最低限の靴の数、スニーカーすらよそゆきに。

公開日: : 最終更新日:2018/05/06 ファッション, ミニマルライフ

NB

4月最終週。結果は8,514歩/1日でした。

自分の認識よりずっと少なかったという事実。

平常時に1万歩は難しくてもどうにか8,000歩程度は歩きたいなと考えておりましたが、ようやく達成です。

そして日々歩数をチェックしたことにより、どこを歩けばどれくらいの歩数になるのかというおおよその目安も掴めました。以降も時間が許す限りしっかり歩こうと考えています。

よそゆきになるスニーカー

thai-pants_2

積極的に歩く月間だった4月、平常時はスニーカーを愛用しておりました。

買えない生活、底の抜けたスニーカーを履く気持ち。

このスニーカーを買うまではコンバースばかり履いていたのに、最近はめっきり出番少なめ。というか、もはやお出かけ用、よそゆき扱い。以前のよそゆきは駅まで歩くのも困難なピンヒールなどでしたが、時代は巡るよ。これはもちろん、よそゆきの概念が大きく変わったせいでもあります。

ファーベストのコーディネイトで考える「よそゆき」のこと。

そんなこんなで、オールスターは今日のコーデには白がいいな、という時のみに登場する存在になってしまいました。これで消耗サイクルが少し長くなるでしょうか。

長時間歩行には少々疲れるオールスターも慣れればなんてことないやと思っていたけれど、やっぱりニューバランスの方が断然ラクだからねえ。服に合わやすいという点では白のオールスターの圧勝なんだけど。

そして現在のメインシューズであるニューバランスには詐称インソール入れずに履いているもので、スタイル詐称なき自分のリアルにも慣れてきました。

コーディネイトバランス問題。ハイカットスニーカーは足が短く見える。

こうなると、以前は苦手だったフラットなパンプスとかも履けちゃうかもしれないなあ。

最小限の靴の数

moalboal_2016_8

なんだかんだと靴ばかり買っているような気がするこの数年。

服も靴もその他のものも、まだ使える、使いたいものまで捨てて数を減らそうとは考えていないけれど、必要最低限困らない靴とは何かと考えれば、結局旅のそれに落ち着くのかなと。

身軽な旅行。靴は何足、何をどう選ぶのか。

あとここに冬場のブーツなどが加われば、それなりに対応できるのではないかと睨んでおります。

40代でドクターマーチンは本当にイタい。

でもこれはあくまで2018年の春に考えたことであって、毎日履いていたヒールがとんと登場しなくなったように、来年はどうなるのかわからない。そして20年後にコンフォートシューズを履くとは限らない。

20年後に選ぶ靴。

20年後にはまたヒールを履きたくなるかもしれなくて、それはなかなかハードだなと思うけれど、そのためにも毎日せっせと歩いて健脚を維持する所存でございます。

 




関連記事

今日捨てたもの 9/24 秋になったら夏物に着手。

ひさびさの 「捨てたもの」 記事です。 夏も去り、この夏結局使わなかったも

記事を読む

勢いで必要なものまで捨ててしまう恐怖。

先日、パソコンのデスクトップの整理をしておりました。 定期的に見直さなければ増加の一途

記事を読む

ブランド買取体験談

“BRAND COLLECT” の買取査定額が確定した。

ZOZOとBrandearに引き取ってもらえなかったブランドアイテムをBRAND COLLE

記事を読む

捨てる量が、年々少なくなってきた。

今年からようやく、出向かない人になりました。 昨年の資料を参考にしながらぽちぽち入力し

記事を読む

徒歩5分 町内移動の単身者引越し、見積り価格20万円也。

例の騒動も相まって、この春の引越しに関するニュースを頻繁に目にする今日この頃。 「時期

記事を読む

湯たんぽの季節、寒がり&冷え性が5年愛用する湯たんぽ。

湯たんぽの季節になりました。 現在使用している湯たんぽを導入したのは、2014年の冬の

記事を読む

今日捨てたもの 8/16 間違ったおもてなし。

今月は毎日何かひとつでも手放すものを見つけると決め、日々部屋を見渡しています。 この取

記事を読む

服と見た目が解決してくれること。

セール時期じゃないですか。 セール。たまには頃合いのものを手に入れて、お得さにホクホク

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよく聞きますが、私個人はこの秋冬

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑