最低限の靴の数、スニーカーすらよそゆきに。

公開日: : 最終更新日:2018/05/06 ファッション, ミニマルライフ

NB

4月最終週。結果は8,514歩/1日でした。

自分の認識よりずっと少なかったという事実。

平常時に1万歩は難しくてもどうにか8,000歩程度は歩きたいなと考えておりましたが、ようやく達成です。

そして日々歩数をチェックしたことにより、どこを歩けばどれくらいの歩数になるのかというおおよその目安も掴めました。以降も時間が許す限りしっかり歩こうと考えています。

よそゆきになるスニーカー

thai-pants_2

積極的に歩く月間だった4月、平常時はスニーカーを愛用しておりました。

買えない生活、底の抜けたスニーカーを履く気持ち。

このスニーカーを買うまではコンバースばかり履いていたのに、最近はめっきり出番少なめ。というか、もはやお出かけ用、よそゆき扱い。以前のよそゆきは駅まで歩くのも困難なピンヒールなどでしたが、時代は巡るよ。これはもちろん、よそゆきの概念が大きく変わったせいでもあります。

ファーベストのコーディネイトで考える「よそゆき」のこと。

そんなこんなで、オールスターは今日のコーデには白がいいな、という時のみに登場する存在になってしまいました。これで消耗サイクルが少し長くなるでしょうか。

長時間歩行には少々疲れるオールスターも慣れればなんてことないやと思っていたけれど、やっぱりニューバランスの方が断然ラクだからねえ。服に合わやすいという点では白のオールスターの圧勝なんだけど。

そして現在のメインシューズであるニューバランスには詐称インソール入れずに履いているもので、スタイル詐称なき自分のリアルにも慣れてきました。

コーディネイトバランス問題。ハイカットスニーカーは足が短く見える。

こうなると、以前は苦手だったフラットなパンプスとかも履けちゃうかもしれないなあ。

最小限の靴の数

moalboal_2016_8

なんだかんだと靴ばかり買っているような気がするこの数年。

服も靴もその他のものも、まだ使える、使いたいものまで捨てて数を減らそうとは考えていないけれど、必要最低限困らない靴とは何かと考えれば、結局旅のそれに落ち着くのかなと。

身軽な旅行。靴は何足、何をどう選ぶのか。

あとここに冬場のブーツなどが加われば、それなりに対応できるのではないかと睨んでおります。

40代でドクターマーチンは本当にイタい。

でもこれはあくまで2018年の春に考えたことであって、毎日履いていたヒールがとんと登場しなくなったように、来年はどうなるのかわからない。そして20年後にコンフォートシューズを履くとは限らない。

20年後に選ぶ靴。

20年後にはまたヒールを履きたくなるかもしれなくて、それはなかなかハードだなと思うけれど、そのためにも毎日せっせと歩いて健脚を維持する所存でございます。

 




関連記事

少ない服でも怠惰を痛感、春の試着会。

そろそろ本格的に暖かくなってきたので、クローゼットを整理しました。 「整理」といって

記事を読む

旅の荷物、結局使わなかったもの。

大荷物と共に移動するのが苦手なもので、基本的に使わないものは持っていかない派です。 関

記事を読む

70代ミニマリスト主婦の財布。

年末年始は地元に帰省すると決めております。 これは年がら年中なんの予定もなく自由気まま

記事を読む

似合う色と好きな色、橙色のカーディガン、赤パンツ。

寒いじゃないか。 ということで、もちろん長袖。ちょい厚手のグレーのTシャツにワイドデニ

記事を読む

仕事ファッション、同僚とGUのトップスが丸かぶり。

今日はトップスが丸かぶりだから2人で並ぶとちょっと照れますね。そうですね。 取引先で2

記事を読む

今日捨てたもの

女が服を、捨てる時。

久しぶりに服を捨てました。 捨てたのは、シャツ、ブルゾン、コート、Tシャツ、スエット、

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

壊してさらば、眉デザインのゆくえ。

何かを捨てる、手放す時のパターンにはいくつかあって。 これはもう役目を終えたな、などと

記事を読む

2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベスト3」を選定しています。

記事を読む

来年からやめようと思っていること。

12月に入ると、さて来年はああしたいこうしたい、などと考え始めるのが人間というものです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

とうもろこしごはん献立
とうもろこしごはん、なす焼き献立。

すっかり秋の気配漂う10月に眺めると、やや時期外れな写真では

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑