ヒールを履けない女、毎日ヒールを履く女。

公開日: : ファッション, 健康と美容

春水堂 鉄観音

週末は所用があり友人と原宿で待ち合わせをしていたのですが、会うなり

春水堂へ行きたい!」

とのリクエストがあり、まさかのタピオカミルクティー。ふふふ、私だって誘われれば酒以外の飲み物だって飲むんですよ。もちろん甘さは控えめにしてもらいましたけど。

さて、とにかくタピオカが大好きで近頃は毎日1杯は飲んでいるらしい彼女は30代とまだ若い。でも近頃は自分の中での変化を感じているようです。

ヒールが怖い30代

MIHARA YASUHIRO

この日の彼女はオーバーサイズのTシャツにデニム、足元はフラットなサンダルというラフなコーデ。

「昔はなんであんなに高いヒールの靴を平気で履けていたのか信じられない」

と話す彼女の以前を思い出すと、確かに恐ろしくヒールの高い靴をよく履いていたような。

「そうだねえ、手を出さなくなると途端に履けなくなるよねえ」

と、毎日ヒールだった過去を持つ私も同意。

関連 40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

この日私の足元は去年買ったウェッジソールのサンダルだったけれど、彼女曰く、ウエッジソールでももう怖い、フラットじゃないと歩けないとのこと。

関連 ヒールが辛い、大人のヒールの選び方。

それでもヒールのある靴は好きなので、車で食事しに行ってそのまま帰るだけ、とか、家からパーティー会場までタクシーで移動、とか、長時間歩く必要のない外出の際にはヒールを着用することもあると言う。

そうか、やっぱり40が見えて来ればみなそんな感じなのかもね、などと話しながらも、別に年齢云々の問題でもないかとふと別の友人を思い浮かべたのでした。

毎日ヒールで出勤する彼女

私より少し年上、40代後半の友人が持っている靴は未だにほとんどが5~7cmのヒールのあるパンプス。某企業にて事務職として働く彼女は毎日ヒールで駅まで歩き、満員電車に乗り、会社まで歩き、オフィスで動き回りながら1日を過ごしています。

別に社内でヒールが義務付けられているから仕方なく履いているのではなく、これはあくまでも彼女自身の選択。

関連 女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

彼女の好むスタイルやコーデにはやはりヒールのあるパンプスが似合う、ということなんでしょう。そして、ずっと履き続けているからこそ今もヒールで美しく歩くことができる。あと、きちんと自分の足に合った靴を選べているというのもあるのかも。

思い返せば私がヒールを履けなくなったのも住環境が変わってからだし、冒頭の友人も車移動が多くなり徒歩での外出をしなくなってから途端に苦手になったと言う。

結局は、そういうことですね。

なんでもかんでも年齢のせい

sugamo1_13

年を取るというのはなかなか便利なものでして。

ヒールが履けなくなるのも、服が似合わなくなるのも、体型が変わるのも、記憶力が悪くなるのも、いろいろ冒険できなくなるのも、なんでもかんでも全ての変化は年のせい。私の努力とか生活習慣のせいじゃなくて、年のせいなんだからどうしようもないじゃない。

という開き直りができてしまう諸刃の剣。そういや私も以前健康診断でうっかり口を滑らせて先生に怒られたっけ。

関連 右軸偏位って何?健康診断で心電図に所見あり。

この年になるといやあね、いろいろ変化が出てくるからさ、とかいいつつ、実は年齢を隠れ蓑として便利使いしているだけの裏腹プレイを繰り返す。

ヒールどうこうは好みの問題も大きいのでまた別としても、自分の怠惰による変化までをも年齢のせいにするのは思考停止状態、かなりの危険思想だよとお互いを戒めました。

ミニマリストの持たない暮らし

なぜここで「お互いを戒めた」のかと言えば、友人もお腹ぶよぶよを気にしていたから。

私がファスティングについて話すとヤツはここに宝あり、とばかりにキラキラ目を輝かせておりましたが、お腹ぶよぶよは1日にして成らず。ファスティングもジュースクレンズもなんちゃら米もいいけれど、結局は日々の積み重ねが最重要項目じゃなかろうか。

と、最後には結局ワインをバカスカ飲みながらお前らが言うなの巨大ブーメラン展開にて原宿の夜はお開きとなったのでした。

 




関連記事

湯たんぽの意外だけど効果的な使い方。

氷のように冷たくなるつま先の冷えを根本から改善すべく、対策に乗り出した2014年の秋。

記事を読む

健康診断の心電図「洞性徐脈」って何?

別室に連れて行かれたのは、単なるオペレーションの変更によるものでした。 健康診断終了後

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

朝は一杯の白湯を飲むことから始める。

朝が早いからか、ここ数日ぐっと冷え込んできたように感じます。 うーんめっきり秋っぽい。

記事を読む

40代のヒール

ヒールが辛い、大人のヒールの選び方。

By: THOR[/caption] 華奢なヒールや重たい鞄をなんとなく遠ざけるお年頃。

記事を読む

荷物の少ない旅。旅行中の洗濯はどうする?

セブに来て1週間。既に滞在場所は3箇所目になりました。 暫く住んでいたことのあるエリア

記事を読む

持たない暮らしの秋ファッション(5)最期通告を受けたロングブーツ。

いやあ、すっかり寒くなりました。 このシリーズ「秋」となってますが、気分的にはすでに「秋冬

記事を読む

スキンチェックを受けてみた

40代、シンプルなスキンケアで肌は変化したのか?

スキンケアをシンプルにしてから肌の調子がいい、と書きました。 参考 40代のニベアはあ

記事を読む

髪を切るタイミングとかっこいい白髪。

By: Ruocaled[/caption] 髪を切りました。 前回切ったのはいつだっ

記事を読む

おしゃれコンプレックスの正体。

By: ParisSharing[/caption] 自分のファッションセンスがずっとコンプ

記事を読む

身軽な旅行。靴は何足、何をどう選ぶのか。

旅の靴問題に関してひとつの答えが出ました。 関連 最小限の旅ファッション、問題はいつだ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

出汁巻染めおろし
出汁巻染めおろし、きのこと小松菜のおひたしで晩酌。

ここのところ、目玉焼き愛を熱く語っておりましたが、卵焼きだっ

岡本太郎展
本職?人間だ。

東京都美術館で開催中の岡本太郎展に行ってきました。 岡

横浜丸紀の深蒸し焼きそば。

先日書いた「最近ハマっている食べ物」とは、焼きそばです。自炊

働きたくない想いは、苦手意識を凌駕する。

今日は午後から2件約束がありましてですね。1件は「はじめまし

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め
鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、蒸しなすのナムル献立。

しばらく切らしていた黒酢を補充しました。 表示価格が思

→もっと見る

PAGE TOP ↑