人生を変える、便利なことば。

公開日: : 最終更新日:2022/03/27 生き方と考え方

次年度からの計画に関するミーティングの席での話。

新サービスのコンセプトとして「人生を変える」というキーワードが飛び出しました。

いやいや、もうその路線は擦られ過ぎてて、もはやチープでしょ。と思わなくはないのだけれど、人生を変えるという枕詞は未だキラーワード足り得るのでしょう。その証拠に、書籍だけでもこんなに使われてる

人生を変える、人生が変わる。そんな言葉に惹きつけられる人が多いから、多用されていることは自明の理であります。

人生を変える◯◯の驚くべきバリエーション。

人生を変えるというフレーズが使われている書籍のジャンルで多いのは、行動や習慣モノ。習慣が変われば行動が変わり、行動が変われば人生が変わる、的なヤツですね。なるほど、人生を変えるという言葉とこれらのテーマは非常に親和性が高く、使い勝手抜群と言えましょう。

しかしキラーワードの守備範囲はどこまでも広く、仕事術からビジネス全般、お金の使い方に経済学、英語学習、断捨離とかお片づけ界隈をはじめとする家事全般、さらには筋トレ、サウナ、モーニングルーティンまで、全方位から引っ張りだこ過ぎて、その凄まじい人気っぷりに嫉妬すら覚えます。

いや、人気というか、便利、か。

人生を変えるというフレーズは、厳しい現状を打破できるかもとか、人生の奥儀が記されているのかも、なんて期待感を煽るのにちょうどいいのでしょう。

人生を変える、便利なことば。

これさえ読めば成績30%アップ!とか、血圧が瞬時に10下がる!といった数値的根拠を提示するのはいろいろリスキーだけど、人生が変わるか否かは限りなく主観によるもの。本当に変化すればラッキーだし、変わらなくても責任問題にはならない。

何よりも、今抱えている課題を解決できるかもしれないというワクワク感をわかりやすく提供できるから、広い分野で愛されているのでしょう。

全く売れなかった単行本のタイトルだけ変えて再販したらベストセラー!みたいなことも珍しくないのだから、キャッチーなタイトルって大事。それもこれも織り込み済みのコンセプトなんだよね、と、1周回って冒頭のミーティングで披露された件の事情はよくわかる。でも、自分が関わるのは照れる。照れるよなあ。

自分自身も、何かがきっかけで人生が変わる(もちろん、よい方向に)という体験に憧れはあります。

友人があちら側で人生を変えた話。

でも残念ながら、誰かや何かに触発されてパアアアア!と目の前の景色が変わるようなキャラじゃなく、だらだらもにょもにょしているうちに、いつのまにかぬるりと景色を変えていくタイプと自負しているもので、人生を変える系の仕事をするのは、照れるのです。

モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

もじもじ照れている場合でもないのだけど、なんだ。自分の人生は変わるもよし、変わらぬもよし。どんな状況でもまあまあいい感じでやっていけるのだろうなという根拠なき自信を胸に秘め、春を待つのであります。

ものを持たずに身軽に生きる






関連記事

自分の名前、好き?嫌い?

By: Paul Joseph[/caption] 先日初対面の方に自己紹介したところ

記事を読む

音楽を聞かなくなった理由。

音楽CDのデータ化やるやる詐欺は1年以上になりますが、CDはまだまだたっぷりあるし、既にiT

記事を読む

一人暮らしは気楽だけれど、一人じゃないって素敵なこと。

By: Tri Nguyen[/caption] 一人暮らし歴がそれなりに長くなってきました

記事を読む

NYメトロカードの購入方法

フィッシング詐欺被害者の情けなさ。

知人が旅先でフィッシング詐欺被害に遭ったという。 あなたの口座から引き落とし、支払いが

記事を読む

愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、少々面食らいました。 人

記事を読む

己を知る方法 ネットやテレビの情報遮断は有効か?

By: photosteve101[/caption] 先日「勝ち組兄さん」の話を書きました

記事を読む

やっぱり私は贅沢がしたい。

By: Nicolás Boullosa[/caption] モノは少なく、家は小さく。

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

独身女性 クレジットカードとどう付き合う?

基本的にいつもニコニコ現金払いが好きです。 ローンを組むのはストレスでしかないと思うの

記事を読む

フられてバンザイ。

お盆時期の電車は空いているのでは、と思っていたけれど、普段と大きく変わらぬ通常モード。いつも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

健康診断結果に納得がいかない中年の叫び。

毎年毎年飽きもせず、健康診断の結果を公表し続けています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑