独身高齢一人暮らしの賃貸契約事情。

公開日: : 生き方と考え方

今年の「やりたいことリスト」に、引越しをリストアップしました。

2年ぶりの「やりたいことリスト」’22。

今の住まいに越してきて早5年。物件もエリアもすっかり気に入ってしまい、近年ではめずらしく長い間居座っていますが、ここが終の住処になるかといえば、そんなこともなく。

今でさえ賃貸契約を結ぶのには難しい条件を携えているのに、年齢が上がるとさらに厳しくなるだろうな、ならば早いうちに移っておこうか。そんな考えから書き込んだのでした。

独身高齢一人暮らしの賃貸契約事情。

先日、こんな記事を目にしました。

「ここで5軒目。どこも門前払いされました」(まいどなニュース)

日本は平均寿命が世界一長い長寿国であるにもかかわらず、高齢者の住まい探しは超難関といわれる。家賃の滞納に、孤独死、ゴミ屋敷化…高齢者が住まうことで起きるかもしれないトラブルを懸念する家主は多く、「高齢者には貸さない」が不動産業界では一般的になっている。

一昔前ならサラリーマンはみな35年ローンでマイホーム買って、最期は夫婦で、とか、一人になったら子供と同居して、なんてのが一般的だったのだろうけど、時代は変わり、今や一人暮らし世帯は全体の38%!高齢者おひとりさまの増加がそのまま反映されている格好です。

おひとりさま、寂しい老後の真実は。

高齢者が住まうことで想定されるあれこれは、家主にとっては確かにリスク。けれどこの超高齢化社会において人口の30%近くを占める65歳以上の世帯を完全排除するのは、もうそろそろ無理があるのでは。

という世界観になるだろうなとは、数年前から考えていました。

おひとりさまの老後資金。自分年金作りは40代からでも遅くない?

この時よりは、自分が高齢者となる日のイメージが近くなった気がします。そりゃ歳取ってんだから当たり前だけど。

新しい老後のスタイル。

冒頭の記事では、65歳以上の部屋探しを専門とする仲介サービスが紹介されています。家主の不安を解消する見守りシステムの導入や、地方自治体との連携なども進んでおり「高齢者家借りにくい問題」解消に向けて期待が高まっている様子。

高齢者賃貸については家主側の懸念材料以外に、外側からは見えにくい業界の商習慣とかもあるのだろうけれど、世間がなんとなく諦めていた課題を解決するような事業が進んでいるのは、なんか気持ちいいですね。

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

若い世代はまだまだ老後のことなんて考えないだろうし、高齢者の賃貸住宅事情なんてあまりピンとこないでしょう。でも、高齢単身者世帯爆増の最中にいる私たち世代があれこれ考えながら「新しい老後スタイル」を作ることができたら、それがスタンダードとなり次の世代の生きやすさにつながるかもしれない。そんな風にも思うのです。

お子様、若者、中年、高齢者。みな違う時代を生きているように見えて、時間はすべてつながっているのだから。

あらやだ、ってことは、私ごときでも後世に対して責任があるってことなのね。と、なんか話が逸れましたけど、今回の物件探しについては今すぐ終の住処を見つけたい!とかではなく、多分あと10年前後?になるであろう都心生活のラストを過ごす部屋に移ろうかな、という感じです。

大人一人暮らしのヒント





関連記事

限りある貴重な時間を溶かしている。

短期間で2周した話。 王さまが気はやさしくて力持ちすぎて、それを観られただけでもよかっ

記事を読む

貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方。

By: alamosbasement[/caption] 先日このブログを始めてから1年が経過し

記事を読む

【勝手にHOW I WORK】社会人失格ノマドワーカー、crispy-lifeの仕事術。

先日コメントでぽこぴたさんからリクエストをいただいた「仕事術」について。 参考 【勝手

記事を読む

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッション誌

記事を読む

知りたすぎる癖のせいで、毎日忙しくて仕方ない。

引っ越してからというもの忙しくて仕方ありません。 何が忙しいかって、街散策。 越

記事を読む

モノを減らせば時間の余裕ができる。その時間をどう使う?

改めて書きます、といったまま書くのを忘れていたことがありました。 参考 モノを持たない

記事を読む

ハッキングが未来を切り開く?”学びたい”は人間の本能。

13歳ってこんなだっけ…。 >>参考 「僕の学校はスタバにあります」 13歳の

記事を読む

おばさんバンザイ。

By: Matthew G[/caption] 「人間ある程度の年齢になると、男性は女性化し

記事を読む

携帯電話を持たない平凡な人間の非凡な人生。

By: The Library of Congress[/caption] 「携帯嫌だ、持ちたく

記事を読む

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも実際に天職と思える仕事にたどり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

腰痛改善記録、椅子がこわい。

腰痛改善計画の続きです。 長年苦しみ続けている腰痛を改

Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03に機種変更。

数年に1度のことなのに、なぜ毎度毎度こんなに面倒なのだ!と吠

50代一人暮らしの1ヶ月の支出。老後に備え、いかにして小さく暮らすか。

現役世代のゴールがちらりちらりと見えてきた50代。友人知人と

腰痛改善に向けて始めたこと2つ。

今年こそは腰痛改善に取り組むぞ!と宣言して早1ヶ月が経過。や

ご近所感覚の酒場を求めて。韓国ソウル一人旅で食べたもの・その2

韓国・ソウル食記録の続きです。1人で飲むなら、定食で。韓国・

→もっと見る

PAGE TOP ↑