デニムワイドパンツのコーディネイトで考えたシンプルファッションの行方。

公開日: : 最終更新日:2018/03/09 ファッション, ミニマルライフ

手持ちのアイテムを活かすぞキャンペーン、しつこく継続中です。

関連 洋服が少なくなると、コーディネートはもっと真剣になる。

ずっと着たいな着たいな、と思いつつもなかなか活用できずに取っていたアイテム。いつまでもお守りのように大切にしまっていても仕方ないし、ここらで気合い入れて着てみて無理だったら手放そう。

ようやくそう決意して新たなコーディネイトを考えたのでした。

といっても、別に特別な思い入れがあるドレスとかじゃなくて、ただのデニムなんですが。




デニムワイドパンツを再び

デニムワイドパンツの着こなし

デニムのワイドパンツに手を出したのはかれこれ7~8年前でしょうか。

何しろ体のラインが出るシャープな印象のアイテムばかりを好んで着ていた私。ダボっとしたシルエットがどうも苦手だったのですが、素敵に着こなしている人がたくさんいたのでちょっとした憧れもあり購入。

当時はあれこれ考えた末ポンテッドトゥのショートブーツに合わせてトップスはぴったりとしたニット、というワイドパンツながらにタテのラインを強調したコーディネートを心がけていました。
ブーツはもちろんヒールあり。
ワイドパンツってバランスが難しいからヒールを持ってこないとどうも足が短く見えてしまう気がしてここだけは譲れませんでした。というか、当時はヒールのない靴を全くと言っていいほど履かなかったんですが。

当初はそれなりに気に入って着ていたこのワイドデニム。慣れないスタイルだったらかどことなくとってつけた感というか借り物っぽいというか、想像していたようなこなれた感じが作れなくて、割と短期間で疎遠になっていたアイテムなのです。

もちろん、パンツの幅はトレンドも大きく関係するのでやや個性の強いワイドパンツは定番アイテムとはいかないかもしれませんが、手持ちアイテムが次々活躍していく中でこのデニムに登場機会を与えられないのは自分の怠慢だよなあと反省。以前は頑なに守っていた

  • ヒールとの組み合わせ
  • シャープさを重視したコーディネイト

を一旦白紙に戻して考えました。

結果、再登板初日はルーズなシルエットのタートルニットにファーベスト、足元はスニーカー、ニットキャップにサングラスというかなり崩したコーディネイトに。結構派手目ではありますが、楽しい。

最近はちょっと痩せたこともあって体のラインがはっきり出るようなスタイルじゃないほうがいいな、と思っていたのでこれくらいのルーズさが気分かも。昔はあれほど気にしていた足の長さ問題もこういうコーディネイトならまるで気にならないし。いいじゃないか、ワイドデニム。

長年の課題であったワイドパンツをどうにか攻略できそうで満足です。

コンサバディブにはなれなくて

ここしばらく、シンプルなファッションに移行すべくいろいろ試行錯誤してきましたが、やっぱり私はどう転んでもコンサバにはなれそうもない、ということがわかってきました。

コンサバ、と一言で片付けてしまうのはいささか乱暴なのですが、なんだろう、CLASSYとかVERYとかああいう感じでしょうか。ある意味正しい大人の女性の装いだと思うのですが、そもそも王道を通ってきていない私にはなかなか手が届かない分野でありまして。

ここ1年、今後のファッションに関して迷いに迷ってきたけれど、やっぱりあれだ。自分の好きなテイストのファッションしか無理だ。

と、なんだか結論が出たような書き方をしていますが、もちろん今後も揺れるでしょう。やっぱりコンサバ最強!とか言い出すかもしれません。けれど、今のところは

「少ない服で普通過ぎない自分らしい着こなし」

が一番しっくり来る気が。
以前のようにやたらめったら服を増やすことはせず、普通の服を存分に活用しつつ、かといって着まわし重視のプレーンなアイテムだけでおとなしくやりくりすることもせず、を目指そう。そうしよう。

モノを持たずに身軽に暮らす

ってそんなうまくいったら誰もファッションや服の数で悩まないんだよ!という話ですが、服なんて本来その場に合った装いであれば毎日同じコーディネイトでもいい。毎日毎日違う服を着なければいけない決まりなんてありません。

関連 女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

ファッションなんて所詮はお楽しみ。それならば、あれこれ悩みつつも適度に楽しくやっていけるのが一番の理想形なわけで。

ものすごく当たり前のことですが、持たない生活をしながらも今の自分のスタイルを追求する楽しさは手放さずにいよう。と、ワイドデニムの一件をきっかけに考えたのでした。

ファッションを楽しむ、とかいいつつ、ここ暫くはあまりにも新しい服を買っていませんが、まあそれもおいおい。

 






関連記事

cebucity1608_2

男の家事のクオリティ 汚れたトートバッグを人様の家で洗濯する。

軽くて大きい、はいいけれど、さすがに普段使いするにはちょっと。 関連 重視すべきは大き

記事を読む

runner.min

今日捨てたもの 8/31 『捨てる月間』最終日。

今月1ヶ月間取り組んできた「一日一捨」運動、ついに本日で最終日となりました。 なん

記事を読む

By: Laura Bittner

痛いおばさんファッションのすすめ。

By: Laura Bittner[/caption] 夏至上主義なもので寒いのは勘弁なので

記事を読む

By: Wrote

ノーメイクは、やめました。

By: Thomas Leuthard[/caption] 洋服の数を減らしたことで「よそゆ

記事を読む

parentshouse

実家断捨離の難しさ、本質は片付け以外にあるのかも。

私がモノを持たない生活をしていることを知った知人から片付けについて相談されたことがあります。

記事を読む

hat

帽子はいくつ必要か。

帽子が欲しいです。 と、書き出して考える。以前は毎日のように帽子を着用していたけれど、

記事を読む

By: db Photography | Demi-Brooke

貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方。

By: alamosbasement[/caption] 先日このブログを始めてから1年が経

記事を読む

horn

カタチから入る趣味のスタイルに憧れはあるけれど。

私には趣味らしい趣味がありません。 趣味らしい趣味ってなんだって話ですが、なんでしょう

記事を読む

shirtsdisp

選択肢過多(Choice Overload)その2 選択肢を減らして、リソースを増やす。

さて、選択肢過多(Choice Overload)に関して続きです。 参考  “選択肢

記事を読む

臭くないバブーシュ

ルームシューズの寿命、臭い。

底が抜けました。 いえね、数日前からルームシュースのヘタリ感には気づいておったのですが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

moalboal-4-3
フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。
春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手

161223ny2
47歳からのニューヨーク留学 夢と現実と厳しさと。

先日ちらっと触れた本、読み終わりました。 白髪のロングヘ

わかめと玉ねぎの味噌汁 紅芯大根の漬もの きのこ梅おろし 豚肉ともやしの酒蒸し
豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

たまにワシワシと頬張りたくなるもやし。 季節問わず簡単に

setagaya_21
いい歳をして、知らないことが多すぎる。

感覚に頼ると認識を誤るので、ここはひとつテクノロジーに頼りまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑