海外在住日本人、外国人へのお土産を選ぶ。

公開日: : 最終更新日:2016/12/11 ミニマルライフ, 旅人への道

週末にお土産品を調達していました。

今回必要なお土産は大まかに分けて4種類。

  • 外国人向け大人数で分ける用
  • 海外在住日本人単身者用
  • 海外在住外国人単身者用
  • 海外在住日本人家族用

お土産を用意するのは楽しくもあり量が多いと大変でもあるのですが、今回はどんなものを用意するかをあらかた決めていたのでさほど大変ではありませんでした。

外国人の友人へのお土産モノというと、日本ならではのプロダクトや洋服、民芸品などを用意したくなります。以前はそういったものを準備していた時もありましたが、現在では本人からのリクエストがない限りはお菓子や石鹸類などの「消えモノ」以外を持参することはほぼなくなりました。

理由はやはり、自分の生活の変化でしょうか。

海外在住の友人には残るものがいい?

昨年からかなりモノを減らしましたが、中には友人知人からの頂き物、お土産品なども少なくありませんでした。

参考 今日捨てたもの 8/3 いただきものアクセサリーを処分。

せっかく私のために用意してくれたものを手放すのは申し訳ない気もしたのですが、どうしても趣味に合わない置物や活用する機会のないアクセサリーなどを違和感を持ったまま所有し続けるのもおかしな話。モノはモノとして切り離して考え、お土産を用意してくれた相手の心遣いに感謝すればよい、と考えるようになりました。

もちろん、相手の好みにぴったりの贈り物を用意できれば素晴らしいのですが、それはなかなか難しい、というか不可能なこと。特に離れて暮らしている場合、自分が認識している相手の好みは当時のものであって、今どうなってるかはわからない。

もちろん、食べ物だって好みをハズしてしまうことがあるかもしれませんが、モノと違って「苦手だったらお友達にでも差し上げてね」と言いやすいような気がします。実際、「実家からりんごが大量に送られてきたんだけど、食べきれないから手伝って!」なんて頂くこと、よくありますよね。

海外生活が長くなると嬉しいものも変わる

というわけで今回私が選んだのは主に和菓子。
日本のお菓子には美味しいものが多いので洋菓子類も捨てがたいのですが、やはりここは和にこだわりたいところ。今の時期たくさん出ている桜風味の菓子や抹茶のチョコレート、おかきやあられなどをたんまり準備しました。

いやー、久しぶりにデパ地下歩き回った。楽しかったー。

外国人男性には毎回好評のカップ麺(まるでお店で食べるヤツみたいだ!と喜ばれます。確かに最近のカップ麺の進化って凄いですよね…)、日本人家庭向けには乾物や出汁粉、レトルト食品なども。日本にいるとあまり食べる機会のないレトルトものですが、海外で長く暮らしているとこういうものが結構重宝するんですよね。

食べ物はモノと違って後に残らないし、もしかしたら記憶にも残らないかもしれません。
でも、お菓子をみんなで食べて美味しかった、楽しかった、というちょっとした時間をお土産きっかけで提供できたならそれで満足。記憶には残らなくても、みんながその時喜んでくれればそれで上出来なのです。

モノを持たずに身軽に暮らす

本当はもっといろいろ用意したいものがあったのだけど、今回はLCC移動につき、荷物の重量オーバーを避けたいところ。体重計を持っていなので事前チェックができないので、おかきやあられなどなるだけ軽いものを選びました。

うーん、やっぱりスーツケースの中は殆どお土産という状態に…。

行きは少々嵩張るけれど、帰りはすっからかんになる予定です。




関連記事

レンタルドレス、着物、衣装を取り入れる利点とは。

多くのモノを持たずに身軽に生きていく、というとなんだか味気ない人生になるのではと思われるかも

記事を読む

今日捨てたもの 8/31 『捨てる月間』最終日。

今月1ヶ月間取り組んできた「一日一捨」運動、ついに本日で最終日となりました。 なん

記事を読む

真冬のあったかアイテム投入で考える冬の装い。

By: Alexey Kljatov[/caption] 新しくニットを購入しました。

記事を読む

台湾一人旅でもローカルフードを楽しみたい!台湾一周旅行の食事 その1。

台湾一周一人旅の食事で印象に残ったものを地域ごとにまとめます。 一人では利用出来る店が

記事を読む

1月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: Olivier GRYSON[/caption] 昨日に引き続き月初の定例まとめポス

記事を読む

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

これって方言だったんだとかてっきり全国区だと思ってたわ、みたいなことがこの歳になってもまだあ

記事を読む

ジャケットの着こなし

少ない服でオフィスカジュアル、買い足すべきアイテムはあるか。

真っ当なお仕事に従事されている大人男女であればビジネスやフォーマルな場でもバッチリな装いを準

記事を読む

ベトナム国内線で予約トラブル発生す。

ニャチャンでこれ以上ないほどだらだら過ごした後は、再びホーチミンに戻ります。 往路は寝

記事を読む

Tシャツしか着ない夏。

この夏はほぼTシャツで過ごしています。 少ない服で着回す、私服の制服化、そんなポリシー

記事を読む

貯まる体質、痩せる習慣。

By: Randen Pederson[/caption] 友人知人から事あるごとに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

本気の冷え性改善計画2021、開幕。

突然やってきた寒気に、戸惑いを隠せません。 いや、わか

豆腐と小松菜の塩炒め献立
自分の気性に合うカタさ。

もう何年もの間、豆腐といえば木綿に落ち着いています。

50目前、3年以内の目標。

妄想癖が強いからでしょうか。 とにかくあれこれ計画した

あんかけ焼きそば
いつだって「カリッと」が、信条。

駅前のざっかけない店でさえ、レベルが異常に高い。そんな中華料

炎症後色素沈着ケア大作戦、2ヶ月報告。Lシステインの効果は?

アトピー症状悪化による色素沈着改善作戦をぶち上げてから、2ヶ

→もっと見る

PAGE TOP ↑