あの世にものは、持っていけないから。

公開日: : 最終更新日:2024/02/12 ミニマルライフ

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の計画を聞く週末。

これはこの度初披露されたプラン、ではなく、以前から幾度となく話題には上がっておりました。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

が、私は勘違いしていたのだ。

同年代の友人たちの本来の意味での「現役時代」は、残り10年もないことを。

現役生活も、あと少し。

自分が自営業であるがゆえに、真っ当な企業の会社員の定年事情に疎く、よく理解できていなかったんですけども。

現在の年金支給開始年齢は65歳。高年齢者雇用安定法の改正により、2025年以降は継続勤務を希望する社員については65歳までの雇用確保が企業に義務付けられます。(合ってる?)

だから、なんとなくみんな65歳までは今の会社に在籍するのかな、などと思い込んでいたのです。

しかし65歳まで勤めたとて、60歳以降、会社によっては役職定年の55歳以降、給与体系が大きく変わる。つまり、手取りがガクッと減る。加えて、長年の激務により気力体力の限界が近づいており「さすがに今の会社に65歳までいる気はないよ」ということらしい。

M1の疲れとおでんと役職定年。

冒頭の友人のプランも、60歳で退職して地元に戻り、退職金で終の住処を手配する。というものでした。

あれ、60歳?
ってことは、もうラスト10年切ってるじゃないか。

というものすごく当たり前のことに、突然気づいたのでした。いや、もちろんわかってはいたんだけど、改めて考えると、同年代が定年を迎えるまで、そう長くないんだなと。

40代の頃は「人生まだまだ先が長いね」なんて言ってたのに。

おばさん権を行使せよ。

あと10年残ってるんだから、そこそこ長い?いやいや、今から10年前がつい最近のことのように思えるんだから、あっちゅう間ですよ。

人生はまだ続くが、現役時代のゴールはすぐそこに見えている。ああ、なんということでしょう。

あの世にものは、持っていけないから。

うっすらだけど確実に始まった、友人の東京生活終了カウントダウン。当然、長年住んだ都内の自宅を片付ける日も近いわけで。

「うちはものが多すぎて手間がかかる。ものが少ないと何かと便利なので、おまえは新居でも今のスタイルを維持することを強くお勧めする」

とのお言葉をいただきました。

「今のスタイル」とは、ものがない生活のことですね。この友人は、新居にも遊びにきてくれたので、我が家のがらんとした感じをよく知っているのです。

持たない暮らし、引っ越し費用はまさかのタダ。

そりゃアナタ、便利は便利かもしれないけど、便利だからいいってわけでもないでしょうよ。家にものが多いのは、家具家電衣類小物に至るまで、あらゆる方向に興味関心を抱いてきた証しだし、それらを使ってみたいという瑞々しい好奇心の表れだし、何より、実際に購入できる経済力を培ってきた、努力の結晶に他ならない。物欲の強さを揶揄する「あの世に物は持っていけない」なんて表現があるけれど、これって「健康のためなら死んでもいい」くらい矛盾してない?あの世で持てないんだから、今持たなくてどうすんの?って話だよね。

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

欲しいものも、必要なものの数も、皆それぞれ違うのだから、自分にちょうどいい生活様式は、自分で作り上げるしかない。ああでもない、こうでもない、と探して迷ってなんだかんだしているうちに、この複雑怪奇で、だけど愛しい人生ゲームは、終わるのだ。

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

約1年ぶりに足を運んだ銀座「四季のおでん」。やや値上がりした感があるけれど、やっぱり旨かったな。

東京でこんな風に友人と酒を飲めるのも、あと数年。好きな店で好きなようにたのしめる東京生活を、最後まで送れますように。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕事をしていて、あれ、こりゃ結構

記事を読む

持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

ありがたいことに、このブログを通じて商品レビューのご依頼などを頂くことがあります。 興

記事を読む

モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮らしの定点観測のすすめ。

記事を読む

必要なもの、いらないものは変わり続ける。

ニューヨーク滞在中、7thアヴェニューを散策していてふと気づく。 あ、そうだ、確かこの

記事を読む

行方不明のキティちゃんと出所不明のシャープペンシル。

By: darkday[/caption] 捨てました。 などと声高らかに宣言するよう

記事を読む

シンプルな暮らしがあなたを豊かにする21の理由。

Facebookでこんな記事が流れてきました。 >>参考 「シンプルな暮

記事を読む

無駄使いが嫌いなクセにとんでもない無駄遣いをする。

無駄なことは好きか否かと問われれば、まあ好きだと返すでしょう。むしろ好きなことはほとんどが無

記事を読む

犬のこと。

犬派か、猫派か? などという話題がたまに出ますが、私は犬も猫も好きです。でも、どちらか選ぶ

記事を読む

少ない洋服を着回す旅、デニム以外の選択肢。

デニムが好きなので、年がら年中デニムばっかりはいています。 今回の旅でも移動中はもちろ

記事を読む

今日捨てたもの 8/27 美容グッズを持ってるだけで安心の謎。

今月は毎日何かひとつを手放す月間と設定し、今日までこつこつと捨ててきました。 このルー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

腰痛改善に向けて始めたこと2つ。

今年こそは腰痛改善に取り組むぞ!と宣言して早1ヶ月が経過。や

ご近所感覚の酒場を求めて。韓国ソウル一人旅で食べたもの・その2

韓国・ソウル食記録の続きです。1人で飲むなら、定食で。韓国・

やりたいことリスト’24「ちゃかし倒してゲームする」

毎年恒例の儀式・その2「やりたいことリスト」のお時間がやって

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

→もっと見る

PAGE TOP ↑