毎日鏡を見て生きてきた人のすごさ。

公開日: : 最終更新日:2019/06/06 生き方と考え方

note16

仕事柄、文章を書く作業は比較的多い方だと思うのですが、ここのところ改めて文章について気になっていることがあります。それは、種類による得手不得手問題。

これまでにも話すことと書くことの関連性、または相違性について考えたことは幾度もあった。

話し方教室に行きたい。

けれど今、新たに疑問に感じているのは、基本的な文章力云々ではなく、もうちょっと先というか中のこと。素朴な疑問について、その道のプロに素直に尋ねて見たならば、思いがけぬ回答が得られたのでした。

得手不得手に関する不思議

cebu-diary-03-1

ここのところ、自分で書くだけじゃなく、人の文章を確認したり、それをまたさらに再構成したりする仕事が増えてきました。

これまで私は文章の得手不得手(あくまでも基本的な文章力を兼ね備えた人のそれ)とは、テーマやジャンル、または文体の種類、音楽に例えるならばロックとかジャズとかボサノバとか、そういうものによって変わるのだと捉えていました。

つまり、書き手としてはプロでなくても、自分の専門分野ならばある程度のクオリティの文章は書ける(テーマやジャンル)、とか、面白おかしくテンポよく読ませる文章は得意だけど、主観を入れずに事実のみを簡潔にまとめるのは苦手(文体の種類)、とか。

が、得手不得手を決定する要素はそれ以外にもあって、例えばかき集めた様々な要素をひとつの文章として再構成するとか、他者の口語を文章として組み立て直すといった作業の上手さと、文章自体の上手さ、文法を正しく使える能力、リズム感の良さなどは、それぞれ別なのだなと改めて感じています。

当たり前っちゃあ当たり前なんだけど、なんとなくここ、ひとくくりにしちゃいがち。文章書けるんだから、この程度の分量の資料まとめるのなんて楽勝でしょ、とか考えがち。自称「文章はまるで書けない」けど優秀な編集者だっていることだし、レポートは書けない詩人だっている。それとこれとは別なのです。

私自身、5年もの間毎日ブログを書き続ける程度には文章を書くこと自体は嫌いではないが、与えられたテーマについて、各方面を調べ尽くし、データを分析しまとめる、といった作業はまるで得意ではない。自己を顧みればすぐにわかることなのに、人様には得手不得手考慮せず無理な要求をしがちだなあと感じているのです。

毎日鏡を見て生きてきた人のすごさ

Pulitzer Hotel Barcelona3

というようなことを、先日ベテラン物書き氏にこぼしたところ

「自分のことを書かせたら、基本的に男性より女性が優秀に決まっている」

とさも当然のように返されました。身体的特徴は別として、男だから、女だからという決めつけはちょっと、ねえ、などと訝しんだのですが、曰く

「毎日鏡を見て生きてきた人とそうでない人の自己分析力や表現力は違って当然」

らしい。なるほど、化粧をする習慣がある人が鏡を見る頻度も時間も多いのは確かで、自分の姿形を映し出す物体を幾度も覗きこむ行為は単に身だしなみを整える手段以上の影響がある、ということか。

酒飲みながら聞いていたので私の解釈が間違っているかもしれないけれど、この説、納得できなくはない。

もしも日々のちょっとした習慣、それこそ鏡を覗くとか、頭をかくとか、目をしかめるとか、舌打ちをするとか、些細な行為の蓄積に己を変えてしまう力があると考えたなら、もう全部が嫌になったりも、なんだか救いがあるように感じたりもするのです。そして、文章力云々の話はどこかに行ってしまった。

 




関連記事

好きなこと、やりたいことでも頑張れない理由。

仕事でも、勉強でも、健康でも、お片づけでも、ダイエットでも。 何にでも言える事ですが、

記事を読む

手書きで馬鹿が2割り増し。

悪い意味で驚きの記憶力なので、メモ必須、メモ大事。 改めてそう考える秋であります。

記事を読む

おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分のことがよくわかっていない人。

記事を読む

髪型をコロコロ変えるのは気が多い証拠説。

ヘアスタイルを頻繁に変える女は気が多い。なんてことを子供の頃よく周りが言っていたように記憶し

記事を読む

40代フリーランス、就職したい金曜日。

金曜日ですね。 残念ながら今のところそんな可能性も予定もありませんが、就職したいです。

記事を読む

東京タワー

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

1LDKなんて絶対反対断固拒否。私の部屋がないじゃないか。 そうひと暴れしてから早数ヶ

記事を読む

普通のことができない人がやらかさないために。

「想像を絶するだらしなさ」 と表現していたけれど、このままではいつかやらかしてしまうと

記事を読む

美魔女とマニアと身軽な人生。

By: Jenn Durfey[/caption] 白髪問題について散々書いていますが。

記事を読む

なんかなんかなんか。

人生三大嫌で嫌でたまらない行為のひとつといえば「記録された自分の声を聞くこと」ですね。

記事を読む

ただいま、を何度も作る。

By: Nattu[/caption] 年末の計画は別として、年内にも旅の予定があります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑