毎日鏡を見て生きてきた人のすごさ。

公開日: : 最終更新日:2019/06/06 生き方と考え方

note16

仕事柄、文章を書く作業は比較的多い方だと思うのですが、ここのところ改めて文章について気になっていることがあります。それは、種類による得手不得手問題。

これまでにも話すことと書くことの関連性、または相違性について考えたことは幾度もあった。

話し方教室に行きたい。

けれど今、新たに疑問に感じているのは、基本的な文章力云々ではなく、もうちょっと先というか中のこと。素朴な疑問について、その道のプロに素直に尋ねて見たならば、思いがけぬ回答が得られたのでした。

得手不得手に関する不思議

cebu-diary-03-1

ここのところ、自分で書くだけじゃなく、人の文章を確認したり、それをまたさらに再構成したりする仕事が増えてきました。

これまで私は文章の得手不得手(あくまでも基本的な文章力を兼ね備えた人のそれ)とは、テーマやジャンル、または文体の種類、音楽に例えるならばロックとかジャズとかボサノバとか、そういうものによって変わるのだと捉えていました。

つまり、書き手としてはプロでなくても、自分の専門分野ならばある程度のクオリティの文章は書ける(テーマやジャンル)、とか、面白おかしくテンポよく読ませる文章は得意だけど、主観を入れずに事実のみを簡潔にまとめるのは苦手(文体の種類)、とか。

が、得手不得手を決定する要素はそれ以外にもあって、例えばかき集めた様々な要素をひとつの文章として再構成するとか、他者の口語を文章として組み立て直すといった作業の上手さと、文章自体の上手さ、文法を正しく使える能力、リズム感の良さなどは、それぞれ別なのだなと改めて感じています。

当たり前っちゃあ当たり前なんだけど、なんとなくここ、ひとくくりにしちゃいがち。文章書けるんだから、この程度の分量の資料まとめるのなんて楽勝でしょ、とか考えがち。自称「文章はまるで書けない」けど優秀な編集者だっていることだし、レポートは書けない詩人だっている。それとこれとは別なのです。

私自身、5年もの間毎日ブログを書き続ける程度には文章を書くこと自体は嫌いではないが、与えられたテーマについて、各方面を調べ尽くし、データを分析しまとめる、といった作業はまるで得意ではない。自己を顧みればすぐにわかることなのに、人様には得手不得手考慮せず無理な要求をしがちだなあと感じているのです。

毎日鏡を見て生きてきた人のすごさ

Pulitzer Hotel Barcelona3

というようなことを、先日ベテラン物書き氏にこぼしたところ

「自分のことを書かせたら、基本的に男性より女性が優秀に決まっている」

とさも当然のように返されました。身体的特徴は別として、男だから、女だからという決めつけはちょっと、ねえ、などと訝しんだのですが、曰く

「毎日鏡を見て生きてきた人とそうでない人の自己分析力や表現力は違って当然」

らしい。なるほど、化粧をする習慣がある人が鏡を見る頻度も時間も多いのは確かで、自分の姿形を映し出す物体を幾度も覗きこむ行為は単に身だしなみを整える手段以上の影響がある、ということか。

酒飲みながら聞いていたので私の解釈が間違っているかもしれないけれど、この説、納得できなくはない。

もしも日々のちょっとした習慣、それこそ鏡を覗くとか、頭をかくとか、目をしかめるとか、舌打ちをするとか、些細な行為の蓄積に己を変えてしまう力があると考えたなら、もう全部が嫌になったりも、なんだか救いがあるように感じたりもするのです。そして、文章力云々の話はどこかに行ってしまった。

 




関連記事

一人旅の正しいお作法。

By: The U.S. National Archives[/caption] どうにも派

記事を読む

忙しいのはイヤだけど、余白多すぎもまた問題。

師走は忙しいものと相場が決まっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。みなさまがたのただでさ

記事を読む

台風で電車が止まっても定時で会社に行きたい人。

台風一過。 当日は午前中に渋谷方面で予定があったのだけれど、JRが止まっていたので地下

記事を読む

休みの日に連絡しても絶対に反応しない後輩。

たのしいたのしい年末年始休暇も終了し、世間はすっかり通常モードに戻りましたね。もちろん私も戻

記事を読む

yuming

くさったおばさんと、恋のうた。

小さい頃は神様がいたっけかなあ。不思議に夢を叶えてくれたりしたかなあ。 20数年前、当

記事を読む

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

By: Robert Benner[/caption] 台風が猛威を振るっています。

記事を読む

自分大好きな人、自己肯定感の育て方。

友人がお子さんの幼稚園の順番待ち真っ最中だという。 なんでも、一度別の幼稚園に入園した

記事を読む

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

先月バンコクからフィリピンへのフライトの際にマニラ空港で8時間のトランジットがありました。

記事を読む

人生のど真ん中を失うということ。

先日たまたま目に入った記事を読んでびっくり。 アニサキスにあたって、一生ほとんどの魚が

記事を読む

働いていないという罪悪感。

みなさま既に年末年始休暇に入られた頃でしょうか。 今年のカレンダー的には年末年始で5,

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑