過去の肩書きに固執しない生き様。

公開日: : 最終更新日:2021/04/19 捨てる

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

Clubhouseが怖い。

オンラインで人様と会話するツールとしてすっかり定着したzoomに比べると、顔出ししなくていいので気楽だなあ。というのがメリットといえばメリット。Clubhouseに入り浸っている人はきっと、この気楽さにハマっているのでしょう。

とはいえ、当初の盛り上がりはすっかり消え去り、集う人は少なくなっているようです。

肩書きがコロコロ変わる人

リサーチ目的でClubhouse内をパトロールしていると、久しく会っていない友人の名前を見つけました。あ、なんか話してる、とこっそり入ってみると、どうやら「音声配信のプロフェッショナル」みたいな立ち位置でイロイロやっているようでした。

いたく感心しました。

というのもこの友人は、自身の興味関心および世間のトレンドが変化する毎に肩書きを変えているのです。ある時は日本酒マスター、またある時は婚活アドバイザー、さらに個人向けコーチングセッションや宇宙と繋がるスピリチュアルセミナーまで、ありとあらゆるもののプロとして活動し続けています。

こうして書いてしまうと、よくいるタイプの胡散臭い人間としか伝わらないでしょう。私だって全く知らない人が同じことやってたら信用ならん奴、としか思いません。はっきり言って、苦手なジャンル。でも、よく知っている人物なので純粋にすごいなと思ってしまった次第であります。

何がすごいって、それだけいろいろなことに興味を持ち、都度人前で話したり教えたりして換金できるレベルにまで知識と技術を引き上げられる熱量が、すごい。自分にはないパワーだから、余計にそう思うのか。

過去の自分の肩書きに固執せず、古くなったものは潔く捨て去る。

物に固執しない私は肩書きにもこだわらないところはあるけれど、好奇心に突き動かされて次々行動する友人とは異なり、単なる責任逃れという消極的な理由であります。

ミニマリストの人に飽きてしまった。

そう考えると、ずっと同じ顔で生き続けられる人もまたすごい。例えばほら、1曲大当たりしたら印税で安泰、とか羨ましい限りだけれど、いつもいつまでも「あの時の顔」を求められ、提供し続けなければならない辛さというものもまた存在するだろうから。

まあアレですよ。毎度おなじみ、みんなそれなりに大変で、それなりに楽しい、みたいな当たり前の話。

ものを持たない豊かな暮らし




関連記事

無駄使いが嫌いなクセにとんでもない無駄遣いをする。

無駄なことは好きか否かと問われれば、まあ好きだと返すでしょう。むしろ好きなことはほとんどが無

記事を読む

スマホがベッドにある弊害。

iPodの充電ケーブルが断線したので買い換えました。 思い起こせばiPhoneからiPod

記事を読む

終わった後に、捨てるご褒美が待っている。

準備だけ整えて、最終段階には至らず放置すること数日。 「ハア?準備だけ終わった? 書い

記事を読む

OXO ケトル

捨てる日々、やかんはいるのかいらないのか。

By: Kendyl Young[/caption] もう少し減らすつもりで持ち物を再チェッ

記事を読む

今日捨てたもの

女が服を、捨てる時。

久しぶりに服を捨てました。 捨てたのは、シャツ、ブルゾン、コート、Tシャツ、スエット、

記事を読む

今日捨てたもの 8/20 10年分のスケジュール帳を処分。

今月は毎日何かひとつ捨てると決め、毎日実践しています。 これまでは割りとほいほい手放し

記事を読む

捨てる引越し、捨てない引越し。

By: Mark Hunter[/caption] 前回の引越しはトランクルームに預けていた

記事を読む

ブランディア(Brandear)にブランドアイテム買取を依頼してみた。

先日ZOZO USEDの買取額で玉砕した私。 参考 ZOZO USEDの買取査定額が確

記事を読む

断捨離記録ブログがつまらなくなる時。

全財産ならぬ全家財道具が減りに減ったこの3年。昨年秋に引っ越して以降はバカスカ捨てずに済む日

記事を読む

今日捨てたもの 8/12 捨て時を過ぎた化粧ポーチ。

今日はなんだか周辺がものすごくひっそりと静まり返っているのですが… お盆だから?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人は一人でも、求めるものは同じじゃない。

しつこいですけど、外にフラフラ飲みに行けない世界は、本当に切

蒸し鶏のねぎソース
蒸し鶏のねぎソース、豆腐とごぼうの煮もの献立。

おなじみ、蒸し鶏です。あたたかくなってくると、この手の冷菜メ

長きに渡るご利用、誠にありがとうございました。

苦節6年、とうとう乗り換えに成功しました。今年の春こそ環境改

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、キャベツのわさび白和え献立。

確か、別のものを買いにいったんです。ごぼうがあったので、柳川

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

→もっと見る

PAGE TOP ↑