なにもないのがいちばんぜいたく。

公開日: : 最終更新日:2020/11/16 ミニマルライフ

いっちょまえに忙しぶっていた先月末。

のんびりしたい、もっとやりたい

何に対してもぶつぶつと文句が多く、隙あらばだらけることばかり考えている人間ではありますが、実はわたくしこう見えて、ミッションコンプリートには誠実なタイプ。

よって今回も、どうにかこうにかクリアいたしました。

って、わざわざ威張って言うようなことでもないんですけども、以前先輩の大御所ライターさんが

「自分が今までフリーでやってこれたのは、締め切りを一度も飛ばさなかったからだ」

というようなことを仰っていて、私は先輩のような圧倒的筆力も知識も専門分野もないし、才能の面は努力でどうにもできない気がする。というか、努力そのものが苦手なのでどうしようもないが、期日を守ることならどうにかできそうなので、それだけは守るようにしているのです。ほら、私とにかく健康だから、体調関連のトラブルも起きなさそうだし。

まあその話は一旦おいといて、とにかく、この週末は久しぶりに「なんにもしなくていい」日がやってきたのですよ。

なにもないのがいちばんぜいたく。

金曜日、出先から戻る山手線車内で考えたんです。あ、今週末急ぎの仕事ないじゃないか。これ、明日は何もしないでいい日なのでは?って。五反田あたりで気づいたのですよ。

急ぎの仕事もなければ、読み込むべき資料もない。加えてプライベートの予定もないし、洗濯物もたまっていない。

こ、これは…「何もしない日」確定…!?

そう気づいた瞬間心と脳内にぱああっと広がった、バラ色のときめき。私はありもしないバラの香りを車内に感じ取りながら、高輪ゲートウェイあたりまで大事に大事に、ときめき続けたのです。

ときめきが爆発してうっかり踊り出し、思わずそのまま走って下車!みたいなドラマチックな展開にはならず、平然と座りっぱなしだったんですが、奥さん、高輪ゲートウェイ駅ってもう利用されました?私、まだ降りたったことすらありません。

土地勘のない高輪で踊り狂うことはなかったけれど、ウキウキ止まらずその後に結局途中下車。飲みに行っちゃいましたよね。ビールはいついかなる時に飲んでも旨いものと相場が決まっておりますが、さらに旨く感じましたね。アテは刺身盛り合わせだったので、辛口の純米吟醸も追加しましたよね。そのあとシメの蕎麦手繰って帰宅しましたよね。すっかりご機嫌で、3駅分くらい歩いて。

正直、こんなに幸せでいいのかしら?ってくらい、たのしかった。なにもないって、最高にぜいたく。

何もしない、といいつつ翌日は結局仕事やら領収書の整理やらしちゃったんだけど、こう、すべきことや約束や予定がなにもない時間の愛おしさったらないな、と改めて実感した次第。

なにもしないのがこんなにたのしいって、自分の人生お得すぎるなと。なにもないのがいちばんぜいたくに思えるなら、なにかあったらすごいうれしく感じるし、いいことがあったらサンバにルンバで大騒ぎ、なわけでしょう。なんというイージーモード。

なにもない状態ですらウッキウキ?ならばスペシャルないいことがドンドン押し寄せてこようものなら、幸せを抱えきれずにかえって疲れてしまうかもしれない。でも、半世紀近くこの世でやってきた経験から考えると、スペシャルってそんなに頻繁には訪れないからこそスペシャルなわけで、なにもない通常モードを好ましく過ごせるほうが、いろいろ効率いいんですよ。

いやあ、いいなあ。なにもないの、ほんと好き。たのしすぎ。

しみじみとなにもない時間を噛み締めながら「viva!公務員」とか「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディアオス」とか観てのんびりゆったり過ごしました。イブライム若い頃から顔変わってないのすごい。




関連記事

犬のこと。

犬派か、猫派か? などという話題がたまに出ますが、私は犬も猫も好きです。でも、どちらか選ぶ

記事を読む

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあるイ

記事を読む

10年保てば、いいほうです。

ようやくカメラを修理に出しました。カメラが(多分)故障する不思議な事件が起こったのは、今年

記事を読む

石ころでも売る技術。モノを売るテクニックは悪なのか。

By: photosteve101[/caption] 朝日新聞に糸井重里さんのインタビュー

記事を読む

使わないもののゆくえ、捨てられない切ない気持ち。

先延ばしにしていたSSL化を済ませてちょっといい気分。 関連 先延ばしを片付けた達

記事を読む

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

服はかなり減ったものの、鞄と靴がまだまだ多い気がするこの頃。 靴は少々妥協して持ってい

記事を読む

ミニマリスト主婦の冷蔵庫

持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいりました。 持たない暮らしも、シン

記事を読む

table-lamp

増やしたくない、灯りが怖い、寝落ちしたい。

ベッドに入ってから寝付くまでの間、ついつい手に取ってしまうスマホ。 就寝前にブルーライ

記事を読む

旅の準備のコンセプト。

By: elitatt[/caption] 旅に出るのは好きだけど、準備は嫌いです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

50歳目前での仕事探し。

2021年初の歯科検診にいってまいりました。歯科通いもかれこ

キャベツの味噌汁 ぬか漬け カブのサラダ ゆずドレッシング 里芋ネギ炒め
里芋のねぎ塩炒め、かぶのサラダゆず風味献立

手軽に使える食材であるいも類でありながら、下ごしらえがなかな

2020年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返ってああだこうだ書く行為も、すっかり恒

→もっと見る

PAGE TOP ↑