女が服を、捨てる時。

公開日: : 最終更新日:2019/02/03 ファッション, ミニマルライフ, 捨てる, 生き方と考え方

今日捨てたもの

久しぶりに服を捨てました。

捨てたのは、シャツ、ブルゾン、コート、Tシャツ、スエット、などなど。冬物アウターも含むので、それなりの量になりました。

When a woman throw out the clothes.

どうもこんにちは。パーシー・スレッジです。

女が服を、捨てる時

150927lg

こんにちは言いたさで、女が服を捨てる時、などいう意味ありげなタイトルをつけてみましたが、私が服を捨てるのは不要と判断したからであり、それ以上の意味はありません。

とは言え、今回捨てたのは少し前から

「多分これ、もう着ないだろうな…」

と薄々認識していたものたち。かなりのお気に入りで散々着倒したMARC JACOBSのスタッズだらけのブルゾン(15年もの)も、今後活躍する機会は訪れないでしょう。ていうか、劣化が激しすぎてもはや着用すら戸惑うレベルになっている。

その他のアイテムも、アウトオブデートで手放すのではなく、劣化。

捨てるという行為にいろんな意味を持たせる、例えば思い出や過去をを断ち切るためとか、気分転換のために、という人もおられるでしょうが、ここのところ私が捨てる理由は、基本的に劣化であります。

物持ちがいいと言えば聞こえはいいが、持ち過ぎるのはこれいかに。放っておくとボロ雑巾になるまで持ち続けるこの癖は、いい加減悪癖と呼んで差し支えないでしょう。

少ない服で着回す、デニムを履かずに暮らせるか。

先日久しぶりに時間に余裕があったので、そうそう、あの辺りをちょっとね、整理しましょうかね、と探ってみたところ、ベンチ入りするだけさせて登板なし、のベテラン勢から、引退の申し出を受けました。そんな感じです。

サインの把握も大人の嗜み

タイパンツのコーディネイト

女が服を、捨てる時。

まあ男でも女でもなんでもいいんですが、何かをしたくなる時はいつも同じ心境や状況の時だ、みたいなこと、ありますね。むしゃくしゃしたら捨てたくなるとか、疲れたら田舎暮らししたくなるとか。

田舎暮らしや社会貢献がしたくなったら、それはひとつのサインである。

この傾向が出たらマズイぞ、要改善。そんなサインを、誰しもいくつか持っているのではないでしょうか。いや、持っていた方が、自分の傾向を把握していた方が、安心ではないでしょうか。

私の場合は、例えば、デスクトップ。

仕事が立て込んで、頭の中がとっ散らかってくると、パソコンのデスクトップにアイコンが乱立し始める。長年の経験で、これはあまりよくないサインであるとわかっているもので、おっと一度諸々整理せねばならん時期に入ったな、と判断することにしています。

勢いで必要なものまで捨ててしまう恐怖。

その他は、食事。

普段はまず手を出さないコンビニ弁当とかファストフード系に手を出し始めたら、かなりの末期症状。今日はちょっと手抜きね、とか、時間ないからね、なんてわかっててやってる分にはまだ救いがあるけれど、無意識のうちにそれらの食料が定着し始めたら、そこからみるみるうちに生活全般が綻びていくのだと、これまた経験からわかっています。

食べて飲んで、人体実験。

わかっているようでわからないのが自分というものではありますが、こういうサインを察知できる状態にしておくのも大人の嗜みってヤツじゃないかと。自分を守れるのは、自分しかいませんからね。

自分のことがよくわかっていない人。

とにかく、クローゼットにまた少し、余裕が生まれた。ここにルーキーが登場するのか、しないのか。それは自然な出会いに任せようではありませんか。

 




関連記事

脱シャンプーの臭いと白髪問題。シャンプーを止めて6ヶ月が経過。

シャンプーを使わなくなって半年以上経ちました。 参考 湯シャン生活の記録 つい先

記事を読む

似合う色と好きな色、橙色のカーディガン、赤パンツ。

寒いじゃないか。 ということで、もちろん長袖。ちょい厚手のグレーのTシャツにワイドデニ

記事を読む

ロルバーンノート 使い方

優柔不断な女の片付け。

「crispyさんの顔を見るの、すごく久しぶりな気がします!」 今まで話したことのない運送会社

記事を読む

持たない暮らしでも歯は大事。おすすめオーラルケアアイテム。

ミニマリストも歯がいのち。...古いですね。 現在、多くのモノを持たない生活をしていま

記事を読む

やりたいことをリスト化して書き出す理由と効果。

西側の生まれで相応の技術を持たない私ですら、ベランダだけでそれなりのサイズ感のだるまを製作可

記事を読む

身軽な旅行。靴は何足、何をどう選ぶのか。

旅の靴問題に関してひとつの答えが出ました。 関連 最小限の旅ファッション、問題はいつだ

記事を読む

少ない服でおしゃれ、は可能なのかを探る新しい挑戦。

何度もファッションに関する記事を書いています。 関連 ファッションに関するあれこれ

記事を読む

デニムワイドパンツのコーディネイトで考えたシンプルファッションの行方。

By: Emily May[/caption] 手持ちのアイテムを活かすぞキャンペーン、しつ

記事を読む

一人の時間を楽しめる理由と一人で街を味わう理由。

国内外をふらふらと徘徊し、自由気ままにあちこちで過ごす生活に喜びを感じる私。 元々孤独に強

記事を読む

キャパシティの小さい人間が持てるモノの数。

By: Bob[/caption] capacityという単語。日本で多用されるようになった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑