愛媛の酒 深山 特別純米 限定直汲み生原酒 塩鶏もつ煮で晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/05/07 家飯, 食べること ,

深山

なかなか進まない日本酒ツアーです。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

愛知と出会えぬまま近畿へ突入。次は奈良か和歌山かなあと酒屋へ出向くもその辺りの酒は今日も見つからず。めぼしいものがなければ買わずに店を出るのもやぶさかではないのですが、目に入るは生原酒の文字。

北から攻めるルールはどこへ行った、と戸惑いを隠せないまま愛媛の酒をぶら下げて帰宅したのでした。




愛媛の酒  深山 特別純米 限定直汲み生原酒

愛媛 深山

深山はみやま、と読むのか。蔵元の酒六酒造のサイトはイベント情報以外がメインで蔵の歴史などの記述は皆無。よって愛媛県酒造協会のサイトをチェックしてみます。

参考 酒六酒造株式会社(愛媛県酒造協会)

水は内子町の水源となっている小田深山(おだみやま)の伏流水を使用し、その澄んだ水質からすっきりと爽やかな口当たりの日本酒を醸しています。

なるほど、それでみやま、ね。納得しました。
辛口純米酒至上主義の私にしてはちょっと珍しい甘口の酒ですが、たまには変わり種にもチャレンジしましょうかってことで。

生原酒ということでまずはひやで一口。甘くて濃い。
普段はすっきり切れ味のいい辛口純米ばかり飲んでいるせいもあって、うわあ甘いなあと感じます。甘い、といってもそこは日本酒なのでもちろんベタベタした甘さじゃなく酸味もあり旨味は濃い。ぬるめにお燗してもいい感じでした。こういう日本酒だからこそ引き立つ肴ってのもあるはずなので今年はそのあたりのバランスも考えて献立を立てられるようになりたいなあと思っています。そうなると何種類かストックが必要になるのが悩ましいところなんだよねえ。

愛媛の酒 深山特別純米 限定直汲み生原酒 データ

蔵元 酒六酒造(愛媛県・内子町)
種類 特別純米酒
精米歩合 60% (愛媛県産 松山三井)
日本酒度  -4
酸度  1.4~1.8
アルコール度  16度

 

塩鶏もつ煮、水菜の浅漬け献立

塩鶏もつ煮、三つ葉と揚げのおろし和え献立

  • 水菜の浅漬け
  • キャベツの塩昆布和え
  • 三つ葉と揚げの煮浸し
  • 塩鶏もつ煮

水菜の浅漬け

水菜の浅漬け

水菜を塩水で軽く揉んでそのまま一晩漬けておいたもの。しゃくしゃくあっさりした箸休めです。

キャベツの塩昆布和え

キャベツの塩昆布和え

寒いと生野菜を食べる気がしない、と言っていたのですが、ラストに真ん中の柔らかい部分が残ったのでいつもの塩昆布和えに。ちぎったキャベツに塩昆布をのせゴマ油をまわしかけるだけです。

水菜と揚げの煮浸し

170119_ienomi6

こちらは先日の残り物

塩鶏もつ煮

鶏塩もつ煮

鶏もつは洗って血合いを取り除くなど下処理して一旦さっと茹でます。その後さらに汚れを取り除いてから調理開始。鶏もつ、昆布、薄切りにしたしょうがとにんにく、塩、酒、水を入れて火にかけます。途中でにんじんと下茹でしておいた大根も加えてさらにコトコト煮込んで一旦冷まし、食べる前に再度温めます。さらしネギと黒七味で仕上げ。

しょうゆや味噌を使ったしっかり味のもつ煮もいいけれど前にお店で食べた塩もつ煮、野菜たっぷりで美味かったよなあ。と思い出しつつ真似してみたらかなり近い感じにできました。外で食べたのは豚もつだったんだけど、たまたま美味しそうな鶏もつを発見したので本日は鶏バージョンで。今回使ったもつはハツときんかんですが、もっとがっつり食べ応えが欲しい場合はもも肉あたりを入れてもいいかも。

日本酒にあうおつまみレシピ

もつ、とくれば酒はなんなんでしょう。焼酎とかチューハイですかね。でも私、もつ焼き食べに行ったら最初にもつ煮と熱燗頼む派なので家でこの組み合わせが楽しめるのは嬉しい。

まあこの手の煮込みは大きい鍋にドカンと作るからこその美味しさがあるので同じものを延々食べ続けるのが苦手な一人暮らしの晩酌には不向きなんですが、小鍋で作ってもそれなりに楽しめるとわかったのは新たな発見でした。何より、材料入れたらあとは火にかけるだけ、の煮込み料理らしい簡単さはありがたいね。

 






関連記事

焼きまいたけ献立

焼き舞茸、干しあみエビと白菜の煮もの。

昨秋は突然えのきブームが到来したり、旅行明けにはきのこスープでせっせとリセットしたり。

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮

秋刀魚のしょうが煮、柿とくるみの白和え献立。

また秋刀魚です。 とりあえずは食べておきたい味付けを全てクリアしたいよね。ということで

記事を読む

小さい里芋の蒸し焼き

かぶと豚肉の梅炒め、小さい里芋の蒸し焼き献立。

小さい里芋。もっと他に言い方はないのかと考えてはみたけれど、やっぱり小さい里芋としか表現でき

記事を読む

150826d

シェアハウスで料理 8/26 鰹の塩タタキ。

涼しいなあ…。エアコン要らずの8月末。日本の夏ってこんなにあっけなく涼しくなるんだっけ??そ

記事を読む

トマトの卵炒め献立

トマトの卵炒め、かぼちゃとアーモンドのサラダ。

はい、油揚げどーん。 各家庭ごとによく使う食材というものがあると思いますが、我が家には

記事を読む

益子高舘山 権現

栃木の酒 益子高館山 権現で晩酌 秋鮭の蒸し焼きおろしポン酢、水戸納豆。

順調に歩を進めている酒の旅。 旅、と言っても毎回いろんな土地の酒を選んで呑む、というだ

記事を読む

ピーマンの卵炒め

ピーマンの卵炒め、つるむらさきのおひたし献立。

ピーマンって妙な形状の野菜だから、どこからどう手出しするか結構迷いますね。 丸ごと食べ

記事を読む

160715.ienomi_7

晩酌簡単おつまみ 牛肉とトマトのしょうゆ炒め、きのこと三つ葉の卵とじ。

赤身が多い牛肉の切り落としが安く売られていたのでついつい手に取る。 昔は脂がしっかり入

記事を読む

豚と小松菜の梅冷しゃぶ

豚と小松菜の梅冷しゃぶ、ピーマン奴で晩酌。

I'm back. 恥ずかしながら、帰ってまいりました。 あんなことを言っておきなが

記事を読む

蕪と塩豚のしょうが煮

晩酌メニュー 蕪と塩豚のしょうが煮、セロリとザーサイ奴。

予定通りの温かいもの。 そして蕪祭り。 ビジュアルがなんだか真冬の食卓、熱燗での

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

tokyotower36
続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えれば

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。

今日捨てたもの
制服状態のリブタートルネックはどこへ消えたのか。

冬服をどうこうしていて、そういやここのところめっきりタートルネ

大根とぶりあら炊き
大根とぶりのあら炊き、おつまみ奴献立。

魚のあらに目がありません。 あ、目って魚の目じゃなくて、

sachico
積み重ねてきた実績を、全て捨て去る。

おそるおそる触ってから10日ほどが経過しました。 関連

→もっと見る

PAGE TOP ↑