なんの楽しみもない、中年の暮らし。

公開日: : 生き方と考え方

あら、私って天才?と思いました。

後々このアルバムを聴き返せば2018年のゴールデンウィークを、バーからの帰り道につい構ったふくよかすぎる猫に引っ掻かれた痛みを、うっかり踊り出しそうになったぬるい風吹く夜の歩道を思い出すのだろうか。

アリババの休日とリア充の爆発。

まさに今、この夜のことを思い出しています。単なる懐かしさによる回顧ではなく「なんと贅沢な春だったのだろうか」という静かな驚きのようなものを噛み締めながら。

よくぞ書き記していた。えらいぞ、2018年の私。

なんの楽しみもない中年の暮らし

選挙時期には飲食店での酒類提供だけでなく、小売店での販売も禁止になったり、女性が人前で飲酒する行為を咎められたりする国で暮らしてみて、日本は飲酒に寛容な国であると知りました。それまではなんとも思っていなかったけれど、改めてありがたいことだとしみじみしたものです。

それがまさか、外で酒が飲めない日が来るなんて。

正直なところ、切ないです。当事者である飲食業関係のみなさまは切ないどころの騒ぎじゃないことは重々承知で、切ないです。

家飲みも、自作つまみも好物だけれど、日々の晩酌とたまの外での一人酒、この両輪が揃っていないと、私の生活は途端に精彩を欠いてしまう。そんなことに今更ながら気付かされました。

酒の他に楽しみがない中年−。文字にすると半端ない悲壮感が漂いますが、まあ大きく外れてはいない。しかし唯一とも言えるその楽しみを楽しむ覚悟と意気込みには相当のものがあるのです。何を偉そうに。

書かなければ、忘れてしまうささやかなこと

なんの予定もない、何もしないゴールデンウィークが好きなのは今も変わっていない。しかしただベッドに横たわって天井を見つめるだけの休日を過ごしたいわけじゃなくて、積極的に何もしないのが好きなのです。

「何もしない」に、忙しい。

前のめりに獲得した何もしない時間を無駄に使い、あてもなく散歩に出かけて、ふらふら酒場に立ち寄り、ひとりニヤニヤ酒を飲む。それこそが私の理想とするゴールデンウィークの過ごし方なのだ。と、3年前の記録を読んで改めて認識した次第。

けれど「アリババの夜」のことなんて、書いていなければ忘れ去ってしまうような、あまりにもささやか過ぎる出来事。その瞬間はどれだけ充実していても、妙な幸福感に浸っていたとしても、当たり前な日常の一コマは、長期記憶には残りにくい。確かにあった時間すら、ないものとして処理してしまうのではなかろうか、と思うのです。

ああ、そうだよ。あの夜はたいそう楽しかったことを、あんたのおかげで思い出したよ。と、3年前の私に礼を言いたい。言ってどうなるものでもないが、言いたい。楽しかったからとはいえ、よくぞあのしょうもない時間についてわざわざ記したなと。天才かよと。

天才に敬意を表して2021年の今についてメモしておくと、今年も私はサルサですよ。なぜか今になってLuis Enriqueブームが到来して、部屋でガンガンかけてますよ。

3年後に「Ciclos」を聴けば、この切ない春をありありと思い出すのだろうか。アリババの夜のように。

大人一人暮らしのヒント

世界中が例のアレで大混乱であっても、根本の暮らしは良くも悪くも大きな変化はなく、これといった楽しみも、自分の成長を感じられるような出来事もない、平々凡々な中年の暮らし。

だからこそ、心底しょうもない出来事や楽しみを書き記す意義があるような気がした、2021年のゴールデンウィーク直前であります。




関連記事

意外と簡単?プール付豪邸暮らし 人生観を変えるかもしれない「疑似体験」

プール付の豪邸で、のんびり過ごす。 憧れますよね。 でも、一般庶民にはそんな生活

記事を読む

複数のコミュニティに参加することの重要性。

コミュニティ。 そう表現するのはいささか大げさな気もしますが、全然違う生き方や考え方を

記事を読む

禿げる。

去年ふざけた話を書いた祟りでしょうか。 関連 外野が何を言っても響きはしない。

記事を読む

彼女がものを減らす理由と削れない贅沢費。

そろそろものを減らそうと思う。 今まで減らし界隈には全く興味のなさそうだった友人の宣言

記事を読む

開かない扉、脂汗、咄嗟の判断。

カフェなど飲食店のトイレ、男女別になっているところが多いじゃないですか。もしくは「男女兼用」

記事を読む

お金と自由と持たない暮らし。

昨日たまたま見つけたブログ記事の内容にとても共感できたのでシェア。 参考 お金と自由~

記事を読む

新年に環境を整えるというシンプルな戦略。

いよいよヤツが本気出してきそうな気配がしませんか。 ヤツってあいつね。2018年ね。

記事を読む

NYの治安と物価

どんな状況であっても、味方になってくれる人はいるか。

「自分がどんな状況におかれようと味方になってくれる人はいるか」 珍しく遅い時間まで居座

記事を読む

限りある貴重な時間を溶かしている。

短期間で2周した話。 王さまが気はやさしくて力持ちすぎて、それを観られただけでもよかっ

記事を読む

孤独な一人暮らしのソーシャルディスタンス。

例のアレが収束の兆しを見せないまま、そろそろ終わろうとしている2020年。自分の生活に少な

記事を読む

Comment

  1. Yosh より:

    2021年のゴールデンウイークは、ほんと、のんびりしました。おかげで、用事がサクサク進みました。
    でもでも、(家族以外の)人と会いたい!という欲をすごく感じました。そして、私も外呑みしたいです!
    ワクチンが行き渡れば、アレによって出来なくなっているアレやコレやができるようになるのですかね~。でも、インフルエンザワクチンみたいに、毎年接種しないといけなのかな~
    ま、連休最終日の明日も引き続き、冬物衣料のお手入れ等の用事を済ますことにします。

    • crispy-life より:

      Yoshさん

      もうのんびりするしか策はない、という休暇でしたものね。でも、用事をサクサク片付けられている点が有意義すぎます。わたくし、さほど何もできずに終わりました…。

      またまた延長になっちゃって、ますます外飲みへの想いも募ります。ああ、テラスで昼飲みに最高の季節なのに…もう少し辛抱ですね。うう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑