定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。

公開日: : 最終更新日:2018/03/13 生き方と考え方

150828d2

先日、父の誕生日でした。

ここ数年、というか、少なくとも私が成人して以降というもの父の誕生日は

「ああ、もしや今日が誕生日では」

とふと思い出すのみの祝い方。プレゼントはおろか、本人に電話の一本すら入れないドライなスタイルなのでもはや祝いとも呼べないけれど、気持ちとしては一応祝っています。おめでとうございました。

定型お祝いメッセージの恐怖

ipod_code1

大人になってからの誕生日なんて特段うれしいものではない。

そんな風に考える人もいるようだけれど、決して平等とは言えない世界において誰もが歳をとってゆくという圧倒的なフラットさが個人的にはやけに好ましい。ゆえに、誕生日や新年など区切りの日を迎えて、ああ今年も1年よかったね、などと思うのは好きだし、おめでとうと言ったり、言われたりするのもいい。

そんな誕生日肯定派の私ではありますが、何がしかの会で名刺交換しただけで特に会話も交わしていない人から誕生日おめでとうメッセージが届いたのをきっかけに、SNSのプロフィール欄から生年月日を削除。早数年が経ちました。

ずいぶん昔に、雑誌か何かで読んだインタビューで

「毎年会社が自動配信してくる定型文の誕生日メールを見て、これはもうヤバいと思った。自分は来年もこのメールを受け取るのかと考えたら無性に怖くなって会社を辞めた」

みたいな記述があって、へえ、そんなもんかしらね。祝ってくれてるんだから別にいいじゃないか、なんて考えた記憶があるけれど、彼女もこんな気持ちだったのか。

古いインタビュー記事を突然思い出したのは、名刺交換→SNSリクエストといういかにもいまどきの流れでつながり(のようなもの)を持った件の人物から、2年連続で全く同じ文面、デコレーションの誕生日祝い定型メッセージが届いたから。

そうか、あの記事の彼女が感じていたのは、こういう怖さか。

見知らぬ誰かのインタビュー記事に今更ながら激しく同意し、衝動的にプロフィールを変更してからは、お祝いメッセージは届かなくなりました。

祝うチャンスは、あと何回

madrid13

今思えば、本当に怖いのは当時の自分の状態であって、メッセージの主の行動ではない。彼はSNS上だけのつながりとはいえ一応は「ともだち」である全員の誕生日に欠かさず定型文メッセージを送るマメな人、というだけなのだから、怖がられる筋合いなどさらさらない。

インタビューの彼女も、私も、他のことで疲れていたタイミングだったからこそ、祝い定型文ごときに違和感を感じたのだろうな。と、今では思うのです。

何が原因で疲れていたのかすら、もう思い出せないけれど。

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

この歳になっても誕生日はそれなりにうれしいものの、誰かに祝ってもらうことをそう重要視しない私でも、おめでとうと声をかけてくれる人が何人かはいる。

でも、父はどうだろうか。

とっくの昔に現役を退き、親戚付き合いも希薄な暮らしで、誕生日おめでとう、のフレーズを聞くことはあるのかしら。誰よりも気難しい母がそんな殊勝な行動を取るとは思えないし、携帯もパソコンも所有していない父は定型メッセージにも無縁。

まあ私同様細かいことはあまり気にしないタイプだと思うけれど、ドライな付き合いながらに一応子としては誕生日は残り何回、なんてことも考えてしまうわけで。

あれ、祝っといたほうがいいのか。祝うべきだったのか。電話はハードル高いから、これを機にスマホレクチャーしてLINEでも始めさせるか。

携帯電話を持たない平凡な人間の非凡な人生。

しかしなあ。もう何十年も祝いらしき祝い方をしていないというのに、今更白々しく祝うのも、なんだかもうそろそろですね感が出て逆にイヤラシくないか。こんな風に考えるのは私の都合だし、これくらいの距離感が我が家っぽいっちゃあぽいから、いいかなあ。

親子に限らず、誕生日祝いに限らず、長らく疎遠にしていた習慣を復活させるタイミングというものが、皆目わかりません。

 




関連記事

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

いい歳をして、知らないことが多すぎる。

感覚に頼ると認識を誤るので、ここはひとつテクノロジーに頼りましょう。そう決意してから1週間。

記事を読む

シンプル 瞑想

友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川を渡ったかのようですが、違いま

記事を読む

40代半ば、最年長である場面が増えていく。

歳を取ったからといって、偉くも賢くもなれませんね。 だから年長者を敬う気持ちなんて不要

記事を読む

ブロガーの芸風が変わる恥ずかしさ。

奥さん、5月です。 写真は2年前のこの時期に撮影した鯉のぼりであります。 京成江

記事を読む

成功体験は、作れる。

By: larbelaitz[/caption] 人間が自分の行動や能力に自信を持ったり、こ

記事を読む

あなたの願いをひとつだけ叶えてあげます。ただし…

By: Nishanth Jois[/caption] クリスマスイブですね。 子供た

記事を読む

簡単だけど、誰もやらない方法で差別化する。

By: Terry Johnston[/caption] 先日からオンライン英会話スクールに入会

記事を読む

実は嫌味を言われているとなぜ気づけたのか。

先日ツイッターのタイムラインに流れてきた、このまとめを読んで。 会社で「いつも爪がきれ

記事を読む

初心者 瞑想

もっとラクに生きる方法と、無意識の恐ろしさ。

その後も目の前のことに集中することを心がけながら過ごしています。そう、瞑想の話です。おばさ

記事を読む

Comment

  1. pi より:

    ふと、気まぐれにおめでとう電報など打ってみる…とか。多少日にちがずれたとしても、まあご愛敬で、なんていうのはいかがでしょう(^^) 「今年はなんとなくまあ、気が向いて」なんて感じで(わたしはそんな感じで、思いだしたら何かを送ります)。

    そういえば。
    数年来、わたしの誕生日にはメールをくれていた母が、昨年突然なにも寄こさなかったので「すわ、老体、倒れてたりする?」と、微妙に焦り、それでも該当日より四日まってから電話してみたところ。
    「あ! 誕生日だったね、忘れてたてぺぺろ」と返されましたので思わず「大丈夫、ボケてないよね」と、家族のメンバーの誕生日をいちいち確認してしまいました(笑)

    たまには、いつもと違うことが起きるのが刺激でいいのかも。毎年「来る」ものがこないとか、「来ないものが」来るとか。

    • crispy-life より:

      piさん

      なるほど、電報という手もありますね。今もキャラ電報とかあるのでしょうか。ほら、ガチ電報だと何かあったのかとドッキリされてもアレですし。。。

      我が家はマドンナの特別感を演出するべく彼女以外の家族メンバーバースデイイベントは執り行わないスタイルで貫いてきたのですが、そろそろ習慣を変えてみるのも面白いかもしれませんね。マドンナがどう出るかはわかりませんけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

たらと豆腐のさっと煮
たらと豆腐のさっと煮、キムチ納豆で晩酌。

どうしようもなく魚気分だった帰り道、スーパーに駆け込みました

80代両親に関する50代の娘の悩み。

年末年始に帰省した際、所用で両親と共に家電量販店へ行きました

焼き大根
焼き大根、豚肉とほうれん草のからし和えで晩酌。

いい感じに太さのある大根がある。おまけに、時間の余裕もある。

ミニマリスト主婦の新春コーディネート。

みんなのマドンナ、ミニマリスト主婦シリーズです。ミニマリスト

鶏もも肉と水菜の酒蒸し献立
鶏もも肉と水菜の酒蒸し献立

新年最初の更新ではありますが、平常運転の晩酌献立ストック投下

→もっと見る

PAGE TOP ↑