自由で不自由な暮らし、エイヤへの憧れ。

公開日: : 最終更新日:2017/08/18 旅人への道, 生き方と考え方

passport

ようやく次回の旅のために航空券を手配しました。

いえね、もうずいぶん前からアタリはつけていたのですよ。この時期にこの経路で、っていう。

でもその前になかなか確定できない予定が入っていて、それ待ちで決めようとかもじもじしてたらどんどん席がなくなってきて、価格も上昇してきて、焦る。

もうこれ以上ハラハラするのがイヤなので、観念して購入いたしました。

いつでも旅立てる不自由さ

airportsofa

毎度航空券の手配にはそれなりに時間がかかります。

最近では友人といったバルセロナやらニューヨークやらのエアーとかホテルを決めるのにももちろん時間はかかりました。が、時間がかかったのはお互いの意見のすり合わせであって、選択自体にはそこまでの手間を要しませんでした。なぜなら、旅の日程が確定しているから。

友人の休暇時期に合わせての旅となると、出国日も帰国日もおのずと決まってくるので、多少迷っても選択肢自体がそう多くはないのです。

関連 自由きままに生きることの不自由さ。

しかし一人旅の場合は自由度が高すぎるあまりむしろ不自由になるというか、このへんで取ろうかなー、でも、どこかからプロモの知らせがくるかもしれん、おお?1週間ズラしたらちょっと安くなるじゃないか、せっかくだからあっちとあっちも周ってくるか、とかなんとかやってたらもう検索に次ぐ検索の見事な底なし沼。延々と調べ、調べ疲れて結局購入には至らず、また別の日に検索し始める、みたいなことを繰り返すわけです。

なんという時間の無駄遣い。これは自由度の高さではなく、単に優柔不断が原因か。

とにかく、予定が自由に決められるのもまた良し悪し、という感じですね。

スケジュールをおさえてしまいたい

JALプレミアムエコノミーラウンジ

今回は計画自体は随分前に決めていたものの、訳あって日程を確定できずにズルズルと時間がかかってしまいましたが、本当は年末あたりに翌年1年間の旅の計画を立てて、エイヤ!でスケジュールとチケットをおさえてしまう、みたいなことをやってみたい。

いや、やろうと思えば全然できるのだけど、エイヤで決めたい気持ちは山々なんだけど、どうにも怖くてできない。

ほら、人生何が起こるかわからないじゃないですか。ドカンと大きい仕事が入ったりとか、ほほう、こんなところにこんな優秀な人が余っていたとは、crispyさんぜひ我が社へお越しくださいな、とかそういうスカウトがあるやもしれないじゃないですか。ないけど。

あるかも、とか思っても結局そうそうないんだったらエイヤしちゃえばいいのに。でも、今年やったことって去年は全然見えてなかったことばっかりだから、やっぱりないとは言い切れない。

というか、現時点で来年の予定まだ全然決まってないんですが、私は大丈夫なんでしょうか。こんな感じでここ10年ずっとやってきたので、多分どうにかすると思うのですが、じゃあエイヤやっちゃってもいいんじゃないだろうか。

堂々巡り。
そして来年の未定の旅に向けて、またうっとり検索したりしてまた振り出しに戻る。

うん、決めた。一生に一度くらいはエイヤの旅をしてみよう、と今決めました。それがいつになるかはわからないけど、しよう。

ミニマリストの持たない暮らし

みなさん、エイヤしてますか。もう来年の旅の予定も立てちゃってますか。もしかして、エイヤがグローバルスタンダードでしょうか。

 




関連記事

70代ミニマリスト主婦の財布。

年末年始は地元に帰省すると決めております。 これは年がら年中なんの予定もなく自由気まま

記事を読む

神戸からジャンボフェリーで行く高松日帰り弾丸旅行 その1。

滞在中の神戸から、香川県の高松市へ出かけてきました。 高松は数年前に仕事で行っています

記事を読む

天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・静岡県

静岡県で天竜浜名湖線に乗ってきました。 静岡といえば、昨年の夏も海を見るべくドライブしてお

記事を読む

毎日同じことの繰り返しでつまらない人生を送り続けるのか。

By: matheuslotero[/caption] 大人になると日常生活で大概のことはう

記事を読む

台湾一周一人旅 鐵道芸術村に太麻里の海。台東の街歩き。

台湾一周一人旅、6都市目の台東に到着しました。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

記事を読む

雰囲気イケメン最強説。

雰囲気イケメン、っていつ頃から使われるようになった言葉でしょうか。 顔の造作自体が飛び

記事を読む

ベトナム一人旅、ホーチミンで暮らすアパートメントホテル。

ホーチミンではアパートメントタイプのホテルに滞在しました。 本当に危ない、ベトナム・ホ

記事を読む

モアルボアルで使えるアイテム。モアルボアル滞在記録 その4。

4回目となったモアルボアル滞在記、今回でラストです。 参考 モアルボアルへの行き方。モ

記事を読む

放置するか、克服するか、それとも。

最近なぜか就職、転職に関する相談を受けることが増えました。 わたくし、その昔採用業務に

記事を読む

年末年始恒例、2020年の運勢を占う。

クリスマス以降、右往左往していたらあっという間に大晦日になっていました。 年末恒例のア

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    こんにちは。
    おお、次の旅ですか。記事が楽しみです。

    この夏はオークランドで過ごしました。
    ホテルのWiFiで家飲記事読んでました(笑)

    会社員ゆえ、お盆休み一択です。
    こればかりは仕方ありません。
    へそ曲がりなので、海外で何もしない
    贅沢をせめてもの楽しみにしてます←

    実際オークランドでも街をぶらついて、
    呑んでるだけでしたからw。

    フリーの方ゆえエイヤを決める見極め、
    難しさはあるのでしょうね。エイヤした後に
    札束舞い込むオファーがあるかもしれませんし……

    大枚ゲットの仕事ができた暁には
    「crispy、ファーストクラス世界一周の巻」
    をよろしくお願い致します!

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      オークランドですか、いいですね!
      日常忙しくされていることですし、旅先ではせかせかせずにのんびりして酒を飲む。それが休暇中の旅の過ごし方として正解ではないかと思います。

      大枚ゲットはサマージャンボ一等前後賞獲得と同じくらいの確率のような気がしますが、たまにはドカンと贅沢でバブリーな旅記録も綴ってみたいものですねえ。次回の旅はこれまでとは少々毛色の違うものになりそうです。旅立ちのその日まで、黙々粛々と働きます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑