持たない暮らしの年末大掃除 ’17 いろいろ捨てる。

公開日: : 最終更新日:2017/11/24 ミニマルライフ, 捨てる

mabolo

だらだら持ち続けていた大物をようやく捨てました。

関連 使わないもののゆくえ、捨てられない切ない気持ち。

申し込みして、書類が届いて、梱包して、集荷に来てもらう、と最終地点に至るまで数日かかり、ようやく終了。

捨てるか、それとも持ち続けるか。どうしよう、どうしよう、と先延ばしをし続けてきたけれど、なくなってみればなんてことはないといういつものパターンです。

年末大掃除、いろいろ捨てる

年末大掃除ということで窓や床の拭き掃除もしたついでに、久しぶりにいろいろ捨てました。

その内訳は、いらなくなったコード類とか、切れなくなったハサミとか、化粧品の空き容器とか、かかとのすり減った靴下とか、ちょうど寿命を迎えた電池とか、そういう細々したもの。

パソコンのような派手なものに比べると捨てる際の達成感(?)がないので放置してしまいがちだけれど、こういう小さなものがどんどん積み重なっていつのまにか不用品が増えているというのが常だよね、と再確認。

だって、また鞄の中も乱れ気味だったんだもの。

関連 荷物が少なければ鞄の中はすっきりするのか。

以前のように無残に散らかることはなくなったけれど、ちょい目を話すと乱れる。乱れるということは、多分使い方が今の自分の行動に合致していない、ということなのでしょう。効率よく使えていないというか。この辺りは定期的に見直すしか策はないと思われます。

なぜ年末に整理をしたくなるのか

room mate laura hotel_5

年末大掃除といってもさほど掃除するところも、整理するところも、捨てるものもなくなってきたここ数年。

関連 持たない暮らしの年末大掃除 ’16。

それでも年の瀬が近づくと部屋をすっきりさせたくなるのはなぜでしょう。別に年末にやらなきゃバチが当たるわけでもないのに。なんだかんだいって、新年を清々しい気持ちで迎えたいという厳かな思いがあるのでしょうか。

しかし、考えてみればこの部屋で新年を迎えるわけではないのでその仮説もいまいち当てはまらない。私の場合は旅から戻った時に部屋が散らかっているとどっと疲れてしまうので、片付いているほうがもちろんありがたくはあるのだけど。

ミニマリストの持たない暮らし

この時期になると毎度太郎の言葉を思い出す私。元旦をスタートとするなんて、闘いが感じられない。毎日毎朝生まれ変わらなきゃ、ってね。

関連 京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

 




関連記事

MacBook Air '11

片付けられない人の頭の中は散らかり放題。

ものがなければ部屋はさほど散らからない、これ常識。 しかし「もの」なんてひとつもない

記事を読む

もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのでは。

個人的にとても興味深い内容だったのでシェア。 グーグル共同創業者のラリー・ペイジ氏とセ

記事を読む

カメラ、携帯、家電…買ったものの箱は瞬時に捨て去る。

新しいレンズが届いてすっかりご機嫌な私ですが、レンズを本体にセットしてふと思いました。 新しく

記事を読む

旅支度より面倒になったこと。

旅に出たがるくせに、荷造りは苦手。そう言い続けてきたけれど、旅の荷物を極力減らせるようになっ

記事を読む

アイロンはいるのかいらないのか

捨てる日々、アイロンはいるのかいらないのか。

来月末までにもう少し持ち物を減らそうと考えています。 関連 減らす計画、捨てる日々再び

記事を読む

持たない暮らしでも歯は大事。おすすめオーラルケアアイテム。

ミニマリストも歯がいのち。...古いですね。 現在、多くのモノを持たない生活をしていま

記事を読む

減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね。酒だけじゃなく、食べるのも止

記事を読む

今日捨てたもの 10/13 高価はいつでも正解か。

最近になってようやく気付いたことがありまして。前にもちらっと書いた気がしますが、私、なぜか七

記事を読む

夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。 ギョサンの季節になりま

記事を読む

松本伴宏 赤巻 豆皿

収集癖への淡い憧れ、コレクターにはなれなくて。

何かにどハマりし、寝食忘れてのめり込み、稼ぎの殆どをつぎ込んで対象アイテムを買い漁ったコレク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏豆腐献立
鶏豆腐、焼きスナップえんどうで汁飲み。

いやー、寒い寒い。 長年の冷え性対策が功を奏し、この頃

2022年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る行事もすっかり恒例となりました。

たらと豆腐のさっと煮
たらと豆腐のさっと煮、キムチ納豆で晩酌。

どうしようもなく魚気分だった帰り道、スーパーに駆け込みました

80代両親に関する50代の娘の悩み。

年末年始に帰省した際、所用で両親と共に家電量販店へ行きました

焼き大根
焼き大根、豚肉とほうれん草のからし和えで晩酌。

いい感じに太さのある大根がある。おまけに、時間の余裕もある。

→もっと見る

PAGE TOP ↑