死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

note16

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパターンは多々あります。

「My Life Without Me」だと認識して観ればそうだな、と思うけど、邦題になると途端に印象が変わる。

え?これってそんな話なんですか?となってしまう。

大切なのは「したいことリスト」の内容なんかじゃないのに、自分なら何をリストアップするだろうかとか、タイトルにつられて余計なことを考えてしまうのです。

死ぬまでにしたい10のこと

nhatrang_foods_77

2003年に公開されたカナダとスペインの合作映画「死ぬまでにしたい10のこと」。当時はそれなりに話題になった作品でしたが、2019年の今になって初めて観ました。

ある日突然、腹痛に倒れて病院で検査を受けると、「あと2ヶ月の命」と宣告される。家族にも誰にも話さない。そう決めたアンは、深夜のカフェで独り、「死ぬまでにしたいこと」リストを作る。それは10項目のリストになった。

ざっくりとした内容は把握していたけれど、邦題とイメージビジュアルの印象に引っ張られたまま時は流れて16年。死を意識して初めて自分の欲望に向き合う云々がメインテーマなのだろうという予想は大きく裏切られ、したいことリストはストーリーに軽く振りかけられたスパイスでしかない事実に少々戸惑う。

最後まで観て、原題を知って、なんだ、そいうことかと思ったのでした。

とはいえ、もしも自分に残された時間が2ヶ月しかないとわかったら、深夜のカフェでノートを広げて何をリストアップするかしら。とは考えてしまうのです。

共感できないしたいことリスト

suma1608_15

23歳の若さで余命宣告を受けたアンのリストと私の架空のそれに共通する項目は、ただのひとつもない。

アンの最後の恋も、肝心のお相手も、いまいちパッとしない(大きなお世話)。「好きなだけ酒とタバコを楽しむ」はまあ、わかるかな。私の場合は酒だけでいいけれど。

パーソナリティはもちろん、年齢も立場も家族構成も違えば、やりたいことが違うのは当然でしょう。でも、残り時間が限られているとして現実的に「すべきこと」はいろいろあるとしても、「したいこと」は浮かばないとはこれいかに。

いや、やりたいことなんてまだまだたくさんあるけれど、あと2ヶ月しかないとして、絶対にこれだけはしておかなくちゃ!と強く願う対象がないのです。裏を返せば、やり残したことが特にない。

そこそこ好き勝手に生きてきたからだとしたら、地味でデタラメなこの人生も、そう悪くはないのか。

キラキラしてない、普通の人生。

若くして2人の幼い娘を残して逝くのは辛い。けれど、自分がいなくなっても続いていく世界のために、最後に何ができるかを考え、実行する準備ができるのはある意味幸せなこと。来るかどうかもわからない老後の不安に押しつぶされて眠れぬ夜を過ごした翌朝、不意にこの世を去ることになりました。なんてアクシデントは、誰にでも起こりうるのだから。

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

地元の知人が先月亡くなったと知ったのは、この映画を観た数日後のことでした。

日々のご飯やお出かけの様子など、いつも通りの様子がつい最近までSNSにポストされていたから、闘病中だなんて全然知らずに呑気にいいねをつけていた。ただただ驚くとともに、そうだった、人って突然いなくなるんだと改めて思う。

年もそう変わらず、独身で、一人暮らしで、酒好きという共通点があった彼女の書いたリストなら、いくつか共感できる項目があっただろうな。

彼女が最期を意識していたのか、準備はできたのか、そしてしたいことリストがあったかどうかなんてもちろんわからないけれど。

次に会ったら、聞いてみよう。

 




関連記事

レモンの切り方と冷蔵庫で長持ちさせる保存方法。

By: liz west[/caption] ものすごーくしょうもないことなのですが。

記事を読む

白いパンツ、おばさんが着る服は全て流行遅れ。

白のパンツに頼りきった生活を送っています。 パンツって、下着じゃないです。ズボンのほう

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

新時代の幕開け、日常の底上げ。

奥さん、5月です。しかも、令和です。 昨日今日はかなり重要なポイントだと思うのですが

記事を読む

自分で選ぶ人生、一人で生きることの意味。

本日は怖いお話をします。 そっち系が苦手な方はスルー願います。 おかげさまで今月は花

記事を読む

一人の時間を楽しめる理由と一人で街を味わう理由。

国内外をふらふらと徘徊し、自由気ままにあちこちで過ごす生活に喜びを感じる私。 元々孤独に強

記事を読む

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタイミングをうかがっています。

記事を読む

場所を取るけど絶対に捨てられないもの。

By: Chris Potter[/caption] 場所を取るので捨てたいけど捨てられない

記事を読む

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「他からの

記事を読む

WiMAX2+ギガ放題プランにてMX03へ機種変更。

By: Jerome Bon[/caption] 悩んだ挙句に決めました。 これから2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑