残り3/4に思いを馳せる。

公開日: : 最終更新日:2018/03/27 生き方と考え方

minatoku2

お、これはちょっと面白そうだからいつか書こう。今日じゃないけど、そのうち書く。そう思いつつ関連キーワードを羅列、下書きとして保存。その状態のまま熟成に熟成を重ねた、つまり放置したままのネタたちがこのブログにはいくつか溜まっています。

さて今日の気分にマッチする回収ネタは眠っていないかと探ってみると

「臑毛とカレー」

というタイトルの下書きが出てきて戦慄しています。

ノートの書き方、ノートの目的

note16

文字列だけでも相当な嫌悪、さらにビジュアルを思い浮かべようものなら大混乱間違いなしのパワーワード、臑毛とカレー。

下書きした日付とキーワードによると、どうやら2018年の初夢ネタだったようであります。どんな夢見てんだ。しかも大事な初夢のタイミングに。

もしかしたら、今年の夢見の悪さは初夢から始まっていたのでしょうか。

更年期の悪夢。

奇怪な初夢の内容はもう覚えていないし、取り立てて思い出したくもないけれど、下書きにこのフレーズを認めたその日その瞬間の私にとってはさぞかし面白おかしいストーリーだったのでしょう。

しかし、せっかく下書きに入れておくならもっとちゃんと書いとけよ、とも思う。後で見て思い出せるようにするのがノートに書き留めておく目的じゃないのかと。

この先の3/4に思いを馳せる

note

毎日書き散らしているこのブログだけじゃなく、ノートにもいろいろ戯言書いています。

スケジュール帳を持つのを止めた結果。

ノートとか手帳ってやつはどうも魔法のツール的持ち上げられ方をされがちなアイテムですね。

業務効率をあれこれするための手帳術なんてのは序の口で、寝起きのぼんやりした頭のままノート3ページ書きなぐるとどうこうなるとか、書けばいつの間にか夢が叶うとか、東大に合格するとか、ノート界隈にはちょっとアレな匂いのするエピソードが常につきまとっている。ような気がする。

などとノートワールドをおちょくっている私も、書き出すことの効果はあるのかなあとほんのり思っていて。何しろ、10年前のノートにグダグダ書き連ねていた将来の目標リストを殆ど実現している人間なので。

70歳のライフプランシート。

実現できた理由は、それは夢や目標などという壮大なものじゃなくて単なる予定だよね?程度のハードルの低さによるものでもあるのだけど、それはまあ結果オーライということでいいじゃありませんか、この際。

で、何が言いたいかというと、どうやら2018年もそろそろ1/4が終了しようとしていますね、という話。

広げる、探す。 やりたいことリスト2018。

楽しく慌ただしかった年末年始は晴れやかなスタートを切った気がしていたけれど、壁に貼り付けたリストを眺めると残り3/4はなかなか忙しくなりそうだなとまたまた戦慄し、明日からはもうちょい集中する時間を持ちたいと思う。やや緊張するアプライも、毎年地獄の様相を見せる花見大会も、ただただ楽しいはずの食事会も、今週来週に集中しているけれど、それはそれとして。存分にはしゃぎまくるとして。

 




関連記事

たった1回の失敗で心が折れるメンタルの弱さ。

かなり前のことになるのですが、ちょっとしたイベントを仕込んだことがあります。 それは仕

記事を読む

私なら行かない。

By: Kool Cats Photography over 3 Million Views[/c

記事を読む

頓挫した「感情の見える化」実験。

またいずれ、と放り投げたままのネタがいくつもあります。 この時書いた「実験」もそのひと

記事を読む

続・2016年の運勢を占う。

By: Phillip Chee[/caption] 2016年の運勢占いリンク。 昨

記事を読む

人の子供は育つのが早い。

子供の頃、親戚や古い友人に会うたびに母親が 「まー、人の子供は育つのが早いわね!」

記事を読む

本当に怖い、妙な考え癖と思い込み。

まだ後半を書いていませんが。 参考 巣鴨地蔵通り商店街から庚申塚へ。東京散歩・豊島区

記事を読む

ひとりぼっちのクリスマス。

By: webhamster[/caption] 「クリスマスに恵比寿のレストランに行ったよ

記事を読む

孤独でも楽しそうな日本人 身軽な一人旅派は今後も増えるか。

去年発表された2014年のデータですが。 参考 じゃらん宿泊旅行調査2015(じゃらんリサーチ

記事を読む

今見えている現実は真実ではない。セブ日記 10

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように青い空なのだから、そろそろまた

記事を読む

石ころでも売る技術。モノを売るテクニックは悪なのか。

By: photosteve101[/caption] 朝日新聞に糸井重里さんのインタビュー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑