肉団子と大根の味噌汁、レタス炒め献立。

公開日: : 家飯, 食べること

肉団子と大根の味噌汁

先日の鯖水煮缶と同じパターンです。

鯖納豆、豆苗と豆腐の炒めもの献立。

鯖サラダの後は鯖納豆。肉団子鍋の後は味噌汁。

カレーライスの翌日はカレーうどん、にも通じるお約束パターンがここにもありました。

肉団子と大根の味噌汁、レタス炒め献立

肉団子と大根の味噌汁、レタスの湯引き献立

  • 大根のポン酢漬け
  • 三つ葉海苔やっこ
  • レタス炒め
  • 大根と肉団子の味噌汁

三つ葉海苔やっこ

三つ葉やっこ

木綿豆腐に刻んだ生の三つ葉、小さくちぎった焼き海苔、すりゴマを乗せ、粗塩を振ってごま油をまわしかけたやっこ。同じ味付けにて三つ葉だけでも、または海苔オンリーでも成立します。

レタス炒め

レタス炒め

フライパンに油、にんにくしょうゆ、唐辛子を入れに煮立て、大きめにちぎったレタスを入れて色が変わらない程度にサッと火を通したもの。

大根と肉団子の味噌汁

大根と肉団子の味噌汁

先日の肉団子と乱切りにした大根を昆布出汁で煮て味噌を溶き入れたボリュームたっぷり味噌汁。汁ものというより煮込み料理、メインディッシュ扱いです。

量もたっぷりできたので、いつもの汁椀ではないボウルに盛り、メイン感を自己に演出。肉団子鍋の翌日の肉団子味噌汁を味わうために、少々余分にこねるもの毎度のお約束であります。

家飲みブログ

毎度おなじみ肉団子はよしとして、レタス湯引きはあまりにも青々として不安になるビジュアルに仕上がってしまいました。たまたま細長いやつ、なんだっけ、グリーンリーフ?ロメインレタス?みたいなものを入手したのでたくさん食べたくて火を通してみたのだけれど、この手の調理にするならばやはり普通のレタスの方がよかったかしら。見た目的に。

イメージとしては油を入れた湯でさっとゆがいたレタスにオイスターソースかけるアレ。

西營盤のバーと夜食と坂道と 香港一人旅で食べたもの その2

肝心要のオイスターソースを常備していないので、しょうゆ味で炒めたのでした。見た目はともかく、火を通してたくさん食べるという目的は十分達成できたのでよしとするかな。

その昔はいつも冷蔵庫にあった記憶のあるオイスターソース。あったらあったで便利だよね、と思うものの、最近特に偏食気味というか、味付けの好みが一定になりつつあるので賞味期限内に一瓶使い切れるかは微妙なところ。豆板醤、甜麺醤あたりの調味料、花椒とかクミンとかハーブ系も同じ理由にてもじもじ手出し出来ぬ状態のここ数年。

ありがたいことに、本格的な各国料理や手の込んだ料理は外で食べるという選択肢があるからね。相変わらず塩味メインの地味晩酌に勤しみます。

 




関連記事

喜楽長辛口純米吟醸

滋賀の酒 喜楽長辛口純米吟醸で家飲み 油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え。

愛知が飛んでしまっていますが、滋賀の酒があったのでとりあえず近畿へ突入。 関連 勝手に

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。 関連 さつまいもときのこのグラ

記事を読む

にんじんと牛肉の塩煮、かくや和えで家飲み。

和食の煮物はしょうゆ、砂糖を使った甘辛い味付けが王道ですね。 この甘辛系おかず群はやっ

記事を読む

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。

大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶器市に出向いてがっさり大人買い

記事を読む

家飲み献立 11/10 鯖と白菜の煮物他全5品で晩酌。

いやあー、今日は暖かかったですね。久しぶりにごついアウターなしで薄手のパーカーだけで外出でき

記事を読む

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ

秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

秋刀魚、まだまだ行きますよ。 前回は贅沢(?)にも好物の秋刀魚を味噌汁に入れました。

記事を読む

酔鯨なつくじら純米吟醸

高知の酒 酔鯨 純米吟醸 なつくじら 原酒で晩酌 鰤とふだん草の酒蒸し、つけもの奴献立。

四国地方へやってまいりました。 と言っても既に愛媛は済んでいるので残るは3県。 関連

記事を読む

トマト黒酢酢豚

トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立。

かねてより塩分過多疑惑が渦巻いておりました。どこでって、自分の中で。 砂糖を使わない和

記事を読む

ねぎ入り卵焼き献立

いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年が経過しました。最近はだいたい

記事を読む

塩豚と蕪の炒め物

塩豚と蕪の葉の炒め物、茄子の梅煮。

蕪は本体と葉で二度楽しめるので好きな野菜です。 が、大振りの蕪3つの束なんかで買っちゃ

記事を読む

Comment

  1. 別府美人 より:

    こんばんは♪ (^o^)丿

    今夜「サバ缶」と「鶏ミンチ」に「ショウガ」「醤油」をブッ込んでモミモミして《つくね》的なモノを作ったのですが、
    ひと口食べてみたら・・・遠~~くのほうで《魚肉ソーセージ》の味がしたんですヨ!! (゜o゜)
    次回は、ちょいといろんなスパイスを入れてより近づけてみようと思います♪(笑)
    あっ、ちなみに「サバ缶」の汁は、《トマト・アボカド・茹で玉子》サラダのドレッシングとして使います♪ (^_-)-☆

    • crispy-life より:

      別府美人さん

      遠くで。わかるような気がします。

      しかしわたくし、魚と肉を混ぜて団子にしたことがないかも。海老餃子とか大好きなんで近々試してみたいかも。。。

      鯖缶は汁まで優秀でたいした非常食だと思います!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

健康診断結果に納得がいかない中年の叫び。

毎年毎年飽きもせず、健康診断の結果を公表し続けています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑