なんの楽しみもない、中年の暮らし。

公開日: : 生き方と考え方

あら、私って天才?と思いました。

後々このアルバムを聴き返せば2018年のゴールデンウィークを、バーからの帰り道につい構ったふくよかすぎる猫に引っ掻かれた痛みを、うっかり踊り出しそうになったぬるい風吹く夜の歩道を思い出すのだろうか。

アリババの休日とリア充の爆発。

まさに今、この夜のことを思い出しています。単なる懐かしさによる回顧ではなく「なんと贅沢な春だったのだろうか」という静かな驚きのようなものを噛み締めながら。

よくぞ書き記していた。えらいぞ、2018年の私。

なんの楽しみもない中年の暮らし

選挙時期には飲食店での酒類提供だけでなく、小売店での販売も禁止になったり、女性が人前で飲酒する行為を咎められたりする国で暮らしてみて、日本は飲酒に寛容な国であると知りました。それまではなんとも思っていなかったけれど、改めてありがたいことだとしみじみしたものです。

それがまさか、外で酒が飲めない日が来るなんて。

正直なところ、切ないです。当事者である飲食業関係のみなさまは切ないどころの騒ぎじゃないことは重々承知で、切ないです。

家飲みも、自作つまみも好物だけれど、日々の晩酌とたまの外での一人酒、この両輪が揃っていないと、私の生活は途端に精彩を欠いてしまう。そんなことに今更ながら気付かされました。

酒の他に楽しみがない中年−。文字にすると半端ない悲壮感が漂いますが、まあ大きく外れてはいない。しかし唯一とも言えるその楽しみを楽しむ覚悟と意気込みには相当のものがあるのです。何を偉そうに。

書かなければ、忘れてしまうささやかなこと

なんの予定もない、何もしないゴールデンウィークが好きなのは今も変わっていない。しかしただベッドに横たわって天井を見つめるだけの休日を過ごしたいわけじゃなくて、積極的に何もしないのが好きなのです。

「何もしない」に、忙しい。

前のめりに獲得した何もしない時間を無駄に使い、あてもなく散歩に出かけて、ふらふら酒場に立ち寄り、ひとりニヤニヤ酒を飲む。それこそが私の理想とするゴールデンウィークの過ごし方なのだ。と、3年前の記録を読んで改めて認識した次第。

けれど「アリババの夜」のことなんて、書いていなければ忘れ去ってしまうような、あまりにもささやか過ぎる出来事。その瞬間はどれだけ充実していても、妙な幸福感に浸っていたとしても、当たり前な日常の一コマは、長期記憶には残りにくい。確かにあった時間すら、ないものとして処理してしまうのではなかろうか、と思うのです。

ああ、そうだよ。あの夜はたいそう楽しかったことを、あんたのおかげで思い出したよ。と、3年前の私に礼を言いたい。言ってどうなるものでもないが、言いたい。楽しかったからとはいえ、よくぞあのしょうもない時間についてわざわざ記したなと。天才かよと。

天才に敬意を表して2021年の今についてメモしておくと、今年も私はサルサですよ。なぜか今になってLuis Enriqueブームが到来して、部屋でガンガンかけてますよ。

3年後に「Ciclos」を聴けば、この切ない春をありありと思い出すのだろうか。アリババの夜のように。

大人世代がひとりで暮らす

世界中が例のアレで大混乱であっても、根本の暮らしは良くも悪くも大きな変化はなく、これといった楽しみも、自分の成長を感じられるような出来事もない、平々凡々な中年の暮らし。

だからこそ、心底しょうもない出来事や楽しみを書き記す意義があるような気がした、2021年のゴールデンウィーク直前であります。




関連記事

続・2016年の運勢を占う。

By: Phillip Chee[/caption] 2016年の運勢占いリンク。 昨

記事を読む

70歳のライフプランシート。

By: Anthony Easton[/caption] 月曜日にふと気がついて検索してみたら、

記事を読む

なんかなんかなんか。

人生三大嫌で嫌でたまらない行為のひとつといえば「記録された自分の声を聞くこと」ですね。

記事を読む

威厳のマツコのお墨付き。

「お墨付き」という言葉があります。 特定の商品やサービスの品質の高さや安全性をユーザー

記事を読む

ちょっと切ない女性向け資産運用セミナーに参加した。

先日、資産運用セミナーに参加しました。 待って。 またかよ、とかそこ言わないで。

記事を読む

しなかった、できなかったことで得たもの。

たとえ襟足を刈り上げたとしても、3ヶ月も経過すれば結べる長さになる。つまり、失敗しても時が必

記事を読む

ひとりぼっちの帰り道。

By: Gavin St. Ours[/caption] 普段は家で一人もさもさ粗食を食む暮

記事を読む

会うたびに落ち込む友人関係。

先日友人から 「あんたと会って話した後は、毎回落ち込む」 と言われてしまいました

記事を読む

行き方を他人に委ねて生きている。

一人でタクシーに乗るのがあまり好きではないので極力使わない派なのですが、行き先によってはそう

記事を読む

モアルボアル チリバー

漠然とした不安の正体は。

平常心平常心。 そうつぶやきながら微笑むあの坊主は誰だったけ、一休さんか? なん

記事を読む

Comment

  1. Yosh より:

    2021年のゴールデンウイークは、ほんと、のんびりしました。おかげで、用事がサクサク進みました。
    でもでも、(家族以外の)人と会いたい!という欲をすごく感じました。そして、私も外呑みしたいです!
    ワクチンが行き渡れば、アレによって出来なくなっているアレやコレやができるようになるのですかね~。でも、インフルエンザワクチンみたいに、毎年接種しないといけなのかな~
    ま、連休最終日の明日も引き続き、冬物衣料のお手入れ等の用事を済ますことにします。

    • crispy-life より:

      Yoshさん

      もうのんびりするしか策はない、という休暇でしたものね。でも、用事をサクサク片付けられている点が有意義すぎます。わたくし、さほど何もできずに終わりました…。

      またまた延長になっちゃって、ますます外飲みへの想いも募ります。ああ、テラスで昼飲みに最高の季節なのに…もう少し辛抱ですね。うう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑