将来が不安で仕方がない。

公開日: : 生き方と考え方

minatoku5

数ヶ月前にこれまでとは全くの異業種に転職した友人のことをふと思い出し、週末に近況お伺いのメッセージを送信。程なく戻ってきた返信には

「不安で不安で仕方ない」

という言葉が綴られていました。

どうした。




将来が不安で仕方ない

koukyo_sanpo_5

聞くところによると友人は現在絶賛試用期間中、その期間も残すところ後3ヶ月。この間の成績で業務適正が判断され今後の全てが決まるという契約のようでした。

人様のことなのでかなりざっくり端折って説明してますが。

あと3ヶ月で今後の人生が決まる。そう考えると不安で不安で仕方ないのだ、と正直な胸の内を吐露する友人。

「ああそうか、それは確かに緊張するね。でも大丈夫、いい結果が出ればその先も頑張ればいいし、万が一ダメなら他の道を行くまでのこと。今はとりあえず目の前にあるできることに没頭するしかないよ」

「うん、わかってる。今やるべきことをやるしかないんだって理屈ではわかってるんだけど、気持ちがついていかなくて不安ばかりが募るよ」

わかります。大いにわかります。
今やれることをやろうよ、なんて他人事だからあっさり言えるのであって、自分のこととなると揺れに揺れるんですよね。

将来の不安の正体は

ああやっぱり転職を繰り返す人生って不安だよねえ、なんて単純なことではなく、長年勤めた会社の業績が不安な人もいれば派遣社員やアルバイトだから不安、自身の事業の先行きが不安、それぞれの立場で不安はあるわけで。
さらには独身で将来が不安、結婚生活の先行きが不安、子供がいなくて不安、子供の教育が不安、親の介護が不安、賃貸生活が不安、持ち家の老朽化が不安、お金がなくて不安、財産分与で揉めるのが不安、などなど、どんな状況でも大なり小なり不安要素はあるもの。これがああなったら万事安心!などという完璧な状況などまずもって有り得ません。

身も蓋もない言い方ですが人生には常に不安がつきものです。

我が生涯ただ一点の曇りなし、毎日100%ハッピーラッキー(ハート)みたいな人はそもそもいないだろうし、もしいたとしたらよっぽど何も考えていないかポジティブ系自己啓発セミナーの手先か宗教的なアレかでしょう。または違法な何かを摂取しているか。もちろん程度の差はあれど、一瞬たりとも不安に襲われない生き方なんて多分ない。そう、人生晴れたり曇ったり、止まない雨はないじゃない。

そんなあらゆる「将来の不安」。
原因の多くは失うことへの恐れであり今より悪くなったらどうしようという恐怖心ではないでしょうか。

関連 ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

今はすごく順調だけどもし状況が変わったらどうしよう、とか、今も決して良くはないけど下手に動いて悪くならないとも限らない、とか。そう、不安になるのは失いたくない大切なものを既に持っていたり、不安だなあと将来にあれこれ思いを巡らせる程度には今の状況や気持ちに余裕がある証。本気で切羽詰まってたらぼんやりまだ見ぬ将来について考え事なんてしてられません。

となると、不安に苛まれるのも実は案外悪くないのかもしれないね。
なんて、物凄い極論ですけども。

戦うべき敵の姿が見えているか

マドリード王宮

おそらく最も厄介な不安とは、なぜ不安なのかわからないけどなんだかとにかく不安、ってヤツなので、件の友人は「敵」の正体がはっきりしているだけ対処の仕様も明確であると言えましょう。

そう、敵の姿は見えているし作戦もしっかり決まっている。だから不安の渦にただ身を委ねることなくしっかり両目を開いて進むべし。と、戦う友にそっとエールを送ります。まあ肝心の本人がこれを読むことはないんだけど、なんというか気持ちの問題。明けない夜はないじゃない。

ミニマリストの持たない暮らし

ところであなたはどうなのよ、の問いに厳しい残暑の背筋も凍る行き当たりばったりのチャレンジを続ける我が近況についてざっくりと説明すると

「相変わらずメンタル強いな」

という感想が返ってきましたがとんでもない、我がメンタルの脆弱さたるや波打ち際に作った砂山の如し。不安定な毎日があまりにも心細くて毎夜めそめそ泣きながら酒を飲んでいます(嘘)。

 






関連記事

key

40代、親戚づきあいについて改めて考えた。

少々辛気臭い記事になりますが。 先日友人と話していて気がつきました。 「私たち、

記事を読む

singlehouse

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は

記事を読む

adventure

年を取ってから気づいた、人生で失敗したこと。

若い頃にはわからないけれど、歳を重ねたら気づくことって確かにあるものです。 参考 年を

記事を読む

checkup.min

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

By: Maurizio Costanzo

痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連 痛いおばさんファッションのす

記事を読む

tsukiji150910

知りたすぎる癖のせいで、毎日忙しくて仕方ない。

引っ越してからというもの忙しくて仕方ありません。 何が忙しいかって、街散策。 越

記事を読む

By: Tsahi Levent-Levi

勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

By: Tsahi Levent-Levi[/caption] 「彼こそが真の勝ち組だよね」

記事を読む

By: Nicolás Boullosa

やっぱり私は贅沢がしたい。

By: Nicolás Boullosa[/caption] モノは少なく、家は小さく。

記事を読む

nudeshoes

40代女性のファッションが難しい理由。

40代ともなれば生活や体の変化、体力の衰え、今後の仕事のやり方などなど、考えなければならない

記事を読む

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

Comment

  1. kyoko より:

    所属同じなので、ご友人のお気持ちイタタです(>_<)
    でも、不安な気持ちを伝えられる相手がいるのは、長い航海の中、素敵なことですね。

    私も迷っていたことに、答えを貰えました。ありがたや!

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      おお、友人がこの記事を読むことはないですが、kyokoさんに読んでもらえてよかったです。

      今日も前進するkyokoさんにもこっそりエールを送ります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
必要最低限のメイク、厚化粧の女。

これは、というテクニックが身につくとどんどん追求したくなって、

焼き春キャベツ献立
焼き春キャベツ、ツナと小松菜のおろし和え献立。

ここのところ、キャベツネタが多いですね。 春キャベツと肉

setagaya_15
大人に慣れると役に立つ。

「顔、ぜーんぜん変わってないね」 先日、久しぶりに会っ

きくらげとねぎの卵炒め献立
きくらげとねぎの卵炒め、肉団子と大根の味噌汁献立。

二日目のカレーは美味しい、などと申しますが、二日目の肉団子も旨

konbu
昆布で白髪は染まらない問題。

毎度おなじみ白髪ネタです。 すっかりカラートリートメント

→もっと見る

PAGE TOP ↑