ものがない部屋、寒がりの布団、冷え性の真冬。

公開日: : 最終更新日:2017/11/22 ミニマルライフ, 健康と美容

ny_dt_42

今年は本格的な冬の到来を待たずに脱出できるかも、などとほくそ笑んでいたのに見事に裏切られました。

ここ数日、めちゃくちゃ寒いですね。

暦の上ではすっかり冬なのでこの寒気も致し方なしではあるのですが、もうちょっと堪えて欲しかったというのが正直なところ。

ところで、常夏上等超絶寒がり人間の冬の備えはどうなっているのだという話。

寒がりの布団、冷え性の真冬

140905lg.min

とんでもなく寒がりで冷え性のくせに、ずっと毛布は使っていません。理由はいろいろあるのだけれど、ものを増やしたくないから寒くても毛布なしで我慢しているわけではなく、単なる習性。って、前にも同じようなこと書きましたけども。

関連 冷え性かつ寒がりのくせに毛布を使ったことがない。

その後転居を機に布団を買い換え、より一層ペラっと頼りない寝具を使っております。真冬用の布団ではないので頼りないのは当然のこと。そしてこれだけで通年過ごすのは大分間違っているのだと思う。よって、みんなもこれ1枚で大丈夫よ!とは口が裂けても言えません。

関連 1枚でオールシーズン使える布団を探して。

軽い割に温かいのは事実だけれど、真冬にもこれ1枚で過ごせるのは私の部屋がやたらと蓄熱にすぐれていることと、湯たんぽとの合わせ技であるという点が大きいでしょう。

関連 本気の冷え性改善記録 湯たんぽの意外だけど効果的な使い方。

でも、多分それだけでもないかなと。

儚い温もり、切ない関係

2yutanpo4

毛布はあったらあったでいいなあ、温かいよなあとなるのはわかっています。でも、普段がこういう環境なもので、たまにぬっくぬく毛布を与えたれたら少々重たく感じ、なんだか肩が凝ってしまう。慣れというのは恐ろしいものですね。

そして元来寝起きが悪く、さらに冬が苦手で二度寝しようぜというベッドの誘惑に抗えない自分に甘い体質なもので、ぬっくぬく毛布なんか設置した日にゃ一日中起き上がれないんじゃないかという不安がなくはない。そんなことでは生活が立ち行かない。

その点、湯たんぽはいい。風呂でしっかり温まった後、湯を注いで布団に潜り込ませれば就寝時には十分な温もりが得られる。そのまま朝方までほんのりとあたたかいけれど、決して一定温度を保てはしない。徐々に冷たくなるのはわかっているのだから、こちらとしても起きないわけにはいかない。

朝には失われる儚いぬくもり、一夜限りの切ない関係性。この不便さが寒がりで不精な私の規則正しい生活を支えているのかもしれません。

ミニマリストの持たない暮らし

というのはもちろん適当なこじつけですが、電気あんかやエアコンなどのエレクトロニック暖房器具での温度調整が苦手、さらに朝が苦手な向きには就寝前の入浴+布団+湯たんぽのトリプルコンボが意外におすすめかと。電気あんかをエレクトロニックというのは無理があるけれど、こう、人工的な感じというか、その、わかりますかね。




関連記事

JALプレミアムエコノミーラウンジ

旅の靴 サイドゴアブーツを選ぶメリットとデメリット。

昨年買ったもののなかでこれはよかったと感じているものの中に靴があります。 関連 201

記事を読む

お金と自由と持たない暮らし。

昨日たまたま見つけたブログ記事の内容にとても共感できたのでシェア。 参考 お金と自由~

記事を読む

捨てる効果。モノを捨てれば生まれ変われる?

モノを減らすためには当然モノを捨てる必要があります。 しかし、単に捨てるだけでは快適な

記事を読む

服を減らして旅から手ぶらで戻るには。

旅の荷物を減らすポイントは洋服類と化粧品類。この2点に全てがかかっていると言ってもいいでしょ

記事を読む

ZOZO USED にブランド買取依頼、さていくら?

大量に処分した衣類の中から、未使用品やブランド品は買取サイトに出してリサイクルするためにキー

記事を読む

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

荷物の少ない旅、移動のお供に最適なツール。

移動中は睡眠時間に充てることも多いのですが、今回はいいタイミングで移動や乗り継ぎの暇つぶしに

記事を読む

少ない服で着回す秋

去年の自分はもういない 秋のファッション計画 2016。

まだまだ油断はできないけれど雨が多くなんだか秋めいてきた今日この頃。 あれこれ他のこと

記事を読む

パスケースに入れるものと入りがちなもの。

By: Chris Potter[/caption] 去年の夏、財布に関してこんな記事を書

記事を読む

自力治療のその後と、新たな強敵の存在。

昨年の今頃は、手荒れに苦しんでいたのだなあ。 元々肌が弱く、幾度も手湿疹などの症状に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

あ?ああ...あ"あ"あ"ー! と、漫画のような叫び声

スパゲティグラタン
デタラメさの愛おしさ。

ほとんどが和食の献立で固定化している今日この頃ですが、寒くな

絶対に一緒に仕事をしたくないタイプ。

久々にパンチの効いた出会いがありました。 と言っても色

ねぎ入り卵焼き献立
いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年

→もっと見る

PAGE TOP ↑