捨てたくなくて買わない人の夏の服。

公開日: : 最終更新日:2021/06/20 ファッション

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活が再びやってまいりました。

結局のところ「いい服」とは何か。

結果、いつも同じような服ばかり着ている今日この頃。きっと今の私はいつ会っても印象が変わらない人だ。(恐怖のだるだるファッションの休日を除く)

やたらめったら服を買わないメリットは、捨てないで済むことだなあ。と、改めて感じています。

懐かしい古着屋の今

先日テレビで古着店の若き店主のインタビューを見て、うわあ懐かしい!となりました。

行った。行ってたよ私も。

伝説の古着屋と呼ばれたDEPT。80年当時まだ10代だった私は、原宿ではなく大阪の店舗に通っていたんだっけ。

店名を見てすぐに懐かしい!と思い出したものの、90年以降の経緯は全く知らず。当時のオーナー氏の引退に伴い、2011年に全店舗をクローズ。その後娘さんが後を継ぐ形で2015年に再オープンされたとのことでした。それはそれは。

インタビューでは古着をリメイクすることで新たな価値を与え、気に入ったアイテムと長く付き合えるようにする、といった、現在の取り組みが紹介されていました。

父親の影響で幼い頃から古着に親しんできた現オーナーが、次々と新コレクションを発表する業界のスタイルや、大量生産のビジネスモデルに違和感を感じ、あまりにも大きな「父の屋号」を継いだ経緯は興味深い。タイミングって大事ですね。

私は父親じゃないし、今はあの時代ではない。あの頃と同じビジネスモデルをやったら、すぐにつぶしてしまうと思う。引き継いだものとしてプレッシャーは感じますが、同じものではありません。

創業者の娘が語る「デプト」復活の理由(繊研新聞)

なかなかのリアリストですね。お父様もさぞかしお喜びのことでしょう。

捨てるのがいちばんつらい。

それなりに高品質でデザイン性も高く、安価で手に入る。だからこそファストファッションは広く世界に浸透したのでしょう。

私たち一般人が一旦手に入れたこの便利さを手放せる日は、もしかしたら来ないかもしれないし、来たとしてももう少し先の話になるのでしょう。

でも「お気に入りを長く使う」なら、今からでもできる。そして、長く使いたいお気に入りがあれば、新しい服をやたらと買わなくていいし、結果、捨てなくて済むという話。

プチプラファッションだけが、負の連鎖の元凶か。

結局何がつらいってね、捨てるのがつらいんですよ。

ものを減らしたいけど捨てられない理由って、もったいないとか面倒だからとかもあるだろうけど、捨てるという行為自体が嫌なものなんですよ、きっと。

だからこそ、大量に何かを捨ててしまった経験がある人は、やたらめったら買わなくなる。あのつらさをもう、味わいたくないから。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

話があっちゃこっちゃいってますが、今季ものは何も購入していない私。今年もこれが活躍しています。そろそろ冷房の恐怖がやってきますから。

シンプルコーディネイトに大活躍のアイテムを手放す。

中年らしく時間経過認識機能がバグっているせいで、まだまだ新入りと捉えていたこのパーカー。…もう5年も着ているのか?いや、途中で1回買い換えてる?記憶は曖昧だけれど、多分また破れるまで着るのでしょうね。

さらに部屋着にいたってはアナタ、一体何年着ているのかもはや計測不能ですよ。

ミニマリストの部屋着(結論)

パーツが少ないからか、案外丈夫なワンピース。布ってそうそう腐らないから、その気になれば長持ち具合半端ないね。この調子じゃあ一生着続けるのではなかろうか。それはそれで楽しみなことで。

少なくて豊かな暮らし





関連記事

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよく聞きますが、私個人はこの秋冬

記事を読む

女はこうあるべき?女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

By: Nikolaus kim[/caption] 私の持ち物の中で多くの割合を占めている

記事を読む

ミニマリストの秋の靴。

愛するギョサンが履けない季節になってしまいました。 …悲しい。 >>

記事を読む

持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服。

基本的に、移動時にはデニムを選ぶことが多いです。 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひ

記事を読む

Ines de la Fressange×UNIQLO をチェックしてきた。

先日から気になっていたユニクロのイネスコラボコレクション。 今日大型店舗の近くを通りかかっ

記事を読む

冬のブーツはこれ1足。イタくない大人のサイドゴア。

40代でDr.マーチンのブーツを履くのはイタい。そう書いてから早4年が経過しておりました。

記事を読む

髪を切ったら洋服も変える 春に頼るアイテムたち。

おじさん化という事実を前向きに考えるとすれば、洋服界隈でしょうか。 色気のないショート

記事を読む

寒がりの冬ファッション 防寒対策スエットは却下。

By: Miguel Virkkunen Carvalho[/caption] 冬に向けての

記事を読む

アンドゥメルメステールブーツ

ブランドの箱が捨てられない。

部屋の片付け真っ最中の友人より 「靴の箱って、どうしてる?」 と質問されました。 つまり、

記事を読む

ジャケットの着こなし

100年の恋も冷める、がっかりファッション。

突然ですが人気俳優やタレント、アーティスト(主に男性)の結婚とか熱愛発覚でファン界隈が激しく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

とうもろこしごはん献立
大好きなのに準備を怠るという失態。

奥さん、8月です。 大好きな夏がやってきたというのに、

東京大仏
推しの結婚、誰も傷つけない会話。

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え
毒々しい紺に魅せられて。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のな

炎症後色素沈着ケア大作戦。

体調不良によりしばらく節酒に務めておりました。あくまで「節酒

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑