりの編集、という名の脚色がなされているのでし

記事を読む

パスポートとの別れと原点回帰。

なんだか久しく出かけていないなあと感じる今日この頃。 年明けに自宅に戻ってからずっと東京に

記事を読む

パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

食の好みは年齢とともに変わるけれど、中には一向に食べられるようになる気配が訪れないものがあり

記事を読む

海老ワンタン麺の食べ比べ、香港一人旅で食べたもの その1。

ローカルフードを楽しむ一人旅が大好物の私。 関連 台湾一人旅でもローカルフードを楽しみ

記事を読む

洋服が少なくて本当によかったと思った話。

年末年始の帰省も例の鞄を使いました。 リュックサックしょって街に出ない。 抜群の

記事を読む

ミニマリストの人に飽きてしまった。

第一営業部部長とかコンサルティングチームリーダーとか、所属する会社から付与される歴としたそれ

記事を読む

Comment

  1. カワ より:

    はじめまして。何時もロムっておりますカワといいます。
    多分、同年代のマシュケナダ好きです。

    よく東南アジアを1人旅しますが、観光名所には行かないですね。スケジュール決めずにマッタリするのが好きです。

    • crispy-life より:

      カワさん

      コメントありがとうございます。

      おおお、同志ですね、嬉しいです。地味な旅もなかなかどうして楽しいですよね。
      私の場合人生そのものがまったりし過ぎなのはどうかと思うのですが、こればっかりはやめられません。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑