フィルム時代の写真、整理する?しない?

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 ミニマルライフ

先日「フィルム時代の写真はどのように管理していますか?」というご質問を頂きました。

写真を撮るのは好きなので、現在はデジタル一眼レフカメラを愛用しています。

参考 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gが届いた。

が、もちろん世代的にはフィルムカメラを普通に使っていた時代もあるわけで。

思えばフィルムの頃って今みたいにやたらと写真を撮る文化ってなかったですよね。フィルム代も現像代もかかる。写っている全員に渡そうと思ったら「焼き増し」の手間もかかる。

捨てられない写真を残すには

写真の整理に関しては以前にこんな記事を書いていました。

参考 捨てられない写真の処理に使えるサービス。

両親の家には先祖の写真がまだたくさん眠っていますが、両親が生きているうちは特に整理もせず保管し続けるものと思われます。その後は私が自分の手で処分することになるのでしょう。

が、自分自身の写真に関してはあまり考えていませんでした。

デジタルの写真データは場所を取るものではないのでこの際問題ではありませんが、フィルムや既に現像した写真、アルバムなども、私はほとんど所有していません。

なぜなら、もともと数があまり多くないから。

…友達が少なかったから…?
なんて思ったのですが、幸いそんなことはなく、思えば大人になってからは大切な写真以外は都度処分していました。頂き物も含め、思い出は潔く捨て去るタイプなので。

よって、今手元にある写真のはほんの数枚だけで、あとは全てデジタル。しかもデジタルになってからは自分は俄然「撮り手」側に回ってしまったので、自分が写ってるものは本当に少ないです。

私の写真だけど、私のものじゃない

卒業アルバムも含め、成人するまでの写真はいくらか両親の家にありますが、それは自分のものというよりも両親のものだと思っています。

我が家は1年に1度くらいしか揃わないし、ベタベタ付き合うタイプの家族ではないですが、それでも母親は未だに私の子供の頃の写真を寝室に飾ってくれています。できることならかわいい孫の写真を並べたかったでしょうが、残念ながらそれは叶わなかったのでまだかわいかった頃の娘の写真で我慢しているようです。

そして子供の頃の写真は、ほとんど父が撮ってくれたもの。
もちろん卒業アルバムは父撮影ではないけれど、学校に通えたのも、卒業できたのも、両親の支えがあってこそです。

そう考えれば、写っているのは私だとしてもその写真は両親の子育ての記録であり思い出の品。両親が生きている間に私が処分する権利はないかなあと思うのです。

なんて、これは私の勝手な思い込みで、両親にしてみればどうでもいいことかもしれませんが。

モノを持たずに身軽に暮らす

前回帰省した際に、母が「私が死んでから処分してね」と言ったものがあります。

参考 帰省で考えた、親の家の断捨離問題。

我が家系は自分の代で途絶えてしまうので、次の世代にあれこれ残す必要はもうありません。
両親が亡くなった後、これまで両親が捨てられなかったものは写真と一緒に私が責任を持って処分しようと考えています。

まだもう少し先の話、ならいいな。

 




関連記事

鞄の中身は絶対に見せられない。

訳あって、友人宅の留守を預かることになりました。 「部屋にあるものなんでもテキトーに使

記事を読む

今日捨てたもの 9/5 昔の部屋のカーテン。

毎日ひとつづつ捨てる月間は無事終了しました。 が、今後も何かを手放した時には備忘録とし

記事を読む

肩書きが欲しい、自分ではない何者かになりたい。

By: Plage Vinilos y Adhesivos[/caption]  

記事を読む

後悔しない生き方なんて。

免許の更新のため、最寄りの警察署に出かける途中で、そういや東京で免許の更新をするのは初めてだ

記事を読む

今日捨てたもの 最後まで責任を取る覚悟はあるか。

By: Cristeen Quezon[/caption] どうにも物持ちがいいので痛んでし

記事を読む

くだらない毎日を積み重ねたその先に。

寒いのは苦手だし目覚めは悪い方だけど、朝起きるのは苦じゃありません。 晴れていればなお

記事を読む

パソコンを手放す準備。

By: Mingo Hagen[/caption] 先日パソコンについて書いたから、という訳

記事を読む

春への衣替え、ペラペラ布団と花粉症。

冬から春への衣替え儀式。去年はいつ頃だったかしらと振り返ってみれば、もうちょい先だったみたい

記事を読む

メイクはするのに、白髪は染めない理由。

人に会う機会が激減してから早1ヶ月。気付けば白髪がどっと増えていました。 突然強いられたおこもり生

記事を読む

理想の暮らしは、定住したほうが手に入りやすい。

By: Gabriel Saldana[/caption] 先日こんな記事を書いたところです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

岡本太郎展
本職?人間だ。

東京都美術館で開催中の岡本太郎展に行ってきました。 岡

横浜丸紀の深蒸し焼きそば。

先日書いた「最近ハマっている食べ物」とは、焼きそばです。自炊

働きたくない想いは、苦手意識を凌駕する。

今日は午後から2件約束がありましてですね。1件は「はじめまし

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め
鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、蒸しなすのナムル献立。

しばらく切らしていた黒酢を補充しました。 表示価格が思

初心者 瞑想
もっとラクに生きる方法と、無意識の恐ろしさ。

その後も目の前のことに集中することを心がけながら過ごしていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑