ヒールを履けない女、毎日ヒールを履く女。

公開日: : ファッション, 健康と美容

春水堂 鉄観音

週末は所用があり友人と原宿で待ち合わせをしていたのですが、会うなり

春水堂へ行きたい!」

とのリクエストがあり、まさかのタピオカミルクティー。ふふふ、私だって誘われれば酒以外の飲み物だって飲むんですよ。もちろん甘さは控えめにしてもらいましたけど。

さて、とにかくタピオカが大好きで近頃は毎日1杯は飲んでいるらしい彼女は30代とまだ若い。でも近頃は自分の中での変化を感じているようです。

ヒールが怖い30代

MIHARA YASUHIRO

この日の彼女はオーバーサイズのTシャツにデニム、足元はフラットなサンダルというラフなコーデ。

「昔はなんであんなに高いヒールの靴を平気で履けていたのか信じられない」

と話す彼女の以前を思い出すと、確かに恐ろしくヒールの高い靴をよく履いていたような。

「そうだねえ、手を出さなくなると途端に履けなくなるよねえ」

と、毎日ヒールだった過去を持つ私も同意。

関連 40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

この日私の足元は去年買ったウェッジソールのサンダルだったけれど、彼女曰く、ウエッジソールでももう怖い、フラットじゃないと歩けないとのこと。

関連 ヒールが辛い、大人のヒールの選び方。

それでもヒールのある靴は好きなので、車で食事しに行ってそのまま帰るだけ、とか、家からパーティー会場までタクシーで移動、とか、長時間歩く必要のない外出の際にはヒールを着用することもあると言う。

そうか、やっぱり40が見えて来ればみなそんな感じなのかもね、などと話しながらも、別に年齢云々の問題でもないかとふと別の友人を思い浮かべたのでした。

毎日ヒールで出勤する彼女

私より少し年上、40代後半の友人が持っている靴は未だにほとんどが5~7cmのヒールのあるパンプス。某企業にて事務職として働く彼女は毎日ヒールで駅まで歩き、満員電車に乗り、会社まで歩き、オフィスで動き回りながら1日を過ごしています。

別に社内でヒールが義務付けられているから仕方なく履いているのではなく、これはあくまでも彼女自身の選択。

関連 女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

彼女の好むスタイルやコーデにはやはりヒールのあるパンプスが似合う、ということなんでしょう。そして、ずっと履き続けているからこそ今もヒールで美しく歩くことができる。あと、きちんと自分の足に合った靴を選べているというのもあるのかも。

思い返せば私がヒールを履けなくなったのも住環境が変わってからだし、冒頭の友人も車移動が多くなり徒歩での外出をしなくなってから途端に苦手になったと言う。

結局は、そういうことですね。

なんでもかんでも年齢のせい

sugamo1_13

年を取るというのはなかなか便利なものでして。

ヒールが履けなくなるのも、服が似合わなくなるのも、体型が変わるのも、記憶力が悪くなるのも、いろいろ冒険できなくなるのも、なんでもかんでも全ての変化は年のせい。私の努力とか生活習慣のせいじゃなくて、年のせいなんだからどうしようもないじゃない。

という開き直りができてしまう諸刃の剣。そういや私も以前健康診断でうっかり口を滑らせて先生に怒られたっけ。

関連 右軸偏位って何?健康診断で心電図に所見あり。

この年になるといやあね、いろいろ変化が出てくるからさ、とかいいつつ、実は年齢を隠れ蓑として便利使いしているだけの裏腹プレイを繰り返す。

ヒールどうこうは好みの問題も大きいのでまた別としても、自分の怠惰による変化までをも年齢のせいにするのは思考停止状態、かなりの危険思想だよとお互いを戒めました。

ミニマリストの持たない暮らし

なぜここで「お互いを戒めた」のかと言えば、友人もお腹ぶよぶよを気にしていたから。

私がファスティングについて話すとヤツはここに宝あり、とばかりにキラキラ目を輝かせておりましたが、お腹ぶよぶよは1日にして成らず。ファスティングもジュースクレンズもなんちゃら米もいいけれど、結局は日々の積み重ねが最重要項目じゃなかろうか。

と、最後には結局ワインをバカスカ飲みながらお前らが言うなの巨大ブーメラン展開にて原宿の夜はお開きとなったのでした。

 




関連記事

外でランチはもう古い?ランチタイムは消えるのか。

なんと!気がつけばもう2年が経過しているではないですか。 関連 休肝日は休胃日に。夕食

記事を読む

不意打ち3日断食で手に入れたもの(減量以外)。

意に反しての家断食敢行により、体重とウエストサイズにみるみる変化が生じたのはすでにお伝えした

記事を読む

おやつに素焼きアーモンド。

すみません、嘘つきました。 正しくは「おつまみに素焼きアーモンド」です。 随分前

記事を読む

昆布で白髪は染まるのか問題。

先日ぴよこさんより白髪問題に関する耳寄りなコメントを頂戴しました。 関連 カラーバター

記事を読む

アトピーとほうれい線をにわかオイリー肌で改善する。

By: Ernst Moeksis[/caption] 日本を離れて早10日が経過しました。

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

美魔女より難易度の高い妖怪に関する考察。

何年経っても全然変わらない人がたまにいます。そういう人たちは同窓会に出席するたびに 「

記事を読む

40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕事をしていて、あれ、こりゃ結構

記事を読む

自撮り好きな人ってイタいよね、なんて笑っている場合ではない。

By: Garry Knight[/caption] 仕事で自分の写真が必要になったので、今

記事を読む

ナイロントートがものすごいスピードで汚れる。

たった2ヶ月でこんなに汚れるものなのでしょうか。 いや、もしかすると、素材云々色どうこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑